引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
アワビ
CIMG2062_convert_20180220182055.jpg

引田漁協魚市場より「アワビ」

魚の少ない朝の市場で見つけました。

刺身やバター焼きなんかにすると、

とっても美味しい高級食材ですね。

ちなみにアワビはこんな感じで、

裏返しといいますか、

貝の方を下側にして並べられるんですよね。

その理由、わかります?

じつは吸着力の問題。

アワビの吸着力ってとんでもなくてですね、

発泡スチロール箱にそのままポイッと入れちゃうと、

ビタッとくっついて剥がれなくなっちゃうんですよね。

ですから、あえて裏返しにして、

ひっつかないようにしているってわけ。

なぜ、このコトを知っているかと申しますと、

以前ワタクシ、市場でアワビを見つけたときに、

撮影しようと、ひっくり返してしまったコトがあるんですよね。

もちろん普通に叱られまして、

そこからみんなでなんとか引き剥がしを試みたわけですが、

驚異の吸着力でまったく剥がせず苦労したコトを覚えております。

とにかく、アワビは裏返し。

皆様もぜひ気を付けてくださいね。


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
ヒヨヂヌとか
CIMG2001_convert_20180217081705.jpg

この時期、市場にはかなり魚が少なくなるわけですが、

朝の市場でときおり見かけるのがコチラ。

引田漁協魚市場より「キチヌ」

こちらでは「ヒヨヂヌ」

もしくは短縮して「ヒヨ」などと呼ばれております。

クロダイ、いわゆる「チヌ」にそっくりですが、

ちょっとだけ違う魚なんですよね。

そう、見分けは簡単。

写真では少々見えにくくなっておりますが、

腹ビレや尾ビレのところが黄色くなっているんです。

そう、ヒレのところが黄色っぽいから「キチヌ」

市場ではそのまま「キビレ」と呼んだりもいたします。

そしてこの「キビレ」にしたって、

この時期せいぜい1箱あるかどうか。

極端に魚が少ないこの時期を、

ブログ的にもどうやって乗り切ろうかと悩んでしまう、

今日この頃でございます。


農林水産業 ブログランキングへ
続 超高級
CIMG1868_convert_20180213180055.jpg

魚が少ないこの時期に、

「クロメバル」と並んで、

超高額で取引されるのがコチラ。

「カサゴ」

市場での呼び名は「ガンメ」もしくは「ガシラ」かな。

コチラも高級なお魚ではありますが、

ここのところの魚の少なさも影響してか、

いつも以上に高値になっているような気がする。

ま、でも、その価格に見合うだけのモノはありまして、

カサゴも非常に美味しいお魚なんですよね。

煮付け、カラアゲなんかがオススメ。

そしてサイズの小さいものなんかは「味噌汁」に。

上品なダシが出て、

自宅で作っても料亭の味。

これはホント最高なんですよね。

機会がございましたら、

ぜひ作ってみてくださいね。

CIMG1867_convert_20180213180044.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
超高級
CIMG1864_convert_20180213180032.jpg

魚が少ないこの時期に、

朝の市場にときおり並んで、

超高額で取引されるのがコチラ。

「クロメバル」

略して「クロメ」

もともと高級なお魚ではありますが、

ここのところの魚の少なさも影響してか、

とんでもない高値になっているような気がする。

ま、でも、その価格に見合うだけのモノはありまして、

非常に美味しいお魚なんですよね。

骨離れもよくて食べやすいし。

サイズの大きいモノになると刺身でもOK。

小さいモノはカラアゲに。

塩焼きなんかもいけるんですって。

そしてやっぱりオススメは煮付け。

これは最高。

機会がございましたら、

ぜひ食べてみてくださいね。

CIMG1863_convert_20180213180019.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
さらに続けて
CIMG1888_convert_20180213175829.jpg

何かいいのはいないかなぁ。

セリ終わりの市場にてあたりを見回すも、

とくに目につくようなのはいない。

かわりに1尾。

先日ご紹介させていただいた「タマガンゾウビラメ」が、

ポツンと床に残されているだけ。

コレだけじゃちょっと・・・・。

しかたなく、事務所に戻ろうとしたそのとき、

オオッ!!見つけた!!!

市場の床にもう1匹。

CIMG1889_convert_20180213175845.jpg

そう。

発見したのは「ヘイケガニ」

タイミング悪く、

こちらもつい先日ご紹介させていただいたばかり。

しかも一回り小さいサイズだし。

A料理長の強力洗浄を受けていないから、

薄汚れたまんまだし。

・・・・・・・・・ダメだ。

まだかすかに動いているので海に向かってポイッ。

ミシマオコゼとかヘイケガニとかじゃなくって、

何かいいのはいないかなぁ。

CIMG1893_convert_20180213175909.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
いつものコイツ
CIMG1875_convert_20180213175731.jpg

「コレや、いつものコレ」(販売部Kさん談)

