FC2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
ダブルを楽しむ
CIMG2095_convert_20190325161151.jpg

ワーサン亭の「刺身ダブル盛り定食」

それでは、そのお刺身から食べてまいりたいと思います。

せーの、パクッ。

うん、うん、うおッ。

この歯応え、この弾力。

鮮度抜群の刺身ですね。

養殖モノだから脂のノリも文句なし。

血抜き処理もバッチリだから、

臭みもまったく感じませんね。

CIMG2098_convert_20190325161239.jpg

ブリ(ハマチ)の刺身はやっぱり旨い。

そして、なんといってもこの鮮度。

ワサビをちょいと、お醤油をつけて。

次から次へと刺身を口の中へと放り込む。

これは旨いや、美味しいや。

ダブルだから食べ応えも充分。

刺身が美味しい「ワーサン亭」

機会があればぜひ訪れてみてくださいね。

※ワーサン亭の詳しい情報はコチラから → 『㈱ソルトレイクひけた』

CIMG2101_convert_20190325161259.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
刺身定食ダブルを希望
CIMG2090_convert_20190325161128.jpg

こちらは香川県東かがわ市引田の安戸池のほとりにございます、

「ワーサン亭」

最終的に決めたのはコレ。

「刺身ダブル盛り定食」

なんてったって「ダブル」ですからね「ダブル」

お刺身が通常の倍の量。

使用しているハマチは養殖モノ。

毎年11月~12月の出荷時期であれば、

刺身定食で「ひけた鰤」を食べられるのですが、

残念ながらただいまシーズンオフですので、

「ひけた鰤」を食べることは出来ません。

しかし、がっかりすることはございません。

養殖モノのレベルは総じて高い。

産地にかかわらず養殖ブリ(ハマチ)にハズレなし。

ご覧くださいこの鮮度。

血合の色が美しい薄ピンクでしょ。

身の色だって美しい。

これが鮮度の証であり、

完全に血抜き処理がなされている証拠。

それでは「ダブル」を味わってみることにいたしましょうか。

CIMG2092_convert_20190325161203.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ワーサン亭へ
CIMG2085_convert_20190325161050.jpg

おすすめ昼定食のメニューを前に、

どれにしようかかなり本気で考え中。

ハマチ刺身定食もアリ。

ハマチ丼定食も捨てがたい。

ハマチミニ丼セットもいい。

ハマチカツ定食も候補のひとつ。

うーん。

むーん。

ちなみに今回お邪魔しておりますのは、

香川県東かがわ市引田にございます、

「ハマチ養殖発祥の地」として名高い「安戸池(あどいけ)」

その壮大な景色をガラス越しに眺めながら、

ワタクシ、ワーサン亭にて、

メニューを前に真剣に考え中。

ハマチ刺身定食もアリ。

ハマチ丼定食も捨てがたい。

ハマチミニ丼セットもいい。

ハマチカツ定食も候補のひとつ。

うーん。

むーん。

刺身ダブル盛り定食もありだな。

CIMG2086_convert_20190325161106.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
クルマエビの味わいを
CIMG1668_convert_20190129163425.jpg

というわけで、市場のストーブの上で焼いた、

アツアツの「クルマエビ」をもらっちゃいましたので、

せっかくのこの機会、

ワタクシ勇気を出して食べてみたいと思います。

まずは頭のトゲのところをつまんで、

ストーブの上からお皿に移す。

そんでもって頭部の殻をパカリとむき上げ、

頭の味噌のトコロにガブリと食らいつく。

むぅぅぅぅうぅぅぅうううううぅううう。

濃厚ッ!!

旨味が濃いッ!!深くて濃いッ!!

CIMG1671_convert_20190129163453.jpg

これはたまらぬ。

味噌の旨味が深みが広がる。

で、身の方はといいますとこちらもですね、

みずみずしい弾力と、

ギュッとつまったやわらかな繊維質。

「焼き」だから、香ばしさもプラスされて、

なにより旨味がそのまま逃げてないんですね。

これは美味しい。

さすがは「クルマエビ」

高いだけのコトはある。

鮮度に難アリのものですらこんなに美味しいんだから、

「活き」のいいヤツならさらに美味しいコト間違いなし。

少々値が張りますが、それだけの価値はありますよ。

CIMG1676_convert_20190129163628.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
海苔の出荷も
CIMG1415_convert_20190116163002.jpg

今回は海苔の出荷でございます。

各生産者の工場へトラックで回り、

そこで乾のりが詰まったダンボールを集荷するわけなんですね。

そして今度は出荷用のトラックに積み替えていく。

えっしょ、うっしょ。

えっしょ、うっしょ。

コロコロローラーを使って箱を荷台へ。

それを受け取ったB料理長は、

ものすごいパワーで、

一気に箱を積み重ねてまいります。

1、2、3、4、5段目まで。

ギッシリ、キッチリ積み上げて、

落とさぬようにロープで固定。

この作業を何度も繰り返しておりますと、

息が上がってまいりまして、

どんなに寒い日だって、

汗が滲んでまいります。

で、翌日あたりから全身が筋肉痛になってくるんですよねぇ。

CIMG1422_convert_20190115172638.jpg


農林水産業 ブログランキングへ