fc2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
靴箱設置
DSC00802_convert_20230325103103.jpg

ドルッ、ドルッ、ドルルルルッ。

事務所入口の靴散乱問題を解決すべく、

購入いたしました「靴箱」をただいま皆で組み立て中。

ま、散乱というほどではなかったようにも思いますが、

外履き、スリッパ、そして長靴、ときには冬用長靴まで、

履物が多めの事務所ですので、

これまでどうしても入り口のところがですね、

靴でいっぱいになってしまうことがあったんですよね。

ドルッ、ドルッ、ドルルルルッ。

DSC00804_convert_20230325103125.jpg

靴と、スリッパと、長靴の、

それぞれの高さに合わせて仕切りを調整。

せーの、よっしよっしよっし。

組み立てた完成品を、

あらかじめ計算して開けておいたスペースに運び込む。

うーん、ぴったり。

新たな靴箱にみんなの靴を収納してまいりますと、

「おっ、ええな!」

「バッチリやな!」

ほんと、メチャクチャすっきりしましたよね。

DSC00810_convert_20230325103147.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト



ボンデン
DSC00912_convert_20230329100700.jpg

ピッ、ピッ、ピッ、ピッ。

ボンデン設置場所の記憶作業は順調そのもの。

ワタクシもだんだんと慣れてまいりまして、

漁師さんの合図がなくとも、

なんとなくタイミングが分かるようになってきて、

最終的にはアイコンタクトでピッピッピッ。

GPSプロッターの画面上には、

ボタンを押すごとに、

ボンデン設置場所が追加表示されてまいります。

DSC01003_convert_20230329100944.jpg

そんなこんなで約30か所。

養殖漁場を囲むように、

竹の棒が設置されてまいりまして、

これが広い海の上での目印となってまいります。

本来であれば毎回ですね、

海上から見える島や遠くの山の形、

もしくは陸上の目印となるようなものを、

複数の方角で合わせることで、

位置確認をする必要があるわけですが、

こうして事前に正確な位置を割り出しボンデンを設置しておくことで、

その手間が省け、

この範囲が「養殖漁場」ですよと、

一目で分かる状態になるというわけなんですよね。

DSC00967_convert_20230329112213.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ちょっとだけ
DSC00916_convert_20230329100724.jpg

養殖漁場の「ボンデン入れ」開始。

先を行く「ボンデン設置船」が船の後部から、

「ボンデン」を投入し、

船外機班がそれを設置。

我らが乗り込む「引田丸」はそこからロープで距離を計測し、

頭上に掲げた発泡スチロール箱を大きく振り下ろして、

次の投下ポイントの合図を送る。

そういう作業の繰り返し。

作業が順調に進んでいるうちは大丈夫なのですが、

ひとたびアクシデントが発生すると、

もとの場所に戻ったり同じ場所でとどまったり。

DSC01016_convert_20230329112225.jpg

そうしますと、波に揺られてじわじわとくるんですよね。

んん、うっぷ。

そんなにひどくはないけれど、

ちょっとだけ軽く船酔い状態。

胃のあたりがもやもやしてまいりますが、

「はい、押して」

漁師さんの合図があればボタンをピッ。

設置したボンデンのすぐ隣に船が並んだタイミングで、

GPSプロッターに位置を記憶させていく。

とにかくすべてのボンデンを設置し終えるまで、

この作業が続いていくわけでございます。

DSC00933_convert_20230329100814.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
作業開始
DSC00856_convert_20230329100414.jpg

沖の養殖漁場に到着。

「ボンデン入れ」の作業開始。

ボンデン設置船に記録されたデータをもとに、

海での目印となる「ボンデン」が、

ポイントごとに投下されてまいりまして、

それをですね、

小回りのきく船外機班がキッチリと固定していく、

作業の様子を観察しておりますと、

どうやらそういう流れで進んでいくみたいですね。

DSC00905_convert_20230329100636.jpg

そしてワタクシの仕事はと申しますと、

実際に設置された「ボンデン」の場所すべてを、

リモコンの「マーク記憶」と、

念のため「目的地記憶」の、

ふたつのボタンを押して、

引田漁協の船「引田丸」のGPSプロッターに記憶させること。

それだけといえばそれだけですが、

この重要な任務のために、

こうして沖までやってきたわけでございます。

DSC00857_convert_20230329100528.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
失うものなど
DSC00823_convert_20230328093421.jpg

養殖漁場の「ボンデン入れ」

漁場に到着するまでの時間を利用して、

GPSプロッターのリモコンをお試し操作していたところ、

突然画面に出てきた、

「マークを画面から消去しました」の文字。

そし本当に画面からマークが消えてしまっている。

これは・・・もしかして・・・・。

これまでに記憶されたすべての位置情報を、

うっかり操作で全消去してしまった・・・のかな?

うううう、えーええええ、どうしよう。

激しく動揺するワタクシを乗せたまま、

船は先行する別船を追って沖へと進んでまいります。

DSC00852_convert_20230328093212.jpg

ムムムムム。

取り返しのつかぬことをしてしまったような気はするものの、

取り返せるものなら、

漁場につくまでになんとかして取り返しておきたい。

・・・・・・・。

よく考えてみると、すでに失うものは何もないような気がする。

もう一回同じボタンを押してみよっかな?

再び全データを消去することになったとしても、

すでに「ゼロ」になったものがまた「ゼロ」になるだけだし。

よし、やるか。

思い切ってマークが消える原因となったボタンを再度押してみると、

「マークを画面に表示します」のメッセージ出現。

そして画面にすべてのマークが大復活。

やった!やった!助かった!

大仕事をやり遂げて、

ホッと胸を撫でおろすワタクシでございます。

DSC01005_convert_20230327113955.jpg


農林水産業 ブログランキングへ