FC2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
カニの名は
CIMG0923_convert_20181207173415.jpg

謎のカニの正体が判明いたしました。

その名も「メガネカラッパ」

ブログを見た漁師さんが教えてくれたんですよね。

というわけで謎のカニ改め「メガネカラッパ」の飼育開始。

酸素不足にならぬよう海水を多めに注入。

エサにイワシの切り身をあたえ、

さあ食べなさいと、

やさしく見守るもまったく反応せず。

しかたなく、こんな場合にやりがちな、

棒でエサをつついて目の前にまでもっていくという手法をとるも、

それでもジッと固まったまま動こうともしない。

明るい環境が苦手なのかもと考え、

水槽の周囲を暗くしてみるも、それでも動かず。

しかたなく、この日はそのままそっとしておくことに。

CIMG0932_convert_20181207173509.jpg

そして翌日、水槽の中をのぞきこんでみると、ムムッ。

フンフンフン、くっ、臭い。

水が臭い。

エサのイワシが原因で、水質が極端に悪化したもよう。

それでもハサミを大きく動かしたのを見てひと安心。

とりあえず生きていた。

とにかく急いで新しい海水を入れなくちゃ。

と、臭くなった水槽の水を捨て、

メガネカラッパをつまみ上げたところで異変を察知する。

脚とハサミが力なくぷらーん。

し、死んでる。

さっきまで動いてたのに。

やっぱり素人には無理だった。

メガネカラッパの飼育大失敗。

簡単そうに見えて、カニの飼育も難易度高めでございます。

CIMG0936_convert_20181207173452.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
カニを飼うから


突然ですが、ワタクシいいコトを思いついたんですよね。

この正体不明の珍しいカニをですね、

逃がしちゃうとそれっきりになっちゃうから、

とりあえずしばらくの間、飼ってみるコトにするの。

さいわい事務所の2階に、

水槽を置きっぱなしにしているし、

アレを使って一時的に飼育してみるのは可能なハズ。

海水の入れ替えだって、市場まですぐそこだし、

エサだって市場に何かしら落ちてるハズだし。

よし、飼おう。

さっそく、水槽を用意し、謎のカニさんをその中へ。

「なんや、飼うんか?」(販売部Kさん談)

ハイ、魚と違って飼いやすそうだし。

「すぐ死ぬぞ」(販売部Kさん談)

いやぁ、毎日水替えすりゃ大丈夫でしょ。

エサだって、そのへんのイワシとか切ってやれば。

「水が汚れてすぐ死ぬぞ」(販売部Kさん談)

一晩くらいなら大丈夫でしょ。

というわけで、販売部Kさんの制止を振り切り、

いざ飼育開始。

しっかし、何て言うカニなんでしょうねコレ。

CIMG0910_convert_20181207173217.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
カニの正体
CIMG0907_convert_20181207173142.jpg

漁師さんが持ってきてくれた珍しいカニですが、

ホラホラホラホラ。

体とハサミをくっつけると、

ピタッと収まるジャストフィットシステム。

この構造がカッコイイんですよね。

触ってみてもハサミを振りかざすこともなく、

あまり攻撃的ではないようなので、

防御重視のタイプですね。

CIMG0908_convert_20181207173158.jpg

ひっくり返してみると、

お腹側はこんな感じ。

そしてお尻のあたりには、

この立派なギザギザが。

カブトガニとかそっち系を連想させる感じですかね。

とにかく珍しいこのカニですが、

毒とかもってたら危ないし、

食べられそうにないし、

このまま逃がしてやることにしたいと思います。

CIMG0903_convert_20181207173105.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
珍カニ
CIMG0895_convert_20181207172946.jpg

というわけで、漁師さんが持ってきてくれた珍しいカニがコチラ。

水槽からカゴをあげてみますと、

隙間から流れ出た海水にもまれて、

コテンとひっくり返ってしまいましたが、

このカニこそが今回の「珍魚」ならぬ「珍カニ」なんですよね。

はさまれないように慎重に手を伸ばして、

一番お尻側の甲のところをつまみ、

ゆっくりそーっと持ち上げる。

よーし、よーし、意外とおとなしい。

CIMG0899_convert_20181207173005.jpg

暴れたりしないのは好感が持てますね。

そして、このサイズなのに、

けっこうずっしりとした重みがある。

発泡スチロールの上に置いてみますとこんな感じ。

今までに見たことのないタイプのカニさんなんですよね。

体の形もヘンテコだし、

ハサミもなんて言うんだろ、

「変形ロボット」みたいな感じのピッタリ収納タイプ。

食用にするような感じじゃないので、

市場ではなかなか見られない貴重な種類のような気がしますね。

CIMG0900_convert_20181207173021.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ボールカゴ
CIMG0883_convert_20181207172858.jpg

