FC2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
イシガキダイ
CIMG0280_convert_20181026174036_201812221632427c2.jpg

こちらの魚は「イシガキダイ」

全身にちりばめられたツブツブ模様が特徴のお魚でございます。

さらに大きく成長すると、

また体の色や模様が変わってきたりするのですが、

そのあたりには深く触れずにまいりたいと思います。

ちなみに「イシガキダイ」って、高級魚なんですよね。

しかも今回のは「養殖モノ」だから、

安全性もバッチリだし、脂のノリも保証されてる。

ただ、そんな上物が簡単に手に入るわけはなくってですね、

「3枚におろしといてくれよ」

ハイ、喜んで!!

というわけで、3枚おろしにするという条件で、

4分の1ほど試食させてもらえるという、

そんな取引が成立したわけなんですね。

それでは「イシガキダイ」の試食のために、

ササッとさばいてまいりましょうか。

CIMG0281_convert_20181026174047_20181222163243537.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
シャコを塩ゆで
CIMG1393_convert_20190115172742.jpg

というわけで貴重なシャコを塩ゆでに。

もわっと。

湯気が立ちのぼるアツアツ状態。

このタイミングで食べるのがいいんですよね。

胴体の付け根のところでブチッ。

そのまま胸部のエキスなんかをちゅうちゅう吸ってみたりして。

うん、いい塩加減。

で、ここからは胴体の皮?甲羅?の部分をむいていくわけですが、

かなり頑丈で、トゲなんかもございますので、

ケガをせぬよう注意しながら慎重にまいります。

CIMG1397_convert_20190115172758.jpg

よっし、よっし、よっしと。

尻尾の先は残しておいて、

胴体を覆う頑丈な殻をむき終えたら、

いよいよムシャブリついてまいりましょう。

ちなみに腹側の部分の殻はむきにくいのでそのまんま。

背中側だけをムシャブる感じで食べてまいります。

くぅーッ。

エビよりもカニに近い感じかな。

とにかく美味い、そして旨味が濃い深い。

シャコは旨味が超濃厚。

これは最高。

現在では貴重なシャコ。

機会がございましたらぜひ味わってみてくださいね。

CIMG1399_convert_20190115172815.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
シャコ
CIMG1387_convert_20190115172723.jpg

引田漁協魚市場より「シャコ」

「シャコエビ」とか、「シャク」なんて呼ばれたりもいたします。

このシャコですが、その昔は大量に獲れていたそうですが、

年々漁獲量が減少している感じでですね、

近年ではまさに「幻のシャコ」となってきた感がございます。

市場ではほとんどまとまって見かけない。

今回の「シャコ」もですね、

漁師さんが少しずつ獲れたものをためてためて、

ためにためたものだと聞いております。

貴重なシャコ。

せっかくですから、塩ゆでにして、

存分に味わってまいりたいと思います。

そうそう、ちなみにですね、

シャコの腕はカマキリと同じ「カマ」になっているんですよね。

ただし、その向きはカマキリとは逆で、

下から上にザシュッといく感じ。

さらに先端は鋭くとがっておりますので、

元気な時には気を付けないと、

コレでザクッと刺されたりして危険なんですよねぇ。


農林水産業 ブログランキングへ
もっと美味しく食べたいならば
CIMG1471_convert_20190117153654.jpg

軽く炙ってそのまま食べる。

素材の味をそのままいただくシンプルな食べ方で、

海苔の繊細な風味も、奥深い味わいも存分に楽しんだ。

という方にオススメの食べ方がコレ。

もう一歩踏み込んで、

「醤油マヨ」もしくは「マヨネーズ醤油」

これ最強。

軽く炙った「海苔」を適当なサイズに破りそろえます。

そう、手でビリバリ破いて、サイズを揃える。

CIMG1475_convert_20190117153708.jpg

これを「マヨネーズ醤油」にチョイチョイと付けながら、

バリバリと食べるだけ。

これがもうたまらない。

そして当然のように止まらない。

食べ終えるチャンスは目の前から海苔が消えたとき、

もしくは「醤油マヨ」が尽きたときだけ。

なくなった「醤油マヨ」を新たに追加したり、

新たな海苔を炙ってみたりしてタイミングを逃すと、

いつまでたってもバリバリパリパリ。

永遠に食べ続けることになるのでご注意を。

ホント海苔って美味しいなぁと思える食べ方ですね。

CIMG1479_convert_20190117153744.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
海苔を食べよう
CIMG1462_convert_20190117153558.jpg

今回は数ある海苔料理の中でも、

ぜひ試してほしい「食べ方」をご紹介させていただきますね。

それはどんな食べ方かといいますと、

いたってシンプル。

「普通にあぶってすぐ食べる」

これ最強。

シンプルな食べ方のほうが、

より素材の味を楽しめるんですよね。

というわけで「乾海苔」を火であぶります。

CIMG1463_convert_20190117153612.jpg

あぶり過ぎは厳禁ですよ。

サッ、サッ、サッと。

軽く軽ぅーくあぶるだけ。

そうしますと、黒っぽく見えていた色が、

鮮やかな「緑」へと変化してまいります。

この時点ですでにイイ香り。

あとはそのまま食べるだけ。

口の中に入れてみますと、

じんわり広がる奥深い味わいと、

その風味、この香り。

素材の味をそのまま楽しめるオススメの食べ方でございます。

CIMG1466_convert_20190117153629.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
海苔の食べ方
CIMG1460_convert_20190117153540.jpg

