FC2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
クイズの時間
CIMG6787_convert_20180919173451.jpg

さてさて、今回も始まりました。

そう、おさかなクイズの時間でございまーす。

ワー!ワー!ワー!ワー!

それでは、問題。

こちらのお魚の名前をお答えくださいッ!!

さあさあどうぞ、さあどうぞ。

チッチッチッチッチッチッチッチ。

特徴はこの「色」ですよね。

なんといいますか、緑がかった黄金色といいますか、

とにかくそういった色に点々模様。

こんな色と模様を持つお魚といいますと・・・・。

限られてきますよね、絞られてきますよね。

さあさあ、どうぞお考えください。

そろそろですかね。

そろそろですよね。

チッチッチッチッチッチッチッチ。

ハイ、そこまで。

制限時間となりました。

それでは、魚の全身を見ていただいて、

正解発表とまいりましょう。

こちらのお魚の正体はッ!!

ジャジャン!!!

「シイラ」

ワー!ワー!ワー!ワー!

シイラ、シイラ!!

どうですか?

当たってました?

というわけで、正解は「シイラ」

ではまた。

CIMG6786_convert_20180919173503.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
毒ダコ廃棄
CIMG6763_convert_20180919172146.jpg

事務所から戻ってまいりましてもこの通り。

毒ダコ「サメハダテナガダコ」はそのまんま。

水槽の底でじっと動かず、

逃げ出す素振りすら見せない。

こうなってしまってはもう無理。

付き合い切れない。

食べるとか、逃がすとかじゃない。

もう、捨てます。

逃がすとかじゃなくて「捨てる」

水槽を傾けてドボボボボボボ。

CIMG6765_convert_20180911181642.jpg

勢いよく海へと流し捨てても、

頑固なサメハダテナガダコ、

吸盤でべたりと底に張り付いて微動だにせず。

おいッ!!

もうッ!!

ホラッ!!

何度も何度も水槽を揺さぶって、

最終的に海へと放流、オホン、失礼。

海へと捨て去ることに成功いたしました。

これにて毒ダコとは完全にお別れ。

ああ、せいせいした。

というわけで、ただいま引田の港にはですね、

噛まれるとヤバいタイプの毒ダコが生息中。

皆様、気を付けてくださいね。

CIMG6770_convert_20180911181721.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
逃げることなく
CIMG6754_convert_20180911181605.jpg

水槽の中でリラックス。

まったく逃げるそぶりを見せない毒ダコ「サメハダテナガダコ」

一応、ルールはルールですから、

一度決めたことは貫徹したいと思います。

水槽から這い出して、海へと逃げればそれでよし。

陸上へと向かってくるならば、

そのときは心を鬼にしてこの毒ダコを食べてしまう決意でございます。

ただ、ホントのところはですね、

調理のさいに噛まれちゃう恐れもあるわけですから、

できれば海へと逃げ出してほしいトコロ。

しかしながらこのタコまったく動かない。

ワタクシが近くにいるから警戒しているのかも。

ためしに、少し移動して離れたところで見守ることに。

CIMG6749_convert_20180911181526.jpg

それでもピクリとも動かないので、

さらに場所を移動してみる。

それでも逃げ出す気配がないので、

さらに遠くへと移動する。

・・・・・・・・・。

水槽から這い出せば、すぐそこは海だというのに、

逃げ出す気配もなくじっと動かぬサメハダテナガダコ。

ワタクシもそれほどヒマではございませんので、

いつまでもこの毒ダコにつきあうわけにはまいりません。

とりあえず、いったんこのまま放置して、

ワタクシ事務所へと戻ることにいたします。

CIMG6751_convert_20180911181547.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
安住の地
CIMG6741_convert_20180911181440.jpg

毒ダコ「サメハダテナガダコ」

そのまま這い出て海へと逃げ出せばそれでよし。

まかり間違って陸上へと向かうならば、

躊躇なく食べてしまうコトに決めまして、

狭いネットの中から、

水槽へと解き放ってやったわけでございます。

無事、逃げおおせるか、それとも。

さあ、サメハダテナガダコ運命の一瞬。

さあ!!

さあ!!