ただいま市場の水槽前。

そこに浮かぶカゴの中に浮かぶ「ボール」を発見ス。

カゴのボールは「珍魚」の知らせ。

もしかして、新たな「珍魚」が入荷したのかも。

というわけで、ボールをとって中を確かめる。

うーん、よく見えないな。

水槽の流れからチョイとカゴの位置をずらして、

泡の隙間から向こうをのぞくと、

うんうんうん、カニがいますね。

ガザミだな。

いわゆる「ワタリガニ」で、珍しくもない一般的なヤツ。

ムムッ。

いた!!

変なのがいた!!

見たことのないヤツ!!!

ガザミに混じって1匹だけ。

おかしなおかしなカニ発見。

ここのところ「カニ」の話が続いておりますが、

今回の「カニ」はちょっとホントに珍しいんじゃないですか?

見たことないですもん。

まあ、とりあえずカゴから出して撮影とまいりましょうか。

CIMG0884_convert_20181207172929.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
残り物
CIMG0823_convert_20181207173759.jpg

というわけで、カニを塩ゆで。

ガスの火を止め、

あとは余熱でということになりまして、

ワタクシいったん事務所へと戻ったわけですが、

次に様子を見に来たときにはすでにカニはこんな状態でありまして、

A、B両料理長の手によりバラバラのパリパリに割られて、

すでにあらかたお二人の胃袋の中へと消えたあと。

「美味かった」(A料理長談)

「ごっつ美味かった」(B料理長談)

しかしながら、お優しいお二人は、

味見用にと、ごく少量ではありますが、

ワタクシにもちゃーんと残しておいてくれたんですよね。

CIMG0824_convert_20181207173820.jpg

スプーンの先にちょこんと乗った肉厚の身。

なんでもハサミのところの身なんですって。

それでは、正体不明のカニ。

いっただきまぁーす!!

パクッ。

美味い!!!!

なにこのカニ。

すっごい美味しい。

「もう身はないけど、タマゴ全部あげる」(A料理長談)

えーっ、いいんですか!?

CIMG0817_convert_20181207173908.jpg

ホントに手付かずのタマゴを全部くれるというので、

甲の裏側にギッシリとくっついたオレンジのタマゴをですね、

スプーンでほじくって、

たっぷりのカニ味噌につけてパクリ。

うーん、旨い。

味が深いよ。

コリコリポリポリ。

楽しい食感。

次から次へとほじくってはポリポリ。

うーん、珍味ィ。

というわけで、正体不明の謎のカニ、

ちょっとした不安はございましたが、

食べてみると身もタマゴも美味でしたよ。

CIMG0827_convert_20181207173841.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
名前も分からぬカニを食う
CIMG0807_convert_20181207173714.jpg

というわけで、ただいま塩ゆで中。

「塩加減は薄めでよろしく」(A料理長談)

お昼のセリで購入した「名前も分からぬカニ」と「ガザミ」のセット。

ちなみに購入者はA料理長とB料理長なのかな?

そのあたりよくわかりませんが、

ゆでる係はこのワタクシ。

塩加減もそこそこに、

ガスに火をつけてあとは沸き立つのを待つばかり。

カシャカシャカシャン。

熱さにもがくカニさんたちが鍋を蹴る音がする。

ごめん、ごめんよ。

だって、急に買っちゃうんだもん。

でもって、ゆでさされるんだもん。

「どう?いけた?」(A料理長談)

いやぁ、もうちょいですかね。

「カニが大きい分、長めにゆでよう」

おっ、沸き立ってまいりましたよ。

そろそろですかね?

「もうちょっと」

頃合いですかね?

