fc2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
A料理長のぶっかけうどん改
DSC08639_convert_20240405142209.jpg

というわけで、お昼はみんなで「うどん」を食べる。

A料理長の代表作といえば、

「甘辛くて濃いぶっかけうどん」

なのですが、

みんな年齢を重ねたこともあり、

味の好みが変わってきたことを、

敏感に察知したA料理長がですね、

現在では若干うすあじといいますか、

塩分と糖分控えめの、

「健康志向のぶっかけうどん」へと改良してくれているんですよね。

DSC08643_convert_20240405142242.jpg

体にやさしい味付けだから、

おかわりも3杯まで大丈夫。

体にやさしい味付けだから、

ちくわ天とたまご天を1本ずつつけても問題なし。

もちろん、天かすも入れ放題。

ずずずずずずッ、ぷはーっ、美味い。

「3杯は多すぎや、食えんぞ」(奥村さん談)

「2杯で充分やな」(購買部Mさん談)

そんなこんなでみんなでズルズル。

大満足のひとときでございます。

DSC08647_convert_20240405142301.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト



ネギ切り担当
DSC08627_convert_20240405140142.jpg

ジャキジャキジャキジャキ。

引田漁協の台所。

ワタクシ、ネギを切っているわけなのですが、

特にネギ切り技術に秀でているわけでもなく、

むしろ包丁使いは下手なほうで、

リズミカルに細かく刻むなんてことはできませんので、

今回はハサミを使ってジャキジャキジャッキン。

他にもっとネギ切りの上手いヒトもいるはずなのに、

それでもなぜかA料理長のご指名で、

ワタクシ毎回ネギ切り担当。

おそらくはネギを切る技術どうこうじゃなくって、

単純に雑用担当ってことだとは思うんですけど、

「味見してくれる」

ネギを切り終えると、

A料理長から「湯呑み」を渡され、

今度はスープの味見担当。

うーん、醤油と砂糖をもう少し、ですかね。

A料理長の特製うどん。

お昼の時間に間に合わすため、

ただいま急ピッチで作業に取り組んでいるところでございます。

DSC08630_convert_20240405140205.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
新年度
DSC08328_convert_20240401092432.jpg

さてさて、本日は4月1日。

数日前から暖かくなり、

市場に並ぶ魚の量も、

これからどんどん増えてきそうな気配。

寒い時期はどうしても魚が少なくて、

またその種類もかなり限られておりましたので、

お魚以外のコトを紹介させていただく場面が多かったのですが、

これからはそのあたりも期待できそうです。

とにかく今日から新年度。

気持ちも新たに頑張ってまいりたいと思います。


農林水産業 ブログランキングへ
疲れ果て
DSC08478_convert_20240327141423.jpg

というわけで養殖漁場のボンデン設置作業。

波を受けて激しく上下する引田丸。

横波を受けると船首の向きが変わり、

それを修正するため舵を回すと、

時間差でプロッターが反応するためさらに修正が必要となり、

船は意図せず右へ行ったり左へ行ったり。

ですが、時間経過とともに、

だんだんとコツといいますか、

やり方が分かってまいりまして、

OKです!バッチリ!そのまま維持で!

軽く右に、もうちょっとだけ右に、バッチリです!!

DSC08492_convert_20240327142611.jpg

ワタクシがプロッターを見る係。

販売部Kさんはプロッターには目をやらず、

遠くの目標物を見ながら舵をとることに集中する。

ここで、右に直角に曲がってください!

いい感じです!完璧です!そのままで!

作業を分担することで安定した走りを取り戻した引田丸。

後続の設置船も順調にボンデンを投下し、

船外機班が設置していく。

そんなこんなで波に揺られ続けること2時間。

約30か所にボンデンを設置し終えて、

疲労困憊で港へと戻ることになるわけでございます。

DSC08504_convert_20240327141250.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
激走!!引田丸
DSC08460_convert_20240329085033.jpg

荒れる海でのボンデン入れ作業。

漁場の目印となるボンデンの設置は、

順調にといいますか、

なんとかそれなりに進んではいるのですが、

波の影響を受けて、

進路をまっすぐにとることが困難な様子。

「横からの波でメチャクチャずれるんや」

そんな様子を見て、

設置船から漁師さんが引田丸へと飛び移ってまいりまして、

販売部Kさんに代わって舵を握ることに。

DSC08480_convert_20240327141445.jpg

ですが、どうやら引田丸のプロッターにも変なクセがあるようで、

画面を見ながら進路を決めても、

すぐに向きが違ってきまして右へ行ったり左へ行ったり。

それを突然の加速、方向転換で修正を図ろうとして、

わっ、すぐ前に船外機です!右側船が近いです!

わっわわわ、危ないです!ぶつかりそうです!!

前、前、横、横、た、た、た、助けてーっ!!

予測不能の引田丸のトリッキーな動きに、

周囲の船もあわてて衝突回避の動きを見せる。

「まっすぐ走らん、難しい」

熟練の漁師さんでも操縦困難な様子。

そういうわけで、漁師さんには設置船へとお戻りいただき、

販売部Kさんがもう一度舵をとることになるわけでございます。

DSC08487_convert_20240327141517.jpg


農林水産業 ブログランキングへ