たしかに・・・いつもの。

というわけで、漁師さんが持ってきてくださった、

珍しい魚というのがコチラ。

「ミシマオコゼ」もしくは「キビレミシマ」

めったに獲れず、

たしかに珍しいお魚ではありますが、

獲れるたびにご紹介させていただいておりますので、

そんなに珍しい感じはしない。

しかも、昨年、飼育に挑戦してみた結果、

普段はおとなしいのに、

夜のうちに大暴れ。

水槽の壁にゴンゴンと激突を繰り返し、

朝起きると周囲は完全に水浸し。

そのときの話はコチラをどうぞ。 → 【ミシマの飼育】

もう二度とかかわるまい。

そう誓ったわけですが、

なんてったって「珍しい魚」ですから、

やさしい漁師さんが持ってきてくださったりして、

こうしてときおり出会っちゃうんですよね。

もちろん今回は飼ったりしないし、食べたりもしない。

写真を数枚撮影するだけで、あとは基本的に放置する。

今後もこんな感じでですね、

ミシマとは適度な距離感を保ちながら、

深くかかわらないようにしてまいりたいと思います。

CIMG1879_convert_20180213175747.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
いつものアイツ
CIMG1873_convert_20180213175655.jpg

何か魚はいないかなっと。

珍しいのはいないかなっと。

事務所を出まして、

市場の方に回り込んでまいりますと、

待機室から販売部Kさんの声が。

「おお、珍しいん持ってきてくれとるぞ」

やった!!

魚の少ないこの時期に、

記事にできそうな「珍しい魚」は本当にありがたい。

わざわざ持ってきてくださった漁師さんに感謝。

「そっちそっち」

販売部Kさんが指さす水槽のほうへと向かう。

えーっと、珍しいってどんなヤツですかね。

「アレやアレ」(販売部Kさん談)

アレ?

「いつものヤツや」

珍しいのに「いつもの」???

「アレやアレ、見たらわかる、いつものヤツ」

はぁ。

というわけで、水槽の中を覗き込みますと・・・。

ムムッ、こ、これは!!

「それやそれ、いつものそれ」(販売部Kさん談)

続く。

CIMG1874_convert_20180213175715.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
残りは煮付け
CIMG5248_convert_20180202180830.jpg

ゲタの刺身は思っていたより美味しかったので、

もっと刺身にしてもよかったのですが、

結局、残りは翌日こうしてすべて煮付けにいたしました。

いやぁ。

ゲタの煮付けもやっぱり美味しい。

ふわふわの身に味がしみてて、

刺身もいいけど煮付けもいい。

そうそう。

今回も検証の続き。

「ゲタの皮は本当に臭いのか」

確かめてみたんですよね。

1尾だけ、あえて皮を剥かずに残しておいて。

CIMG5249_convert_20180202180843.jpg

そしたらですね。

これがやっぱりぜんぜん臭くないんですよね。

普通に美味しく食べられる。

ゲタは背中の皮が臭うから、

剥いて食べるものだと思い込んでいたんですけど、

実際に皮を食べてみると、まったく臭みを感じない。

皮ごと食べても普通に美味しい。

というわけで、

見た目的には皮を剥いた方がきれいなんだけど、

それさえ気にならなければ、

皮を付けたままでも大丈夫ですよ。

CIMG5254_convert_20180202180903.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ゲタ刺し
CIMG1917_convert_20180210094127.jpg

さて、いよいよでございます。

「ゲタの刺身」

漁師さんオススメの一品を味わってみたいと思います。

一切れをつまんで、

刺身醤油にサッとつける。

それでは、いっただっきまーす。

パクッ。

あ、美味い。

なんていうんだろ。

もちもちの食感で高級魚みたい。

クセはないけど、

ゲタならではの味わいはしっかりと感じられる。

あっさり感もあって、いくらでも食べられる。

うん。

わかるわかる。

漁師さんがオススメっていうのも分かる。

料理は簡単で、味は美味しい。

コレはホントにオススメですよ。

皆様もぜひ、

新鮮なゲタが手に入ったときには、

刺身でも食べてみてくださいね。

CIMG1921_convert_20180210094156.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
続 そして刺身に
CIMG1910_convert_20180210094034.jpg

というわけで、サッサッサッ。

はい、ゲタの刺身の出来上がり。

先に皮を剥がしてあるので、

あとから皮をひく必要はないし、

小骨とかもないみたいだし、

ゲタの刺身って意外と手間がかからないんですよね。

他の魚に比べると、かなり簡単。

ちなみに、腹側のほうは身も薄く、

皮もついたままなので刺身にはいたしません。

今回、刺身に使うのは背中側の身のみ。

CIMG1908_convert_20180210094051.jpg

漁師さんからは、

刺身にするならば、

できるだけ大きいゲタを買うようにと言われていたのですが、

予算の関係で中くらいのサイズになったんですよね。

でも、これだけの身が取れれば充分。

あとは一切れずつ切っていくだけ。

ゲタの身は少々やわらかめなので、

あまり薄く切っていくと上手くいかない場合がございます。

ですから、ちょっぴり厚めに。

マダイとかの感覚で切っていくと、いいのかな。

とりあえず、こんな感じに出来上がりましたので、

食べてみたいと思います。

CIMG1914_convert_20180210094110.jpg


農林水産業 ブログランキングへ