FC2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
コイカの煮付けも
CIMG0346_convert_20200709113602.jpg

そしてもうひとつのオススメ料理は煮付け。

キレイに水洗いした「コイカ」を、

酒と醤油と砂糖で作った甘辛い合わせダシで、

ゴトゴトグツグツ煮込んでいくだけの簡単料理。

こちらは冷蔵庫で一晩おいて冷やして食べても美味。

プリッとした食感に、

イカの旨味がギュッと濃縮されてて、

くーっ、これも最高!!

大胆でストレートな味わいの「塩ゆでマヨネーズ」

そして、しみじみ噛みしめて食べる系の「煮付け」

どちらも美味しいので、

「コイカ」が手に入ったときは、

ぜひ、両方の味わいを楽しんでみてください。

ちなみに「コイカ」は新鮮なモノだと刺身で食べてもOK.。

天ぷら、唐揚げ、バター炒めなんかでいただくのも、

アリかもしれませんよ。

CIMG0347_convert_20200709113625.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト



コイカ塩ゆでマヨネーズ
CIMG0327_convert_20200709113055.jpg

「コイカ」オススメの食べ方は塩ゆで。

キレイに洗ったコイカをですね、

塩ゆでにするだけの簡単な料理ですが、

これがとてつもなく美味しいんですよね。

塩を気持ち強めに効かせて、

ゆであがったところですぐにいただく。

イカの旨味と塩味がシンプルに美味しい。

プリッとした食感も最高。

ここだけの話ですが、

これをマヨネーズでいただくと、

美味しささらに10倍とも言われているんですよね。

CIMG0330_convert_20200709113146.jpg

マヨネーズを多めにつけて、

それをお口の中へと放り込む。

むごむごむごむご。

コレ最高!

イカの旨味と、マヨネーズのさわやかな酸味が合う合う。

一度コレを味わっちゃうと、

もうマヨなしには戻れない。

「コイカ塩ゆでマヨネーズ」

これは永遠に食べていられる。

やみつきになる美味しさでございます。

CIMG0333_convert_20200709113207.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
コイカ
CIMG0323_convert_20200709113025.jpg

こちらは市場で「コイカ」と呼ばれる小さいイカ。

もちろん正式な名称はあるのですが、

小さいイカなので呼び名は「コイカ」

このコイカを食べるにあたって、

まずはよく水洗いする必要がございます。

といいますのも、漁獲方法の関係なんかで、

いろんなものが紛れ込んでいたりする場合があるんですよね。

貝の殻だったり、葉っぱだったり、

小さいカニだったり、小さいエビだったり。

上の写真の中央のコイカ。

極細の線みたいなのが見えますよね。

写真中央、上から3分の1くらいのトコロ。

ちなみに、コレは小エビの「ヒゲ」なんですよね。

そういうものも含めてキレイに水で洗い流す。

他の大きなイカみたいに、

内臓やスミをとったりする必要もなく、

そのまままるごと料理しますので、

包丁も使う必要なし。

ただただキレイに水で洗うことが、

唯一の準備になるわけでございます。

CIMG0325_convert_20200709113040.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
サバの南蛮漬け
CIMG9835_convert_20200604101645.jpg

そして「サバの南蛮漬け」

甘辛い味付けでちょっと酸っぱくて。

これがメチャクチャに美味しいんですよね。

もごもご噛むと、美味さがじんわり。

お口の中いっぱいに広がってまいります。

これはいける。

いくらでも食べられそう。

美味しくて味に不満はないのですが、

あえていうならアレですよね。

サバを食べてるって感じがしない。

サバ特有のあの風味というか、

味わいがほぼ消えちゃってて、

ただただ「美味しい魚」を食べてるって感じ。

美味しいんだから問題ないんだけど、

残念といえば残念な気もする。

ある意味、サバの味が苦手な方なんかにも、

オススメの料理なのかもしれませんね。

もごもごもごもご。

うん、やっぱり味はメチャクチャ美味しい。

CIMG9837_convert_20200604101718.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
サバを煮付けに
CIMG9819_convert_20200604101447.jpg

サバと言えば「みそ煮」みたいなところもありますが、

今回は醤油でグツグツ煮てまいります。

お腹の中にあった卵も一緒にグツグツグツグツ。

落としブタなんかもしちゃってグツグツグツグツ。

ホントは刺身で食べたかったんだけどグツグツグツグツ。

身が割れてやわらかくなってたから鮮度的にもグツグツグツグツ。

アニサキスとか寄生虫の可能性も無くはないからグツグツグツグツ。

グツグツグツグツ火を通して出来上がり。

「サバの煮付け」完成でございまーす。

CIMG9831_convert_20200604101605.jpg

まずはタマゴをひょいとつまんでお口の中に放り込む。

もごもごポロポロ、タマゴならではのつぶつぶ食感。

こいつは珍味。

もちろん、サバの身のほうだって。

うんうんうん。

これぞ王道、安定の味。

サバ本来の味わいをそのままに。

もごもごもご。

これは美味しい。

サバを食べてるって感じがしますよね。

CIMG9832_convert_20200604101625.jpg


農林水産業 ブログランキングへ