引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
ハモの骨切り
CIMG0939_convert_20170710170421.jpg

ハモをさばいていただいて、

さらには骨切りまでしてもらう。

㈱ソルトレイクひけたのM車さんの手にかかれば、

すべてがあっという間。

難易度の高いハモの骨切りも、

ゴリッ、ゴリッとリズミカルに。

これまでにさばいた「ハモ」は数知れず。

腕が上がらなくなるまで、

「骨切り」を続けたこともあるんですって。

ゴリッ、ゴリッ、ゴリッ、ゴリッ。

端から端まで。

一定の間隔を保ちながら、

小骨をバリバリ切断してまいります。

「ハイ、出来た」

アリガトーゴザイーマース。

これで、安心して食べることができます。

ちなみに、美味しいハモの食べ方ってありますか?

「お吸い物」(M車さん談)

ぜひ、チャレンジしてみたいと思います。

最後になりましたが、今回の「骨切り」作業の様子を、

動画で撮影させていただきましたので、

ぜひ、チェックしてみてくださいね。




農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
タコの放流動画
CIMG0654_convert_20170615180623.jpg

船は速度を落としたまま移動中。

活け間から引っ張り上げたタコを、

ネットから出し放流作業を続ける漁師さんたち。

その様子を撮影するのはワタクシの仕事。

「場所が特定できるように、島とかもいっしょに写しといて」

A料理長に言われたことを思い出しながら、

パシャパシャパシャパシャ。

船からドンドンと放たれるタコたちは、

8本の足を大きく開いて海の中へと姿を消してまいります。

CIMG0611_convert_20170615180446.jpg

このタコたちが子を産み、

そして引田の海がタコでいっぱいになりますように。

できればタコだらけになりますように。

もっと言えばタコまみれになりますように。

そう願いながらすべてのタコを放流しまして、今回の任務完了。

最後にですね、

この「タコの放流」の様子を動画で撮影してまいりましたので、

もし時間がございましたら、

こちらのほうもチェックしてみてくださいね。




農林水産業 ブログランキングへ
アルミでもなく
CIMG0194_convert_20170606174209.jpg

というわけで、前回紹介させていただきましたのは、

「白いタコ」

ワタクシの聞き間違いで、

頭がアルミのタコではなく、

頭がアルビノのタコだったんですね。

でも、よーく考えてみますと、

アルビノだと、全身が真っ白であるはずだと思うんですけど、

このタコ、白じゃない部分もありますよね。

うーん?

よく見てみると白い部分は、

皮がないだけじゃないですか?

「ホンマや皮がむけとんや」(販売部Kさん談)

しかしながら、ケガをしている感じでもなく、

こういう状態が普通であるかのように落ち着いてますよ。

何が原因かは分かりませんが、

おそらくこの一部皮なし状態で、

長期間生活していた感じはしますよね。

なぜこのような状態になったのか?

そして、皮がはがれた状態でも、

普通に生きていくことができるものなのか?

謎多きタコでございますので、

研究対象としてしかるべき機関に持ち込んでみるというのも、

アリかもしれませんね。

そして翌日。

「あのタコ、皮がなかったけんヌメリがとりやすかった」(B料理長談)

・・・・・・・。

食ったんですか?

「普通に美味かったぞ」(B料理長談)

食ったんですね。

とりあえず、生前の姿を動画でどうぞ。




農林水産業 ブログランキングへ
クリオミ動画
CIMG9762_convert_20170421075859.jpg

安戸池の水門近くで見つけた「クリオミ(仮名)」

ちなみに「クリオミ」の名付け親はA料理長。→【クリオミ発言】

この謎のヒラヒラ生物の正体を知っているという漁師さんの登場で、

ついに「クリオミ」の本当の名前が明かされるか、

といった展開になったわけではありますが、

「アレや、あの、アレやアレ」

はい。

「アレやアレ、ええと、出てこん、アレや、出てこん」

・・・・・・・。

「いかん、忘れた」(漁師さん談)

まさかのど忘れで、当分は「仮名:クリオメ」のままになりそう。

「よし、捕まえてやる」(漁師さん談)

ええっ!いいんですか!

「もうちょっと寄ってきたらの」

お願いしますッ!

「来よるか?」

いやぁ。

「どんなぞ?」

むしろ遠ざかって行ってるような・・・。

「いかんのォ」

動かなくなりましたよ。

「ほんまやな」

沈んでしまいましたね。

「いかんのォ」

というわけで、名前も分からず、捕獲も断念。

とりあえず、今回はその動画を撮影してまいりましたので、

もし時間がございましたら、チラ見してみてくださいね。




農林水産業 ブログランキングへ
捕獲動画
CIMG3292_convert_20160413155515.jpg

さてさて、それではまいりましょう。

せっかくの機会ですので、

海中の「アメフラシ」をですね捕獲してみたいと思います。

すぐそこに見えてはいるのですが、

さすがに手では届かないので、

あたりで見つけた折れた木の枝を使って、

オイ、オイ、オイッと。

思ったより距離がありましたが、

腕をいっぱいに伸ばして、ういぃぃぃっと。

CIMG3294_convert_20160413155532.jpg

枝の先でなんとか体を引っ掛けるとあとは簡単。

アメフラシは素早く動けませんので、

この状態からササッと逃げられることはございません。

そのまま、すすーっと近くに寄せてきて、

あとはガバッと手づかみでOK。

不安定な足場に加え、

撮影しながら片手での作業になりますので、

少々、必死感が伝わっちゃうかもしれませんが、、

とりあえずはこちらがその捕獲動画でございます。

ぜひご覧くださいね。




農林水産業 ブログランキングへ