「いやぁ、まだまだ」

さすがにそろそろ・・・。

「あと10分」

というわけで、ご要望にお応えして、

ワタクシ通常より長めにゆでさせていただいております。

「火をとめたら、あとは余熱でしばらくおいとこ」(A料理長談)

CIMG0812_convert_20181207173730.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
カニ三昧
CIMG0795_convert_20181207173551.jpg

さてさて、今回ご紹介させていただくのも「カニ」

そうそう、前回の特殊なハサミを持つガザミについては、

漁師さんが「食べていい」といってくれたので、

遠慮なくいただきました、もちろん美味でしたよ。

で、問題はコチラのカニ。

みたことないヤツ。

おっきくてパワーがありそうで、

体全体が深緑っぽい色をしている。

「これ買おうと思とんや」(A料理長談)

「食べよ食べよ」(B料理長談)

CIMG0799_convert_20181207173607.jpg

というわけで、お昼のセリで実際に購入し、

食べることになったみたいなのですが、

そもそも食べられるのこのカニ?毒とかないの??

「肉厚で美味そう」(B料理長談)

見たことないヤツだけど大丈夫??

「仲買の人がアブラガニって言よったぞ」(A料理長談)

「ちょっとお前、調べてくれ」(B料理長談)

「味見さしてやるけん」(A料理長談)

という流れで、

正体不明のコチラのカニを託されたわけですが、

なんていうかこの時期いろいろと忙しくて、

ハッキリ言うともう調べるのが面倒なんですよね。

だからこのまま塩ゆでにして、

誰かに先に食べてもらって、

大丈夫そうならワタクシも味見することにしたいと思います。

CIMG0805_convert_20181207173659.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
やっぱりハサミ
CIMG0455_convert_20181207174028.jpg

というわけで、コチラが漁師さんが持って来てくれた「珍しいガザミ」

うーん。

パッと見た感じ、特におかしなトコロなし。

予想していたハサミの部分も異常なし。

ん?

んんんんんん?

いや、異常あり。

やっぱりハサミ!!

よく見ると、ハサミの中にもうひとつ「ハサミ」がありますよコレ。

ハサミの先が「ハサミ」になってる。

でもこの「ハサミ」よく見るとジョイント部分がなくて、

1枚ものになってるから指を入れても大丈夫そう。

CIMG0457_convert_20181207174045.jpg

通常、ガザミのハサミパワーはとんでもなくてですね、

ワタクシ過去に指の皮1枚を挟まれたことがあるのですが、

もうね、ホント涙がでるんですよね、痛すぎて。

販売部Kさんなんかもときおりやられて流血したりしてるし。

その点、この固定型のハサミなら危険性なし。

こんな機会めったにないので、ハサミの中に指を入れてみる。

ホラ、大丈夫、挟まれない。

とか思っていると、グググググ。

固定型ごと動き出して、

そのまま一番下のハサミとの間で挟まれそうに。

わっ、危なッ!!

「当たり前や」(販売部Kさん談)

よく考えたらコレ挟めないんじゃなくて、

挟む箇所が2か所もある構造になってるんですね。

「ちょっと考えたらわかるやろ」(販売部Kさん談)

こういうガザミは超危険、皆様お気を付けくださいね。

CIMG0460_convert_20181207174109.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
そんなガザミの正体を
CIMG0450_convert_20181207173943.jpg

「珍しいガザミ」が獲れたからということで連絡をいただきまして、

ワタクシこうして市場へと回ってまいりました。

しかしながら正体不明の珍しい「何か」ではなく、

珍しい「ガザミ」と最初から正体が分かっているのは、

珍しいパターンですよね。

だって「ガザミ」は「ガザミ」ですから。

ちなみに「ガザミ」とは、

いわゆる「ワタリガニ」の正式な名前。

ま、ワタリガニ自体が、そう珍しいモノではありませんからね。

CIMG0452_convert_20181207174001.jpg

フタをあけると、うん。

ガザミだ。

カゴの底にガザミが見える。

今のトコロ異状なし。

とくに変わったコトもなし。

でもまあ、漁師さんがわざわざ持って来てくれるくらいですから、

珍しくないわけがないわけで。

となるとカニだけに「ハサミ」が特殊とかなのかなぁ。

「捕まえてやる」(販売部Kさん談)

とりあえずカメラを構えてですね、

その「珍しい」部分を撮影してまいりたいと思います。

CIMG0453_convert_20181207174012.jpg


農林水産業 ブログランキングへ