引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
刺身の切り方
CIMG2821_convert_20180419180807.jpg

コノシロの刺身を作っているところなのですが、そう。

コノシロと言えば、小骨が多いことで知られている魚でして、

あまり刺身で食べることはないように思います。

もちろんですね、小骨のことを考慮せず、

他の魚にように普通に刺身にしていくと、

小骨がすごくて食べられません。

そこで、今回は漁師さんに教えてもらった切り方を。

刺身の切り方としまして、

「縦切り」と「斜め切り」がありますよね。

縦切りは身に対して包丁を垂直に、

上から下へと真っ正直に切っていく簡単なやり方。

そして「斜め切り」は身に対して斜めに切っていくことで、

切り口を大きくし一切れを大きく見せるテクニカルなやり方。

CIMG2822_convert_20180419180743.jpg

そして今回のコノシロ。

身の中の小骨の配置を考えると、

それを細かく切断するためにもっとも有効な切り方は、

なんと「縦切り」なんですって。

「まっすぐに切れよ」(漁師さん談)

教わった通り、身に対して垂直に。

できるだけ薄く。

ジョリジョリジョリジョリ。

小骨が切断される音を耳にしながら、

片身分をすべて切り終えたところで、

「コノシロの刺身」

ついに完成でございまーす。

CIMG2825_convert_20180419180827.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
コノシロ入手
CIMG2837_convert_20180419180638.jpg

いくら美味しいからといって、

日ごとに値下がりするのが分かりきっているコノシロを、

今買うべきか、それともしばらく待つべきか。

悩みに悩んだ結果、

今回の購入は見送ることに決めたわけですが、

タイミングよく、

コノシロを買った人から1尾だけわけていただくことができました。

ワー!ワー!ワー!ワー!

1匹あれば試食には充分。

うん、大きさもバッチリ。

漁師さんオススメのまるまる太った良サイズ。

さっそく3枚におろしてお刺身をつくってみることに。

包丁を使ってサッサッサッと。

最も硬いお腹のところの肋骨は、

とくに気をつけて削ぎ落としておく。

あとの小骨は身の中ですから、

刺身に切るときに細かく分断していく予定です。

ちなみにこのツブツブ模様のある皮はですね、

爪先でちょっと剥がしてみると、

薄皮をつまむことが出来ますので、

それをビビビと剥がしていけば、

キレイに皮をむくことができるんですよね。

さて、それでは小骨の多いコノシロを、

漁師さんに教わった方法で、

これより刺身にしてまいりたいと思います。

CIMG2839_convert_20180419180712.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
もうひとつのオススメ
CIMG2699_convert_20180418184721.jpg

