FC2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
貝柱
CIMG2033_convert_20190318181222.jpg

さて、タイラギの貝柱。

最後にもう片方の殻にくっついている部分を、

包丁を使って丁寧に削いでいけば、

こんな感じに貝柱だけをとりはずすことができるんですね。

今回はすでに開いた状態での作業ですので、

最初の殻の隙間から包丁を入れるのに比べると簡単。

あと、タイラギの殻はですね、

非常に薄くてもろい素材でできておりますので、

こんなふうに貝柱の切断面にですね、

殻の欠片が残ってくっついてしまう場合が多々あるのですが、

これは丁寧に取り除いておくこと。

CIMG2036_convert_20190318181242.jpg

そうしないと、食べるときに口の中をケガしちゃいますからね。

で、食べる前によく水洗い。

タイラギは海底に埋もれるようにして生息していることもあって、

貝柱の部分にも泥とか汚れとかがつきやすかったりいたします。

ですから、きれいになるまで入念に汚れを落とす。

よし、これだけ洗えば大丈夫ですかね。

ちなみに今回はタイラギを2個いただいたので、

カイバシラも2個あるんですよねぇ。

どうやって食べようかなぁ。

CIMG2039_convert_20190318181301.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
貝柱だけの状態に
CIMG2028_convert_20190318181052.jpg

さて、うまく開くことができましたこちらのタイラギ。

中はけっこうグチャッとしておりますが、

そのグチャグチャのほぼ中央に、

ドドンと鎮座しております立派なのが「貝柱」

ですから、あとは廃棄する部分となりますので、

ガバッと掴んで、そのまま持ち上げますとブチブチッ。

貝柱の部分だけ残して、

廃棄部分を一度に一度に取り除くことができるわけなんですね。

そうそう、取り除いた中に「ひも」の部分もございますので、

それを食べる場合には、

グチャグチャの中から選り分けてとっておくこと。

CIMG2029_convert_20190318181108.jpg

ちなみに、「ひも」の部分はですね、

適当なサイズに切りまして、

「バター焼き」とかで食べれば美味なんですよね。

さあ、あとは殻の方に残った貝柱ですが、

このままでは食べられませんので、

包丁を握りなおしてですね、

今度は殻にくっついた最後の部分、

この貝柱の底の部分を、

丁寧に切り剥がしていくことになるわけでございます。

CIMG2031_convert_20190318181154.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
カイバシラの切り取り作業
CIMG2019_convert_20190318180930.jpg

タイラギの中のカイバシラ。

カッチリと殻を閉じている場合は、

ほんの少しの隙間から包丁を差し込むことになるのですが、

今回は結構開きがございますので、

目標物を目視しながら作業できるんですよね。

ちなみに包丁は厚みのあるものよりも、

殻の内側の曲線に対して有効に使える、

しなりのある薄めのペラペラタイプがオススメ。

刃先を使って貝柱と殻のくっついている部分をスッスッ。

CIMG2020_convert_20190318180945.jpg

殻の内側に包丁をそわせながら、

出来るだけギリギリのところを狙って、

慎重に少しずつ切り進めてまいりますと、

パンパカパーン!!

ハイ、この通り。

パカリと開いたタイラギの中身がコチラ。

そして反対側の殻にうっすらと残っているのが、

貝柱を切り取った「跡」ですね。

よし。

今回は無駄な切り残しもなく、上手にできた気がします。

CIMG2023_convert_20190318181020.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
タイラギ貝の開き方
CIMG2013_convert_20190318180837.jpg

というわけで、漁師さんからいただいた「タイラギ」

タイラギの食用とする部分はですね、

一般的に「貝柱」のところだけなんですよね。

ま、ヒモの部分を食べないこともないのですが、

通常食べるのは「貝柱」の部分のみ。

ですから、貝のままの姿で市場に並ぶことはほぼなく、

漁師さんがキチンと「貝柱」だけの状態にまでして、

持ってきてくれるため、「タイラギ」じゃなくって、

単に「カイバシラ」と呼ばれる場合もあるんですよね。

CIMG2014_convert_20190318180856.jpg

「カイバシラ」を取り出すためには、

貝を開いてやる必要があるのですが、

何も考えずに殻の隙間から包丁を入れてスパッとやっちゃダメ。

ホラホラ。

貝の隙間から中を覗き込むと見えるでしょ。

ほぼ中央にドドンとあるのが「カイバシラ」

これをできるだけ傷つけぬように、

殻とくっついている貝柱のギリギリの部分を、

包丁の刃先を使って切り剥がしていく必要があるんですよね。

CIMG2017_convert_20190318180913.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
タチガイは海でどのように
CIMG2007_convert_20190318180718.jpg

漁師さんからいただいちゃいました。

引田漁協魚市場より「タイラギ」

海底に突き刺さるようにして立っていることから、

こちらでは「タチガイ」なんて呼ばれたりもいたします。

どのように立っているのかと申しますと、

このトンガリのほうを下にしてザクリと、

いや「ザクリ」というよりは「ザックリ」と、

貝全体が埋もれてしまうほどにどっぷりと深く、

突き刺さるようにして立っているわけなんですね。

CIMG2008_convert_20190318180736.jpg

ワタクシ過去に一度だけ、

その様子を見たことがございまして、

そのときは浅い場所だったのですが、

海底からちょっとだけ貝の部分が見えていたんですよね。

漁師さんが教えてくれたから分かったんだけど、

アレは教えてもらわなきゃ絶対に分からない。

そうだ。

ちょうど市場の台がここにありますので、

コレを海底に見立てて、

そのときの様子を再現いたしますと、こんな感じ。

そう、ほぼズッポリなんですよね。

CIMG2009_convert_20190318180820.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
メジナ
CIMG1901_convert_20190316080951.jpg

