fc2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
剛腕の敗北
IMG_2023-09-19-08-31-01-199_convert_20230922155700.jpg

沖の出荷から戻ってきた奥村さん。

作業自体は順調だったそうですが、

知らぬ間に腕にかなりのダメージを負ったらしく、

「痛い、かゆい、痛がゆい」

見せてもらうと、その剛腕に、

虫刺されのような赤い腫れがツブツブツブツブ。

裏も表もまんべんなく広範囲に散らばっている。

これ、どうしたんですか?

「クラゲかなぁ?」

とにかく網を引っ張っている途中、

腕に違和感を感じたとのことで、

クラゲにやられた可能性大なんですって。

睡眠中にあまりの痒さに無意識に搔きむしって、

朝起きてみると血まみれになっていたりもするそうで、

ただいま薬局で買ってきた薬で治療中。

ですが、数日が経過しても痒さ痛みが治まらないんですって。

皆様も、クラゲには気を付けてくださいね。


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト



お昼の時間をめいっぱい
DSC04175_convert_20230922141201.jpg

早出当番で朝の市場へ。

喜ぶことではないけれど、

出荷が必要なほどアジが獲れておらず、

本日はアジの箱だて作業がないコトが確定。

さらに漁場環境調査担当者2名がそろっており、

補欠要員のワタクシの出番はなさそう。

というわけで、午前中は時間がつくれて、

ついに自分の仕事に専念できる。

と、喜んだのもつかの間。

どういうわけか、別の仕事で一人欠け、

補欠要員のワタクシの出番となりまして、

奥村さんと一緒に今日も沖へと向かうことに。

戻ってきてからはA料理長とともに検鏡作業。

そしてお昼の時間になって。

ここしかないと集中して作業を進め、

ひけた鰤オーナーの皆様にお送りするオーナー証を作成。

1枚ずつ切り分けてラミネート加工を施しつつ、

希望調査票等を印刷し入金状況を確認しながら、

封筒に詰めて郵便局へと持ち込む。

「15時からはひけた鰤の出荷式の打ち合わせな」(販売部Kさん談)

まだまだ予定は詰まっておりますが、

とりあえずは少しずつ前に進み始めた感じがして、

ちょっとだけいい気分でございます。

DSC04174_convert_20230922141141.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
本日の予定
IMG_2023-09-21-10-17-19-921_convert_20230921105526.jpg

今日もちょっぴり忙しめ。

朝は早出。

配達から戻ってくるとセリの時間。

そしていつものアジの箱だて。

事務所に戻ると購買部Mさんの席へ。

先日の停電でパソコンの電源が落ちたさい、

何らかのダメージを受けたようで、

Word や Excel がうまく起動しないらしく、

Officeアプリケーションを修復する作業にとりかかる。

いろいろ試してみたものの上手くいかず、

最終的にOfficeプログラムのオンライン修復を試みたところ、

保管場所不明のプロダクトキーの入力が必要となり、

大慌てするも、

事務所中を捜索しロッカーの上の段ボール箱の奥で、

ついにそれを発見ス。

数字を打ち込み購買パソコン思ってたより早めに復活。

で、自分の席へと戻りまして、

「ひけた鰤オーナー」関係の仕事に取り掛かろうとしたところ、

製氷機が詰まったとの報告を受けまして、

「行ってくれ」(販売部Kさん談)

とりあえずひとりで氷を掻き出しまして、

あとはホースを繋いで水道水で詰まった氷を溶かしていく。

しばらくしますと、詰まり氷が溶け落ちて作業は終了。

汗だくで事務所へと戻る途中に今度は給油の依頼発生。

共済関係、経理関係、伝票書類は机に山盛り。

ですが、なかなか自分の仕事に取り掛かれない。

ここのところ、そういう日々が続いているわけでございます。

IMG_2023-09-21-10-19-06-010_convert_20230921105501.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
多忙につき
DSC03977_convert_20230915154619.jpg

今朝は朝から超多忙。

早朝の当番を一人でこなし、

そのまま配達、戻ってきたら朝のセリからのアジの箱だて。

出荷用のアジをみんなで箱詰めし、

それが終われば一人で沖へ。

引田丸エンジン始動。

燃料は少な目ですが、

時間に追われているので給油は無理。

行って帰ってくるだけの量はあると判断し、

強い気持ちでレバーON。

港を出るとエンジン全開。

養殖漁場で、0m、5m、10m、20mと、

深さを変えて採水作業。

それが終わると透明度と溶存酸素量の計測。

沖へ沖へと移動しつつ計5か所での計測を終えると、

燃料はギリギリでしたがなんとか港へたどり着き、

検鏡室でひとりで検鏡。

途中で沖の出荷から戻ってきた奥村さんが手伝いに来てくれる。

お昼前に事務所の席に戻ると、

机の上は書類でいっぱい。

お昼からは予定が詰まっているので、

それまでにアレやコレやを一つずつ終わらせようとしていると、

さらに追加でアレやコレ。

そのうちトラックへの氷の積み込み作業が急遽はいりまして、

急な雨に打たれながらリフトを使って60キロを9回運ぶ。

そんでもって、今やっと事務所に戻ってきたところですが、

自分の仕事は何一つ進んでいないといった状況に気付き、

ただただ愕然としているトコロでございます。


農林水産業 ブログランキングへ
八朔
DSC04032_convert_20230915142242.jpg

昨日、令和5年9月15日は八朔(はっさく)、

旧暦の8月1日でございました。

引田漁協では、

毎年この日に「魚鱗供養祭」を執り行います。

場所は「ハマチ養殖発祥の地・安戸池」のほとり。

魚鱗供養塔に、

お神酒、真鯛、果物、野菜、塩、餅、お菓子。

いろいろとお供えしまして、

宮司さんによる祝詞奏上。

出席者による玉串奏上。

養殖中に死んでしまった魚たちを供養するため、

また漁獲され日々の糧となった魚たちに感謝を込めて、

年に一度の「供養祭」

じりじりと照り付ける日差しから逃れようと、

テントの影に隠れながらではありますが、

我々一同、神妙な面持ちで、

感謝と供養の気持ちを捧げるわけでございます。

DSC04036_convert_20230915142300.jpg


農林水産業 ブログランキングへ