fc2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
ガシラ
DSC02677_convert_20220124103906.jpg

引田漁協魚市場より「ガシラ」

「ガンメ」なんて呼ばれる場合もありますが、

標準和名は「カサゴ」なんですよね。

メバルによく似たお魚ですが、

慣れてくると、

全身のまだら模様ですぐに見分けがつきます。

季節によってそれほど味も変わらず、

一年中美味しくいただくことができるお魚で、

煮付け、から揚げ、などがオススメ。

そうそう、味噌汁なんかにしても驚くほど美味しいんですよね。

もうね、料亭の味がするの。

これホント。

ぜひ、ご家庭でも試していただきたいと思います。


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト



クロメバル
DSC02764_convert_20220119110053.jpg

引田漁協魚市場より「クロメバル」

こうやって見ると、

目の張り出し感がすごい。

さすがは「眼張」って感じですよね。

そして体が黒いから「黒眼張」

塩焼きなんかもアリですが、

煮付けにすると、

弾力のあるプリプリの身で、

とんでもなく美味しいんですよね。

身離れもよくって食べやすいし。

大きいものなら刺身も美味。

かなりの高級魚ですので、

軽い気持ちで購入してみるというわけにはまいりませんが、

食べて損なしその価値あり。

機会がありましたらぜひ食べてみてくださいね。

DSC02762_convert_20220119110007.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
エイの裏表
DSC02686_convert_20220117081432.jpg

引田漁協魚市場より「アカエイ」

エイってアレなんですよね。

食用としての人気はそれほどなさそうだし、

かといって、まったく美味しくないわけでもなく、

唐揚げにしたり煮付けにしたりすると、

軟骨コリコリで食感を楽しめるし、

普通に美味しくいただける。

とはいえ、1尾まるごと買ったって、

身の量が多すぎて食べきることができないし、と。

そんなこんなで、なんとも微妙な存在なんですよね。

DSC02690_convert_20220117081405.jpg

見た目的にもなんていうのかな、

眼光が鋭かったり、

目の後ろに謎の大穴が開いていたりして少々不気味。

また、大きいものだとかなりの迫力で暴れたりもしますし、

尻尾の付け根付近には毒針があったりもしますので、

なかなかに怖くて危険なイメージがございます。

でも大丈夫。

バタッと裏返しにいたしますとこの通り。

どうですか?

色合いも明るく、

口のあたりなんかは、

可愛らしい表情に見えてきたりもして、

雰囲気的には、

なんとなく親しみやすい感じになるんですよね。

DSC02695_convert_20220117081531.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ぐるぐるラップ
DSC02801_convert_20220119080606.jpg

こちらは引田漁協の事務所より車で数分。

B料理長が担当するエサ部門の管轄区域。

朝の市場のセリが終わって、

すぐさま海苔の出荷作業。

えいさほいさと力を合わせて運んで持ちあげ積み上げて。

乾のりの詰まった段ボール箱満載のトレーラーを見送りまして、

そしてここから始まるのは、

冷凍サバのラップぐるぐる巻き作業。

運び込まれた冷凍サバは、

パレットの上できれいに組み上げられまして、

フォークリフトで我ら「巻き」担当の前まで運ばれてまいります。

DSC02798_convert_20220119080650.jpg

それに巨大なビニール袋をかぶせ、

巨大なラップで全体をぐるぐる巻きに。

荷崩れせぬようギッチリぎゅうぎゅう。

途中、三半規管がやられて、

くらくらに目が回ってきたり、

気分が悪くなってきたりもいたしますが、

初めての作業ではございませんので、

そこは自分でスピード調整。

お昼までにはなんとかすべての作業を終えて、

自動販売機の前でひと息つく、

我ら一同でございます。

DSC02787_convert_20220119080432.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ナマコ
DSC02834_convert_20220120093153.jpg

引田漁協魚市場より「ナマコ」

魚の少ないこの時期でも、

ナマコだけは朝の市場に並んでる。

数は多くはないのですが、

それぞれ袋に分けられて、

「赤」と「青」の色違いのナマコ。

一般的に「赤ナマコ」のほうが美味しいとされていて、

お値段も「青」より高め。

でも、青のナマコだって普通に美味しいんですよね。

薄く切って酢の物で食べるのがオススメ。

コリコリの食感とキシキシとした歯応え。

あの感覚はナマコ以外じゃ味わえない。

「だいだい」とか柑橘系のものとよく合うんですよね。

DSC02758_convert_20220119080403.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
イシガレイ
DSC02717_convert_20220117081911.jpg

