FC2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
秋祭り終了
CIMG0165_convert_20181018164918.jpg

引田の秋祭りシリーズもいよいよ今回で最後。

難所を越えて橋を渡り、

いよいよ誉田八幡宮の参道へと戻ってまいりました、

我らが御船「八幡丸」

ここまでくればゴールはもう目の前。

船長もリラックスして立ち上がり、

幕のあいだから顔を出して、

笑顔を振りまいたりもいたします。

そのまま観客のリクエストに応えて、

小さなお子さんを抱き上げての撮影会が始まったりして、

みんなニコニコ笑顔のひととき。

じりじりと、それでも少しは確実に進んでゆく行列とともに、

八幡丸もじわじわと時間をかけて進んでまいります。

ちょっと進んではすぐ止まり、

また忘れたころに少しだけ進む。

その繰り返しで、

あたりも日が陰ってきたころ、

ついに八幡丸の境内へと押し入ることに成功。

と同時に作業開始。

みんなで飾り付けをはずしてたたんで、

収納ケースにキレイに入れて、

バッテリーをはずし、

スピーカーにビニール袋をかぶせ、

八幡丸を丸裸の状態に戻したところで、

せーの、おいやぁぁぁぁぁぁあ。

みんなで蔵へと押し入れまして、即解散。

こうして長かった秋祭りも、

ようやく終わりを迎えるわけでございます。

CIMG0206_convert_20181018165007.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
引田秋祭り 直角カーブ 帰り道


というわけで、こちらがその動画でございます。

引田の秋祭り。

コース最大の難所「直角カーブ(帰り道)」

船長と船を引っ張る(押す)漁師さんたち。

息を合わせてみんなが一体となることで、

はじめてクリアすることができるこの難所。

「ゆっくり行けよ!!」(船長の声)

しかしながら、八幡丸の船首にくくりつけられた、

ビールの空き缶満タンのゴミ袋からもわかるように、

アルコールの影響もございまして、残念ながら聞く耳持たず。

そのままのスピードで難所に突入していく八幡丸。

困難な状況のなか、

果敢に挑む船長の闘いの記録をぜひご覧ください。

CIMG0135_convert_20181018164733.jpg

なにはともあれ、とりあえず。

難所通過後はふたたび「舳先」を取りつけまして、

あとはまっすぐ一本道。

橋の上までくれば、誉田八幡宮までもう少し。

しかしながら、ここからの動きが極端に鈍くなることは、

毎年のことですので了承済み。

みんな慌てることなく一休み。

欄干にもたれかかったり、座り込んだり、

風に吹かれたりしながら、

行列が再び動き始めるその時を、

ただただ待ち続けるだけでございます。

CIMG0161_convert_20181018164856.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
難所ふたたび
CIMG0126_convert_20181018164533.jpg

引田の秋祭り。

折り返し地点からの帰り道。

いよいよ、そのときが近づいてまいります。

そう。

コース最大の難所「直角カーブ」

しかも道幅の関係で、

「行き」よりも「帰り」のほうが、

難易度も数段高めとなっているわけなんですよね。

八幡丸も「舳先」を取り外しまして、

直角カーブに備えてコンパクトモードに変身。

CIMG0127_convert_20181018164618.jpg

我ら鼻息も荒く一歩一歩とその場所に近づいてまいります。

途中、原因不明の操縦ミスで、

直線コースを大きくはずれ、

道路わきのフェンスに激突しそうになるも、

みんなで力を合わせてなんとかストップ。

舵を切り直し、気を取り直し、ふたたび前へと進みます。

そしてついに見えてまいりました。

舵を切るタイミングを間違えれば、

激突必至の「直角カーブ(帰り)」

船長の目がただ一点に注がれ、微動だにせず。

集中力は極限まで高められてまいります。

CIMG0134_convert_20181018164648.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
再出発
CIMG0103_convert_20181018164402.jpg

お昼の休憩をはさんだのちに、

行列は再び出発のときを迎えます。

ここからは帰り道。

まずはヤッコが元気よく。

続いて御神輿。

そのあとに我らが御船「八幡丸」が続いてまいります。

スピーカーから大音量で流れるのは「八幡丸舟唄」

ちょっと聞いただけでは理解できないのですが、

キチンとした歌詞と意味がございまして、

古来より伝わってきた由緒正しい御唄なんですよね。

CIMG0107_convert_20181018164435.jpg

めぇ~でぇ~たぁ~いぃ~なぁ ごようわはぁ♪

おーうをほん、いーいいつふ、みいーてーえ、

もーうををー、かあーわーあ、らんははあーぬふー、

もんををのーを、わああーんやーれへんさーさ、

はああーのをーをはあよんえへ♪

さらさい このさら このひよこのを

のををえー ノオチャンハハマンハンハ―

まああたああよん それそれそれ 

えーほをとんほ ほんほほ とほうほほ

よーい えいさらさらさらああえいさらさらあ

とをぎんいいーす♪


意味はあるんですよね。

CIMG0108_convert_20181018164456.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
おたびにて
CIMG0099_convert_20181018164329.jpg

引田の秋祭り。

コース最大の難所「直角カーブ」を切り抜けた「八幡丸」

あとは体力勝負。

ゆっくりと進んでは立ち止まり、

立ち止まってはまた進み。

そんなことを繰り返してお昼前。

ついに「おたび」に到着。

獅子の鐘や太鼓が激しく打ち鳴らされるなか、

我らはお堂にこもりて「八幡丸御唄」を熱唱。

それが終わるとお昼ごはん。

CIMG0095_convert_20181018164242.jpg

豪華なお弁当をいただいてですね、

折り返しの出発開始までのしばしのあいだ、

体をやすめる時間をとるわけなんですね。

過酷な旅路。

ここまでの脱落者は1名。

酔っぱらった漁師さんがビールを落っことし、

それを拾おうとして勢いあまって横転。

見事にひっくり返ってしまいまして、

そのままリタイアとなり、

自宅まで送り届けるというアクシデントもございましたが、

とりあえずケガもなかったようで一安心といったところでございます。

CIMG0102_convert_20181018164345.jpg


農林水産業 ブログランキングへ