・・・・・・・・。

・・・・・・・・。

・・・・・・・・。

なんといいますか、

想定外の出来事が起こったと言いますか、

水槽の中へと放ったサメハダテナガダコが、

まったく逃げ出そうとしないんですよねぇ。

CIMG6743_convert_20180911181459.jpg

狭くて窮屈なネットから解き放たれて、

あわてて逃走を図るかと思いきや、

水槽の底でリラックスした雰囲気で、

ゆったりと過ごしちゃってるわけ。

ホントのことを言いますと、

ワタクシも好き好んで「毒ダコ」を食べたいわけじゃないから、

さっさと海側に逃げ出してほしかったんですけど、

まったくその気配もなく、

水槽の中ですっごく落ち着いちゃってるんですよねぇ。

こうなった場合は、えーと、どうするか決めていなかったので、

そうですねぇ、うーん、どうしましょう。

もうちょっとだけ、様子を見てみることにしましょうか。

CIMG6760_convert_20180911181624.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
運命を切り拓け
CIMG6733_convert_20180911181351.jpg

毒ダコ「サメハダテナガダコ」

それを「食べる」か「逃がす」かどうするかで悩んでいたわけですが、

どっちも乗り気でないために、

なかなか決めることができないでいるんですよねぇ。

そこで、ワタクシ考えたんです。

ワタクシが考えないことに決めたんです。

かわりに「サメハダテナガダコ」に決めてもらうことにしたの。

せっかく手元に水槽があるんだからコレを使って、

あらかじめ海水を汲み入れておいて、

岸壁のフチのところまで持っていく。

ギリギリのところに水槽を配置しまして、

この中に「毒ダコ」を放してやるわけなんですね。

ほい、ほい、ほいっと。

CIMG6738_convert_20180911181411.jpg

そんでもって、

狭くて窮屈だった環境から、

ようやく自由の身になるわけですから、

このサメハダテナガダコも、

勢いよく逃げ出すと思うんですよね。

で、その逃げる方向が運命を決めるの。

水槽から這い出て海の方向へ逃げればそれでOK。

そのままボチャリと落ち込んで、逃走成功というわけです。

しかしながら、脱出方向を間違えて、

反対方向の陸上へと向かってくるならば、

そのときは容赦なく食ってしまう。

そうすることに決めたんです。

さあ、あとはサメハダテナガダコしだい。

ネットを振ってバサバサバサ。

さあ、自力で運命を切り拓け!!

CIMG6740_convert_20180911181424.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
忘れかけてたある記憶
CIMG6730_convert_20180911181319.jpg

毒ダコ「サメハダテナガダコ」

食べるか逃がすかの2択で考えていたのがそもそもの間違いで、

コレがあったんですよコレが。

そう、タツノオトシゴの飼育を試みた際に、

自宅から持ってきた「水槽」ですよ!!

これさえあれば「食べる」「逃がす」に、

さらなる選択肢「飼う」を加えることができる。

そして言わせてもらえるならば、

「食べる」というのは、毒ダコだけにちょっぴり躊躇してしまうし、

「逃がす」のは毒ダコだけに誰かに危害を加えたらという心配もある。

そんななか、第三の選択肢である「飼う」というのは、

それらの不安や心配をですね、

とりあえず「先送り」できるという点で優れていると思うんですよね。

タコってなんでも食べるイメージがあるから、

エサだってそんなに苦労しないですみそうだし。

玄関先のカウンターの上に水槽を置いておけば、

事務所を訪れる方々にも、

すごいインパクトがあるんじゃないかな。

毒ダコを飼ってる引田漁協。

アリですねアリ。

我ながらこれはいい考え。

・・・・・・・・。

・・・・・・・・。

・・・・・・・・。

・・・・・・・・。

やっぱりダメだな。

完全に逃げられるな。

よく考えてみると、魚と違ってタコって足があるし、

それに吸盤とかもあるし、フタなんかしてても、

すぐにするりと逃げちゃうに違いない。

そうじゃなきゃ、

市場でこんな逃走防止用のネットに入れられているわけがない。

そんでもって逃げた毒ダコがどこかに隠れたりしたら、

捜索するのも大変だろうし、

万一、誰かが噛まれでもしたら・・・・・。

ハッ!!

