fc2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
体調不良
DSC07685_convert_20240223084051.jpg

安戸池での「三倍体マガキ」試験養殖。

サイズごとに選別したカキを、

養殖カゴの中へと戻し入れる作業は、

販売部Kさんの腰が悲鳴をあげたため、

途中からワタクシが担当することに。

スコップで山盛りすくってガラガラッ。

1杯、2杯、3杯。

養殖カゴの中へと入れて、

カチッとロックがかかるまでフタを押し込む。

次のカゴにも、1杯、2杯、3杯と。

DSC07691_convert_20240223084022.jpg

一心不乱にその作業を繰り返しておりますと、

うう、うううううう、うううう。

なんだか体調が悪くなってきたといいますか、

胃のあたりが気持ち悪くなってきたような。

「お前、カキにあたったんちがうか?」

いや、そういうんじゃなくて、わかった。

うぷっ、コレ、アレだ、船酔いだ。

揺れる船上で俯いて作業してるから、うぷっ。

それでも漁協魂全開で最後まで作業を継続し、

最終的にはぐったりとした状態で、

陸へと戻ることになるわけですが、

「船酔い」ですから時間がたてばすぐに復活。

ですが、このあとワタクシ以外の二人はですね、

この重労働の影響もあってか、翌日、翌々日と体調不良を起こし、

順番にダウンしていくことになるわけございます。

DSC07667_convert_20240223084233.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト



終わりじゃなかった
DSC07565_convert_20240223085707.jpg

安戸池で試験養殖中の「三倍体マガキ」

選別を終えて、試食の時間も楽しく終了。

「写真撮影」の名目で連れ出され、

軽い気持ちでやってきたにもかかわらず、

長時間の作業に参加することになりはしましたが、

とにかくこれで事務所に帰れますよね。

「まだや、まだまだや」

終わりじゃなかったの?

試食をはさんで作業続行?

DSC07627_convert_20240223084716.jpg

聞けば、サイズに分けて選別したカキを、

養殖カゴの中に入れ戻す作業が残っているそうで、

もう一度船へと乗り込んで沖へと向かう。

そんでもって、

空の養殖カゴを船の上へ引っ張り上げて、

カキをスコップで3杯から4杯ずつ、

入れていく作業が始まるわけなんですね。

「うう、腰が痛い」「お前、代わってくれ」

というわけで、撮影を終えた後、

こちらの作業もワタクシが担当することになりそうでございます。

DSC07673_convert_20240223084124.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
収穫
DSC07612_convert_20240223090101.jpg

安戸池で試験養殖中の「三倍体マガキ」

試食の時間となりまして、

殻の色が黒っぽいのと白っぽいの。

産地の違うそれぞれのカキを食べ比べてみることになりました。

「よーに洗えよ」

言われた通り水道水でよく身を洗いまして、

そのままお口の中へ。

もごもごもごもご、うっ。

ううううううううッ。

うペッ。

メチャクチャに塩辛い。

殻の破片でジャリジャリするし。

DSC07624_convert_20240223090132.jpg

「よーに洗え言うただろ」

自分ではかなり洗ったつもりだったのですが、

そのくらいじゃ全然足りなかったみたいで、

海水をそのまま食べているようなそんな味しかしない。

気を取り直して、今度は白い方。

こちらはかなり丁寧に、

指先でこねてこすってよく洗う。

もごもごもごもご、うん。

洗い過ぎて水っぽくなってしまったものの、

塩辛くないのでこちらは美味しく食べられる。

というわけで、洗い方に問題がございましたので、

純粋な食べ比べというわけにはまいりませんでしたが、

それでも食べる際の「洗い」が重要だということを、

学習できたことは今回の「収穫」だと思うんですよね。

DSC07617_convert_20240223090202.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
白推し
DSC07596_convert_20240223085922.jpg

安戸池で試験養殖中の「三倍体マガキ」

長時間にわたる選別作業を終えて、

次は成長の状態を見るための試食の時間となりました。

殻が白っぽいのと黒っぽいの。

産地が違うそれぞれのカキを、

よく水洗いしてそのままパクリ。

素材の味そのものを確かめるのが目的のため、

調味料など一切使わずお口の中へと放り込む。

DSC07599_convert_20240223090001.jpg

まずは黒から。

もごもごもごもご。

うんうんうんうん。

そして今度は白い方。

もごもごもごもご。

うんうんうんうん。

どうですか?

「白の方が濃厚で甘みがあって好きやな」(販売部Kさん談)

そうなんですね、じゃワタクシも試食してみますね。

「よーに洗えよ」(販売部Kさん談)

DSC07605_convert_20240223090032.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
試食タイム
DSC07560_convert_20240223085642.jpg

話は戻って、安戸池で試験養殖中の「三倍体マガキ」

その選別作業は体感数時間にも及びまして、

軍手は破れて両方の親指は完全に露出してしまっているし、

そんな状態だから当然のように指先は傷だらけになるし、

軍手に浸み込んできた茶色い液体が、

そでのあたりまでビチャビチャに濡らしてしまうし、

みんなみたいにゴム手を用意していればとも思ったのですが、

そもそも「写真撮影に」って話だったので、

最初から作業の準備はそこまでしていなかったし。

それでもなんとか手を動かし続け、

どうにかこうにかすべてのカキの選別を終えると、

ここからは試食の時間がやってまいります。

DSC07569_convert_20240227092948.jpg

試食といいましても、

ただ食べてみて「美味しい」とかそういうアレじゃなくて、

試験養殖ということで、

現時点でどれほど成長しているのか、

場所によって、

また種類によって違いはあるのか、

そして味はどうなのかなどなど、

いろいろな状態を把握しておく必要があるんですよね。

ちなみに、今回は殻が黒っぽいのと白っぽいの。

産地が違う両方のカキを食べ比べてみるんですって。

DSC07587_convert_20240223085755.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ひけたひなまつり
DSC07799_convert_20240228135604.jpg