引田漁協魚市場より「コノシロ」

ボラとコノシロが大量に獲れ出せば「春」

春先のコノシロはお値段が少々高めなのですが、

5月も間近となってまいりました現在では、

出始めの頃に比べると、

かなりお安くなってきております。

さらに暖かくなって、多く獲れ始めれば、

価格は一気に下がりますので、

安く購入したい方はもうちょっと待つのがオススメ。

ただ、漁師さん情報によりますと、

コノシロは「今の時期」が美味しいんですって。

狙い目は丸々と肥えた大型のモノ。

そしてオススメの食べ方は、

なんとまさかの刺身

小骨の多いコノシロは通常「酢漬け」にすることが多いのですが、

キチンと小骨を切断できるよう、

角度に気を付けて、薄く切っていけば、

小骨を気にせず刺身で食べることができるんですって。

どうしようかなぁ。

もう少し我慢すれば価格が下がってくるんだけどなぁ。

でも、今のコノシロが美味しいと言われると・・・・。

この前教えてもらった「イイダコめし」はホント美味しかったしなぁ。

でもコノシロ1箱もいらないしなぁ。

漁師さんオススメの「コノシロの刺身」を味わうために、

買うか買わぬか、

ただいま悩み中でございます。


農林水産業 ブログランキングへ
忘れることなく
CIMG2665_convert_20180410173759.jpg

こちらはイイダコの卵。

もちろん、イイダコと一緒に煮つけてあるから、

砂糖と醤油のシンプルな味付けで、

コチラはコチラで普通に美味しいんですよね。

そのまま一口でバクリといってもいいし、

お箸で崩してパラパラにしてみるのもアリ。

その一粒一粒をちびちびと味わっていくと、

その食感はなかなかに粉っぽいような気もする。

いわゆる珍味的なアレで、

好きな人にはたまらない「イイダコの卵」

イイダコを料理するときは、

忘れずにぜひこちらも味わってみてくださいね。

ちなみにですね、

イイダコの名前の由来は、

この卵が米粒のように見えるところからきているそうです。

つまりは「イイ(飯)ダコ」ということですね。

それでは、また。

CIMG2671_convert_20180410173822.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
煮汁のとりこ
CIMG2644_convert_20180410172212.jpg

漁師さんに教えてもらった、

イイダコの「タコめし」があまりに美味しすぎたので、

もう一度だけ言わせてくださいね。

これはホント最高。

ぜひ、ご家庭でも食べていただきたい。

言葉で表すことは困難ではありますが、

この「タコめし」がどれほど美味しかったのかを、

説明させていただきますとですね、

もう、やめられないとまらない。

イイダコの旨味と香り、そして濃い目の煮汁が合う合う合う。

ガガガと飯をかきこんで、すぐにおかわりもう一杯。

それもすぐさま食べ終えて、

タコがなければ煮汁だけでもと、

白ごはんに煮汁だけをかけてもう一杯。

うん、コレもいける。

さらに煮汁で一杯追加。

あまりの旨さに感動し、

残りの煮汁を冷蔵庫に入れ一晩寝かせる。

もちろん次の日の夕食も「煮汁めし」

結局、煮汁がすべてなくなるまで、

ごはんにかけ続けそしてそれを食べ続ける。

そういうわけで、

もはやワタクシ「煮汁のとりこ」と成り果てているわけでございまして、

皆様にもぜひこの喜びを味わっていただきたいと、

心の底から考えているわけでございます。

さあ、皆様、ぜひぜひぜひ。

CIMG2641_convert_20180410172159.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
直伝 イイダコめし
CIMG2653_convert_20180410172251.jpg

ブツ切りにしたイイダコを白ごはんの上に乗っけていく。

それはもう贅沢に。

イイダコ1匹分をあますことなく乗せていく。

そして仕上げに、煮汁をスプーンでかけていく。

量はお好みで。

少な目でも結構ですし、つゆだくでもOK。

ジャブ、ジャブ、ジャブと。

今回は3杯くらいかけまして、

はい。

漁師さん直伝「イイダコめし」

これにて完成でございまーす。

ワー!ワー!ワー!ワー!

CIMG2646_convert_20180410172229.jpg

それではさっそく、いただきます。

はむっ。

うわっ!!

これ、ちょっと美味しすぎ。

イイダコのやわらかさもバッチリですが、

それにも増してこのタレですよ、そう、煮汁。

生姜を入れたりしてはダメと教えてくれた、

漁師さんのその意図が完全に理解できた。

これはこれでもう完璧な味。

砂糖と醤油、そこにイイダコの旨味と香りが加わって、

「タコめし」史上、最高の味わいがここに完成している。

これを超える「タコめし」は存在しないんじゃないか。

食べれば食べるほどそう思えてくる「イイダコめし」

炊き込み風じゃなくて、あとで汁かけタイプ。

皆様、これはオススメですよ。

ご家庭でも、この味をぜひ体験してみてくださいね。

CIMG2661_convert_20180410173738.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
イイダコブツ切り
CIMG2627_convert_20180410172108.jpg