引田漁協魚市場より「イシガレイ」

カレイはカレイでも、

その名の通り、体に「石」がついてるカレイなんですよね。

よく見てみると、

体の中心線やヒレ近くの部分などが、

盛り上がっててゴツゴツしている。

指先でつついてみますと、

カチカチで質感はまさに「石」

顔のあたりもゴツゴツの石。

さすが「イシガレイ」

食べるときにこの石が邪魔になりそうな気もしますが、

煮付けなんかにするとポロっとはがれますので、

そのあたりは御心配なく。

美味しいお魚ですので、

機会があればぜひ食べてみてくださいね。

DSC02724_convert_20220117095344.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
テナガコブシ
DSC02709_convert_20220117081715.jpg

引田漁協魚市場より「テナガコブシ」

てのひらに乗るような小さいカニさんですが、

その名の通り腕だけ異様に長いんです。

でもね、これでも短いほう。

胴体が同じサイズで、

腕だけこの個体の倍ぐらい長いのだっていますからね。

腕の長さは雄雌の差かなとも思うのですが、

そのあたりはまだ未確認。

食用とはしないため、

通常、市場で見かけることはございません。

今回はたまたまですね、

別の魚に混ざって市場に持ち込まれたのを見つけ、

撮影用にと確保しておいたんですよね。

ですから、撮影をすますと特に用無し。

まだ、元気に動いておりましたので、

そのまま海にポイッと放流。

やさしく逃がしてあげたんですよね。

DSC02708_convert_20220117081816.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
選別作業
DSC02737_convert_20220117082107.jpg

今週は早出の当番。

ですから、いつもなら見られない、

漁師さんの選別作業なんかも撮影できちゃう。

チヌやメバルやヒラメやカレイ。

ビチビチバタバタ。

跳ねる魚を捕まえてザシュ。

テカギで活き締め。

種類ごとにより分けながら、

それぞれをセイロの中へと入れていくわけなんですね。

DSC02739_convert_20220117082137.jpg

しかしながら、アレなんですよね。

ここのところホント魚が少ないんですよね。

時期的なものとか、

天候の影響なんかもあって、

最近の市場はだいたいこんな感じ。

並んだセイロもかなり少なめ。

セリ開始までに多少は増えたりするのですが、

それでも寂しいことに変わりなし。

静けさに包まれた市場の朝でございます。

DSC02729_convert_20220117082023.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ガンザ
DSC02646_convert_20220112085045.jpg

引田漁協魚市場より「ガンザ」

標準和名「タマガンゾウビラメ」

お昼の市でみかけるお魚。

小さくて薄っぺらで、

食べるところがなさそうに見える「ガンザ」ですが、

意外と人気は高くって、

干して「ヒガレ」として食べるのも定番ですが、

オススメの食べ方はお刺身。

新鮮なものを刺身でいただくと、

これはもう、それはもう。

歯応え最高、味わい最高、

とんでもなく美味しいんですよね。

ま、料理に手間はかかりますけど。

あとは唐揚げもいい。

アツアツをポン酢でいただくと非常に美味。

また二度揚げして、

小骨やヒレまでガリガリかじって食べるのも美味しいんですよね。

機会がありましたらぜひ食べてみてくださいね。


農林水産業 ブログランキングへ
冷凍保存の「ひけた鰤」
DSC_1514_convert_20220114100049.jpg

時期的な関係で「ひけた鰤」の出荷はすでに終わっておりまして、

この時期に入手するのは非常に困難といいますか、

ほぼ不可能といってもいいような状態なのですが、

我が家の冷蔵庫、冷凍室にはストックあり。

年末に切り身にして冷凍しておいたものを、

このタイミングで取り出してきまして、

フライパンを使って甘辛く仕上げて完成。

こちらは「ひけた鰤」の照り焼き風。

これがとんでもなく美味しいんですよね。

身はキュッと締まってて、

噛めば脂がじゅわっと出てくる。

うん、美味しい。

定期的に食べたくなることを想定し、

我が家では計画的に切り身を冷凍保存しておりますので、

あと数回分はこの味を楽しむことができるんですよねぇ。


農林水産業 ブログランキングへ