海苔の出荷の様子を前回ご紹介させていただきましたが、

よく考えてみると、

写っているのは海苔が入った段ボール箱ばかりで、

肝心の「海苔」が1枚も写っていないんですよね。

というわけで、今回はその箱の中身。

「海苔」

正確には「乾海苔」ですかね。

そう、「味つけ海苔」じゃない、普通の海苔。

この「海苔」の食べ方としましては、

巻き寿司とか、手巻き寿司とか、おにぎりとか、

いろいろありますよね。

あとは「おもち」に巻いてもいいし、

あえて「佃煮」にしてみるって手もある。

もちろん、栄養タップリだし、

体にもいいに決まってる。

いろんな料理に使えて便利な「乾海苔」

せっかくですので皆様。

ぜひバリバリ食べてみてくださいね。


農林水産業 ブログランキングへ
海苔の出荷も
CIMG1415_convert_20190116163002.jpg

今回は海苔の出荷でございます。

各生産者の工場へトラックで回り、

そこで乾のりが詰まったダンボールを集荷するわけなんですね。

そして今度は出荷用のトラックに積み替えていく。

えっしょ、うっしょ。

えっしょ、うっしょ。

コロコロローラーを使って箱を荷台へ。

それを受け取ったB料理長は、

ものすごいパワーで、

一気に箱を積み重ねてまいります。

1、2、3、4、5段目まで。

ギッシリ、キッチリ積み上げて、

落とさぬようにロープで固定。

この作業を何度も繰り返しておりますと、

息が上がってまいりまして、

どんなに寒い日だって、

汗が滲んでまいります。

で、翌日あたりから全身が筋肉痛になってくるんですよねぇ。

CIMG1422_convert_20190115172638.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
年を越えての当選品
CIMG1430_convert_20190115172922.jpg

今回は平成30年度ひけた鰤オーナー特典、

「市場のお魚が当たるお楽しみ抽選会」

第4回目の当選者の方にお送りする当選品をご用意いたします。

天候を心配していたのですが、

意外と魚も多くて、

ご希望の日にお届けできそうでなにより。

で、今回ワタクシが目を付けたのがコレなんです。

「ウマヅラハギ」

刺身でいっても、煮付けにしても、美味しいお魚。

味噌汁に入れても美味とか、

鍋にするといいとかも聞いたことありますよ。

CIMG1434_convert_20190115172952.jpg

サイズの方は特大とはまいりませんでしたが、

そのぶん数で補うコトにいたしまして、よし。

これだけあればいろんな料理で楽しめそうでしょ。

あとはこの上に、カレイを追加。

トントントントン、と4尾ほど乗っけて完成。

こちらも、煮付けとか、唐揚げとか、

美味しいんじゃないかなぁ。

というわけで、こちらが今回お送りする当選品。

ぜひ、楽しくお召し上がりくださいね。

CIMG1436_convert_20190115173014.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ナマコとか
CIMG1207_convert_20190109175211.jpg

このお正月にひさしぶりに「ナマコ」を食べたんですけど、

なかなかに美味しかったんですよねぇ。

薄切りにしたナマコを、

大根おろしとポン酢でいただく。

うん。

他の食べ物でこの感覚は味わえない。

コリコリの食感と、

ナマコならではのキシキシとした歯応え。

砂糖、みりん、七味などで味に変化をつけてもいいし、

「ゆずポン」とか柑橘系のものが合うんですよね。

そうそう。

ナマコといえば、引田には古くから伝わる、

「ナマコのぼたもち」なるものがあるのですが、

これが珍味中の珍味。

美味しいか美味しくないかは別にして、

よくぞこんなものを思いついたなってくらい、

突き抜けた発想のメニューなんですよね。

好んで食べている人は現在ではいないと思うのですが、

昔ながらの伝統料理「ナマコのぼたもち」

後世へと引き継いでゆくのも、

我らの役目であるのかもしれませんね。


農林水産業 ブログランキングへ
ひけた鰤を照り焼きに
CIMG1018_convert_20190109175325.jpg

フライパンで作る簡単照り焼き。

まずは切り身をフライパンで焼きまして、

両面が焼けたところで、

醤油、砂糖、みりん、酒等で味付けしてまいります。

照りがでてくるまで煮詰めていくと、

ハイ、出来上がり。

「ひけた鰤の簡単照り焼き」

片栗粉を薄くまぶしてから焼くと、

味がよくからんで、タレにとろみも出るのですが、

片栗粉ナシのそのまま焼きでも大丈夫。

甘辛い味付けで、

これがたまらなく美味しいんですよねぇ。

刺身もいいけど、ブリしゃぶも。

そしてブリしゃぶもいいけど「照り焼き」も。

ぜひ、いろんな食べ方で楽しんでみてくださいね。

CIMG1023_convert_20190109175337.jpg


農林水産業 ブログランキングへ