イイダコの煮付け完成。

漁師さんの言いつけどおり、

味付けは砂糖と醤油のみで仕上げました。

うーん、いい香り。

美味しそう。

このままガブリといってもいいのですが、

今回は「タコめし」ですから、

最後まで漁師さんに教わった通り、

忠実に作ってまいりたいと思います。

CIMG2629_convert_20180410172126.jpg

まずは足と胴体をシュパン。

包丁の鋭き刃にて瞬時に切断いたします。

そうしておいてズガン。

ドガン、ズガン、ドガン。

作っているのは、タコめしの具。

ごはんの上に乗っけるために、

ドガン、ズガン、ドガン。

まだアツアツのイイダコを、

小さく切り刻んでまいるわけでございます。

CIMG2636_convert_20180410172141.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
イイダコを煮付ける
CIMG2611_convert_20180410171944.jpg

イイダコの「タコめし」を作るために、

まずは濃い目の味付けで煮込んでまいります。

イイダコの卵も一緒にグツグツグツ。

しかし、タコめしといえば、

炊き込み風のものを想像していたのですが、

煮付けたものをあとでごはんにかけていく方法もあるんですねぇ。

いろいろ知ってる。

さすが漁師さん。

繊細なイイダコの香りを消してしまわぬよう、

生姜とかは入れずに、

砂糖と醤油のみで味付けするってトコロもなんかイイ。

CIMG2619_convert_20180410172039.jpg

期待をしながらしばし待つ。

グツグツグツグツ。

落とし蓋なんかもしちゃって。

グツグツグツグツ。

味がしみ込むまで。

グツグツグツグツ。

ゆで過ぎると硬くなりそうなので、

煮付ける時間はそんなに長くなくていいはず。

10分くらいで火を消して、あとは余熱で火を通す。

そろそろかな。

はい、短時間で仕上がりました。

「タコめし」に使用する「イイダコの煮付け」

完成でございまーす。

CIMG2625_convert_20180410172052.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
味付けはシンプルに
CIMG2606_convert_20180410171901.jpg

そうそう、イイダコ料理の途中ではありますが、

まだ、どんな料理を作るかは発表していなかったように思います。

ワタクシが今回作ろうとしているのは、

漁師さんに教わった「タコめし」

正確に言うと「イイダコめし」

と言っても、炊き込んでいくタイプじゃなくって、

まずは煮付けをつくって、

それを白ごはんにかけるタイプの「タコめし」なんですよね。

味付けに使用するのはシンプルに砂糖と醤油だけ。

漁師さんによると、

生姜を入れたりなんかすると、

繊細なイイダコの香りが消えてしまうんですって。

CIMG2608_convert_20180410171915.jpg

砂糖と醤油を水で薄めて、煮付け用のタレづくり。

少々濃い目で勝負するのがよいとのことですので、

スプーンで味見をしながら、

程よい感じに調整してまいります。

どれくらいが程よいのかを、

具体的に説明させていただきますと、

味見をして、

濃くて美味いと思えるくらいの味にすること。

甘すぎず、辛すぎず、薄すぎず、それでいて濃い目に。

コクッ。

よし、これくらいかな。

それでは、いよいよイイダコ投入とまいりましょうか。

CIMG2610_convert_20180410171929.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
イイダコ準備
CIMG2594_convert_20180410171735.jpg

それではイイダコの下ごしらえから。

まずは頭のところをクリっとひっくり返して、

中の内臓を除去します。

このときスミがでたりもしますが気にしない。

で、内臓の他に卵が入っていたら、

それは捨てずにとっておくこと。

おっと、出ました。

コレですね。

このプルプルの丸いのがイイダコの卵。

CIMG2591_convert_20180410171720.jpg

内臓を除去し、卵をとったら、次は塩もみ。

塩でヌメリと全身の汚れを落としていくわけですが、

マダコと違ってイイダコの場合は軽めの塩もみでOK.。

聞くところによると、イイダコの場合は、

あまりやりすぎると風味が落ちるらしいんですよね。

ですから、簡単にササッと。

ここまでの準備が整いましたら、

いよいよ味付けの用意に取り掛かることにいたしましょう。

CIMG2603_convert_20180410171842.jpg


農林水産業 ブログランキングへ