引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
この機に動画を
CIMG2752_convert_20180424173428.jpg

というわけで、今回はですね、

東かがわ市にございます「安戸池」の体験学習館「マーレリッコ」

こちらのエサやり体験用のイケスに、

ハマチを搬入する作業をご紹介させていただいております。

ワタクシ、ハマチの運び込み担当から、

急遽、数読み担当へとポジションチェンジいたしましたので、

この機に動画も撮影しちゃいますね。

㈱ソルトレイクひけたの方々と力を合わせて、

B料理長もここぞとばかりにその怪力を披露する。

運び入れたハマチを玉網ですくい上げ、

えっさほいさと数歩ばかり移動しまして、

マーレリッコのイケスの中へと移し入れてまいります。



10尾ごとに「はい」と合図が送られ、

そのたびにワタクシがカチカチのカウンターを1回押す。

こうしてイケスに入れたハマチの数を正確に数えながら、

予定の尾数が入り切るまで、

作業は続けられるわけでございます。

バチャバチャバチャバチャ。

「はい」カチッ。

「はい」カチッ。

こんな感じで、体験学習館マーレリッコの、

エサやり体験用のハマチも入荷済み。

安戸池を訪れる機会がございましたら、

ぜひマーレリッコにも足をお運びくださいね。

CIMG2763_convert_20180424173449.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
殻むき動画
CIMG2506_convert_20180401111034.jpg

トリガイの殻割り作業をしておりますと、

途中から販売部Kさんが手伝ってくださることに。

そうだ。

これならいける。

このトリガイの殻むきの様子を撮影しようにも、

作業中は両手がふさがっちゃうから、

どうしたものかと考えていたところなんですよね。

でも、これだとホラ。

販売部Kさんの殻むきの様子を、

ワタクシが撮影することで、

その様子を皆様にお伝えすることができる。

というわけで、カメラを動画モードにしてON!!



いかがですか?

どうですか?

これでトリガイの殻のぺキパキ感といいますか、

その薄さ、脆さ、軽さが伝わったんじゃないでしょうか。

とにかくこんな感じでぺキパキと。

パリパリパキパキ、テキパキと。

漁師さんからいただいたすべてのトリガイを、

二人がかりで中身だけの状態にしてまいりまして、

さあ、あとは食べるだけかといいますと、

実はもうひとつ工程がございまして、

今度は内臓的な部分を除去していかなくちゃならないんですよね。

CIMG2505_convert_20180401111021.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
コチ
CIMG2499_convert_20180329192833.jpg

引田漁協魚市場より「コチ」

白身であっさりしておりまして、

刺身、煮付け、てんぷら、お汁、

などでいただくと美味なんですよね。

ま、コチといいましても、

実際にはいろいろ種類がございまして、

このカゴの中に入っているのは「マゴチ」と「ヨシノゴチ」あたりかな。

両者の違いは模様。

マゴチが不鮮明なもやもや模様になのに対して、

ヨシノゴチはハッキリとしたツブツブ模様。

食べ比べたことはないのですが、

漁師さんの話によると、

やっぱりマゴチのほうが美味しいんですって。

そうそう、コチの頭部の両脇には、

鋭いトゲがございますので、

触ったりするときには充分な注意が必要ですよ。

そして今回は動画もご用意しておりますので、

お時間がございましたら、

コチラも↓ぜひチェックしてみてくださいね。





農林水産業 ブログランキングへ
そして刺身に
CIMG5208_convert_20180210121620.jpg

というわけで、成り行きで購入することになりましたゲタ。

漁師さんに教わったとおり、

今回は刺身にしてみようと思います。

さて、皮むきの処理を終えて、

いよいよここから刺身にしてまいります。

通常の魚の3枚おろしじゃなくって、

ゲタの体形を考えると、

ヒラメをさばく感じで、

いわゆる「5枚おろし」的なやり方でいくのかな。

漁師さんのアドバイスでは、

身の厚い背中側を刺身にして、

身の薄い腹側のほうは、

煮付けなりカラアゲにするなりして食べればよいとのこと。

そういうわけで、

背中側の身のみをお刺身に。

よっ、よっ、よっと。

サッサッサッと。

はい、出来た。

せっかくの機会ですので、

今回も動画で撮影いたしました。

もしよろしければ、

チェックしてみてくださいね。




農林水産業 ブログランキングへ
ゲタの皮むき
CIMG5209_convert_20180202180454.jpg

というわけで、成り行きで購入することになりましたゲタ。

漁師さんに教わったとおり、

今回は刺身にしてみようと思うのですが、その前に。

まずはウロコとりから皮むき作業。

腹側のウロコを包丁でゾリゾリ剥がして、

皮一枚を残して頭部を切る。

そしてそのまま頭部を持ち手にして、

繋げておいた皮を一気に引き剥がす。

この一連の動作をですね、

せっかくの機会ですので、

今回、動画でご用意いたしました。

少々、皮むき時に手間取ってしまっておりますが、

とりあえずはこんな感じで、

ちょっぴり強引にやったほうが上手くいくんですよね。

もしよろしければ、

チェックしてみてくださいね。




農林水産業 ブログランキングへ