引田漁協魚市場より「クロベ」

標準和名 メジナ

「グレ」と呼ぶ地域もございます。

磯臭い個体もいるそうですが、

ワタクシまだそういうのは食べたことないんですよね。

といいましても、

この「メジナ」が引田の市場に並ぶ機会は、

それほど多くないので、

食べる機会自体がほとんどないんですけどね。

しかし、これまでに何度か食べた「メジナ」はすべて美味でした。

そして冬のメジナは特に美味しいんですよね。

刺身にしても美味しいし、

煮付けもまた格別なんですよねぇ。

他の魚とはまた違った独特の食感で、

口の中で身がホロホロっとやさしく崩れていく、

あの感じが個人的には好きだなぁ。

ちなみに「メジナ」はですね、

釣りの対象魚としても人気が高いんですよね。

CIMG1900_convert_20190316080932.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
大ヒラメ
CIMG1978_convert_20190316080828.jpg

というわけで、市場で見つけた大ヒラメ。

ヒラメの一般的なサイズがよくわからないので、

何とも言えない部分はございますが、

ここ香川県東かがわ市引田では、

めったに見られぬ巨大なサイズ。

計量してみると約5キロ。

「買うたらええわ」

とか言ってくれるのですが、

大きければ確実に価格の方も高くなってまいりますので、

今回は購入断念。

しかし、このサイズだと、

刺身で何人前とれるんだろう。

他にもいろんな料理で食べられそうですよね。

ちなみに、この大ヒラメ。

大きすぎて、市場のカゴに入りきらず、

尾ビレが完全に出ちゃってるんですよねぇ。

CIMG1982_convert_20190316080850.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
おさかなさがし
CIMG1973_convert_20190316080748.jpg

お昼の市場。

ただいま荷受けの真っ最中。

なにか珍しいのはいないかぁ。

ブログで紹介できそうな魚はいないか、

市場にならんだお魚を1箱ずつチェックしていくも、

ゲタ、ゲタ、ゲタ、ゲタ、ゲタ、ゲタ、ゲタ、

ゲタ、ゲタ、ゲタ、ゲタ、ゲタ、ゲタ、ガンザ

ゲタ、ゲタ、ゲタ、ゲタ、ゲタ、ゲタ、ゲタ、

ゲタ、ゲタ、ゲタ、ゲタ、ゲタ、
ガンザゲタ

いつもの顔ぶればかりで、

目新しいのがまったくいない。

CIMG1878_convert_20190316083706.jpg

ゲタはこのあいだ、イヤというほど紹介したし、

ガンザもそれ以上にやった気がする。

どこかに、珍しいのとか、

珍しくなくともびっくりするくらい大きいのとか、

そんなのが見つからないかなぁ。

と、思っていたら、

ちょ、ちょ、ちょっと、ちょっと。

それ、ちょっとすごく大きくないですかソレ。

このタイミングで、

イイ感じの大物を発見しましたよ。

CIMG1974_convert_20190316080803.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
クルマエビの味わいを
CIMG1668_convert_20190129163425.jpg

というわけで、市場のストーブの上で焼いた、

アツアツの「クルマエビ」をもらっちゃいましたので、

せっかくのこの機会、

ワタクシ勇気を出して食べてみたいと思います。

まずは頭のトゲのところをつまんで、

ストーブの上からお皿に移す。

そんでもって頭部の殻をパカリとむき上げ、

頭の味噌のトコロにガブリと食らいつく。

むぅぅぅぅうぅぅぅうううううぅううう。

濃厚ッ!!

旨味が濃いッ!!深くて濃いッ!!

CIMG1671_convert_20190129163453.jpg

これはたまらぬ。

味噌の旨味が深みが広がる。

で、身の方はといいますとこちらもですね、

みずみずしい弾力と、

ギュッとつまったやわらかな繊維質。

「焼き」だから、香ばしさもプラスされて、

なにより旨味がそのまま逃げてないんですね。

これは美味しい。

さすがは「クルマエビ」

高いだけのコトはある。

鮮度に難アリのものですらこんなに美味しいんだから、

「活き」のいいヤツならさらに美味しいコト間違いなし。

少々値が張りますが、それだけの価値はありますよ。

CIMG1676_convert_20190129163628.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
クルマエビ
CIMG1432_convert_20190312182357.jpg

引田漁協魚市場より「クルマエビ」

他のコエビなんかとは違って、

活かしたまま扱われるんですよね。

高級食材ですから気軽に購入するのはちょっと無理。

残念ながら試食の機会もございません。

「これ食べてみるか?」(販売部Kさん談)

えっ?

見ると販売部Kさんの手には1匹のクルマエビが。

聞けば、活かしておいたものが水槽の中で死んでしまったそうで、

鮮度的にちょっと問題アリだけれども、

それを承知でなら試食してみてもいいとのこと。

CIMG1663_convert_20190129163324.jpg

そのまま待合室のストーブの上にポイッ。

イイ感じに焼き上がっていくわけですが・・・どうなんだろう。

A料理長が返り討ちにあったのは記憶に新しいし、⇒【そのときの話】

しかし、もうすでにいい香りが充満してきているし、

かといってやっぱり中るのは怖いし。

でもなぁ。

クルマエビなんて高級過ぎて、

食べる機会もそうはないだろうし。

あああああ、どうしよう。

「焼けたぞ」(販売部Kさん談)

うーん、せっかくの機会だし、食べてみようかなぁ。

CIMG1665_convert_20190129163346.jpg


農林水産業 ブログランキングへそのときの話