さてさて、話の途中ではありますが、

以前ご紹介させていただきました、

「ひけたひなまつり」での出店情報。

引田漁協女性部による「ブリ漬け丼」

昨日のお昼に食べてまいりました。

令和6年2月28日(水)~3月3日(日)

11:00~14:00(ラストオーダー13:30)営業。

ということで、開店まもなくの時間に、

引田漁協事務所向かいの引田漁村センターへ。

DSC07806_convert_20240228135525.jpg

ブリ漬け丼&アラ汁のセットをいただいたのですが、

これは美味しかったですねぇ。

「うん、美味しかった」(A料理長談)

次から次へとお客様が入っていたし、

人気の方も上々のよう。

あと、サーモン丼の方も美味しいとのことですので、

期間中もし引田を訪れる予定がございましたら、

ぜひお立ち寄りいただきたいと思います。

DSC07696_convert_20240223092728.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
終わりなき牡蠣
DSC07525_convert_20240223085519.jpg

安戸池での「三倍体マガキ」試験養殖。

養殖カゴの中から取り出したカキを、

陸へと持ち帰り選別作業開始。

殻に付着した異物を除去したりしながら、

大と小のサイズに分けていくんですよね。

「ここをちょっと割っといた方が成長がええんや」

やり方を教えてもらって、

一個ずつ手に取りサイズを見極め、

それぞれのカゴへ放り込む。

カゴがいっぱいになれば、

次のカゴに交換し作業続行。

大、小、大、小、大、小、大、小。

付着物も力技でベリッとはがして、

大、小、大、小、大、小、大、小。

長時間、無言でなかば無意識で、

ただただカキをより分けておりますと、

痛ッ!!

見ると新品の軍手が破れて、

親指に殻の破片が刺さっていたりなんかして。

それでも大、小、大、小、大、小、大、小。

膝や腰が痛くなるたび、

体勢を変えながら大、小、大、小、大、小、大、小。

「これは終わらんな」(販売部Kさん談)

とにかく作業は延々と続くわけでございます。

DSC07541_convert_20240223085550.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
何を見ていた
DSC07442_convert_20240223085107.jpg

安戸池で行われている「三倍体マガキ」の試験養殖。

今回は沖の養殖カゴの中からですね、

成長途中のカキをいったん取り出して、

陸へと持ち帰ってくる作業から。

ワタクシも撮影をある程度終えたあと、

カメラをポケットにしまい自主的に作業に参加。

えっと、あれ?こうですか?アレッ?

開錠用の特殊器具を手に、

ロック外しを試みるも、

これがなかなか上手くいかない。

アレッ?アレッ?

手間取っていると、

「お前今まで何を見よったんや!!」

販売部Kさんに怒鳴られるも、

撮影してたから細かい部分までは見てなかったし、

そもそも最初は写真撮影だけって話でしたよね。

「ガハハハハハハ」

やっぱり計画的なヤツだコレ。

「逆や!テコの原理で下に!」

初めての作業ではありますが、

コツをつかめば割と簡単。

ですが数があるので作業はなかなか終わらない。

取って、開いて、移して、次へ。

同じ作業の繰り返し。

どれくらい時間がたったのか、

とにかく用意したカゴがすべていっぱいになったところで、

それを陸へと持ち帰ることになるわけでございます。

DSC07512_convert_20240223085500.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
作業開始
DSC07441_convert_20240223085043.jpg

というわけで作業開始。

養殖カゴを1個ずつ船の上に引っ張り上げて、

特殊な器具を使ってガシャッ。

フタのロックを外してガラガラッ。

中のカキを用意したカゴの中へと移し入れてまいります。

引っ張り上げてロックを外す。

フタが開いたら、

中のカキが転がり出てくるようカゴを傾ける。

その作業の繰り返し。

DSC07463_convert_20240223085143.jpg

回収したカキでカゴがいっぱいになると、

今度は別のカゴにガラガラガラッ。

ズシャッ、パカッ、ガラガラガラガラ。

いつ終わるとも知れぬこの作業。

ワタクシもですね、

このままずーっと、

撮影だけをしているわけにはまいりませんので、

カメラをポケットにしまってですね、

そろそろ作業に加わりたいと思います。

DSC07488_convert_20240223085243.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
カキの試験養殖
DSC07424_convert_20240223084910.jpg

というわけで、なんだかんだで船の上。

ワタクシあまり深くかかわっていないので、

詳しいことまでは分からないのですが、

ここ「安戸池」においてですね、

現在「カキ」の試験養殖といいますか、

「三倍体マガキ」なるものの、

実験的でお試し的な養殖が行われているわけなんですね。

船は安戸池の対岸近くを目指して進み、

養殖カゴの設置場所へと近付いたところで減速。

DSC07647_convert_20240223084619.jpg

こちらのプラスチック製のカゴの中にですね、

「カキ」がタップリといいますか、

適切な量ずつ入れられておりまして、

これからそれらを回収して、

陸へと持ち帰るのだそう。

しかしアレですよねぇ。

ずらっと連なるカゴの数を見る限り、

今回の作業はなかなか大変なものになりそうですね。

DSC07495_convert_20240223085321.jpg



農林水産業 ブログランキングへ