引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
ボラのイメージ
CIMG8805_convert_20170224163927.jpg

突然ですが皆様。

「ボラ」に対して、どういったイメージをお持ちでしょうか。

「安い、臭い、寒ボラは美味い」(A料理長談)

ちなみにワタクシも、同じような感じ。

安いけれど、それほど美味しくない、

実際に食べて不味かったというわけではないのですが、

どうしてもそういったイメージになっちゃう感じ。

ただ、魚類の養殖が始まるまでは、

どうしてもお魚の安定した供給ができず、

そういった状況のなかでは、

ボラの価値は高かった、と聞いております。

大人数での会食などで刺身が必要になった場合、

現在ならば養殖ブリなどを利用しますが、

当時はそういうわけにもいかず、

刺身にできて、

1尾でそれなりに量が取れる「ボラ」は、

料理屋さんに重宝されたとか。

そうそう、そういえば、その昔は、

引田でも「ボラ漁」が盛んだった、

なんて話も聞いたことがありますよ。

続く。


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
危険な魚
CIMG8796_convert_20170227164749.jpg

例のハモを撮影しておりましたところ、

「これも撮っとけ」

と、漁師さんがポイッと投げてくれたのがコチラのお魚。

食べられないことはないみたいですが、

とくに市場に並ぶことのないお魚でございまして、

その名も「ヒメオコゼ」

「オコゼ」の名が付いていることからもわかるように、

こう見えて、

危険な背ビレをもっているんですよねぇ。

詳しいことは分かりませんが、

オニオコゼほどではないにせよ、

ちょっとした毒をもっていて、

この背ビレのトゲで刺されると痛むんですって。

というわけで皆様、

こういうお魚を見かけたときはですね、

けっして素手で触ったりせず、

充分注意して、

遠くから見守るだけにしておくことをオススメいたします。

CIMG8793_convert_20170227164820.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
生きる力
CIMG8769_convert_20170224163529.jpg

というわけで、謎のお魚の正体ですが、

コレって・・・・アレですよねぇ。

顔の形状こそ違いますが、

体形、体色、目の感じ、

そして下あごの感じで分かりますよね。

そう、こう見えて「ハモ」なんです。

ちなみに通常はこんな感じ。 → 【ハモ】

そして、コチラのハモは、

先天的なものか、後天的なものか分かりませんが、

なんらかの事情で上顎がなくなっているんですよね。

ただ、どちらにせよ目立った傷口がないことから、

長い期間この状態で生きてきたことは明らかなんですよね。

CIMG8770_convert_20170224163611.jpg

ハモの一番の武器といえば鋭くて強靭なキバ。

それを使って小魚などの獲物を捕らえるわけですが、

上顎がないということは、

嚙み合わせることができないわけで、

獲物を捕らえるのが非常に困難なことになるハズ。

なのに、この下顎だけのハモは、

極端に痩せてもいないし、むしろ大きく成長している。

ということは、充分にエサを食べていることになるわけで、

どうやって獲物を捕らえていたのか、

噛みつきもせず、丸のみだけでやってこれたのか、

そのあたりよく分かりませんが、

その「生きる力」には驚かされるばかりでございます。

CIMG8777_convert_20170224163556.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
謎の魚を
CIMG8758_convert_20170224163420.jpg

販売部Kさんに呼び出され市場へと。

「写真とっとけ」

ということで、多くは語らずとも、

かなり珍しい何かがそこにあるのは確実。

そして市場のスミでは、

なにやら作業をしている漁師さんたちの姿が。

カメラを構えて近づいてまいりますと、

魚の選別作業をしているところなんですね。

しかしながら、その手元を見ましても、

アジ、アジ、アジ、アジ、アジばっかり。

とくに珍しいのは見当たらず。

CIMG8761_convert_20170224163449.jpg

「こっちや、コレ、コレ」

販売部Kさんの声に振り返りますと、

カゴの中に、たしかに何かが入ってる。

「お前、こんなん見たことあるか?」

ワクワクドキドキでのぞき込んでみますと、

そこには見たことのない顔をしたお魚が・・・・。

何コレ?

「新種や」(販売部Kさん談)

いや、ちょっと待ってくださいよ。

この体形、色、目の感じ、

どこかで見たことがある感じがしますよ。

続く。

CIMG8768bk_convert_20170310165901.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ニベおやじの向こう側
CIMG8532_convert_20170208164025.jpg

ちなみに、この「ニベおやじ」という言葉はですね、

その仲買人さんがいつものようにニベを競り落としたときに、

「〇〇さんはホンマにニベおやじやなぁ」

と、声をかけたりするのが正しい使い方なんですって。

でも、他の仲買人さんより高い値を提示してでも、

「ニベ」を競り落としたいということは・・・・。

「ニベの売り先を持っとるということや」(専務談)

・・・・確かに。

そうなると「ニベおやじ(仲買人さん)」の向こうには、

人気や他人の評価に左右されず、

ニベの美味しさに気づいている真の「ニベおやじ」こと、

ニベ好きの消費者がいるということになるわけで・・・。

そうなってくると、

やはりホントに美味しいかどうか、

市場でのニベの評価と味がつり合っているのかどうか、

実際に食べて判断するしかないようですね。


農林水産業 ブログランキングへ