思い出した。

記憶がよみがえってまいりましたよ。

そう、そう、そう。

ワタクシ、すでに過去に一度、

毒ダコ「サメハダテナガダコ」に逃げられてる。

過去記事参照 → 【毒ダコ逃走】

危ない危ない。

飼育は危険。

リスク高すぎ。

というわけで、結局は元に戻って、

「食べる」か「逃がす」のどちらかで決めるしかないんですよねぇ。

CIMG6732_convert_20180911181334.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
食うか食わぬか
CIMG6679_convert_20180908092935.jpg

というわけで、漁師さんが持ってきてくださった毒ダコ。

その名も「サメハダテナガダコ」

くーっ!!何度聞いてもカッコイイ名前。

せっかくの機会なので撮影は済ませたんですけど、

その後、どうしようか迷っているんですよねぇ。

「食ってみたら?」(購買部Mさん談)

たしかに食べてみるのもアリ。

毒ダコとはいっても噛まれるとヤバいタイプのヤツだから、

食べる分には問題ないような気もするし。

とは言え、わざわざ毒ダコを・・・・という気がしないでもない。

しかしながら、このまま逃がしてやるのもアレだし。

万一、逃がしたことで被害が出たら、

なんだか責任感じちゃうし。

食うか逃がすか。

逃がすか食うか。

どちらもあまり気乗りがしない。

うーん。

何かいい考えはないかなぁ。

何かいい方法は・・・。

ムッ。

あった!!

ワタクシ、いいこと思いついちゃいましたよ。

続く。


農林水産業 ブログランキングへ
いつもの毒ダコ
CIMG6646_convert_20180908092827.jpg

というわけで、漁師さんが持ってきてくださった、

珍しい海の生き物がコチラ。

ハイ。

ブルーのネットの中に入っているのは、

ご覧のように「タコ」だったわけなんですねぇ。

そして、そのタコの表面を観察してみますと・・・・。

水玉模様がありますね。

白っぽいような、うっすらと青みを帯びているような、

そんな色した水玉模様が、

このタコの全身にちりばめられてございます。

CIMG6651_convert_20180908092846.jpg

そういう特徴を持つタコと言えば、そう。

いつものアイツ。

おなじみというほどではありませんが、

過去にも何度か紹介させていただいたコトがございます。

そう。

毒ダコ。

「サメハダテナガダコ」

くーっ!!名前だけはカッコイイ!!

というわけで、噛まれるとヤバいタイプの毒ダコですから、

もたもたせずに、

サッとネットから出して、手早く撮影したいと思います。

CIMG6674_convert_20180908093004.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
珍魚のしるし
CIMG6653_convert_20180908092709.jpg

外から窓がガラリと開き、

そこから顔を出したのは販売部Kさん。

「おい、また持ってきてくれとるぞ」

ハイ、すぐ行きます!!

カメラをつかんであわてて事務所を飛び出して、

市場へと回り込み、

水槽に浮かぶいくつかのカゴを確認する。

ボール、ボール、ボールはどこだ。

あった。

浮かべたボールが珍魚のしるし。

よし、コレだな。

CIMG6654_convert_20180908092744.jpg

というわけで、今回もですね、

漁師さんが持ってきてくださった、

「珍しい魚」を見てみることにいたしましょう!!

「いつものヤツや」(販売部Kさん談)

いつもの?

たしかに、カゴの中には魚の姿はなくってですね、

かわりにブルーのネットが沈んでいるだけなんですよね。

とりあえず、それをつかんで持ち上げてみますと、

ムムムムム。

コレってアレなんじゃない?

「いつものアレや」(販売部Kさん談)

続く。

CIMG6655_convert_20180908092804.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
アジを刺身で
CIMG6700_convert_20180911181206.jpg

さて、今回はその「アジ」

正確には「マアジ」

試食用にといただきましたので、

さっそく刺身にしてみたいと思います。

うん、海水氷でキンキンに冷やしてあったから、

鮮度はバッチリ。

頭を落として内臓を除去して3枚おろし。

あとは皮を指先でつまんでビビビと剥がすだけ。

ハイ、アジのお刺身完成でございまーす。

CIMG6703_convert_20180911181232.jpg

片身分を一切れとした贅沢なタイプ。

コレを刺身醤油でいただくわけですが、

今回は「わさび」でいくか「ショウガ」にするかで悩み中。

イワシは「ショウガ」で、アジは「わさび」的な気も致しますが、

ま、今回はあえてアジを「ショウガ」でいってみることにいたしましょう。

せーの、パクッ。

むーん!!!旨い!!!

アジ自体が美味しいのはもちろんだけど、

ショウガもかなりイイ。

爽やかな香りが、上品な味わいが、たまりません。

わさびもいいけど、たまにはショウガもアリですね。

アジのお刺身、オススメですよ。

CIMG6705_convert_20180911181249.jpg


農林水産業 ブログランキングへ