FC2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
スズキをいろいろ
CIMG6899_convert_20180926175929.jpg

前回ご紹介させていただいた通り、

この時期のスズキの刺身も美味しいのですが、

火を通しても美味しくいただけるハズなんですよね。

塩焼きにしたっていけるし、

煮付けなんかも美味しそう。

フライにしてもよさそうだし、

ムニエルにしたって大丈夫だろうし、

チヌのときみたいにカラアゲにしてもいい。

もちろん塩でいってもいいし、

スイートチリソースも絶対あいますもんね。

ぜひ、いろんな食べ方でスズキを楽しんでみてくださいね。

CIMG1417_convert_20151208161423.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
スズキの刺身
CIMG6882_convert_20180926175848.jpg

というわけでスズキの刺身完成。

すでに秋の気配漂う季節となってまいりましたが、

夏のお魚と言われるスズキをですね、

遅ればせながら食べてみたいと思います。

それでは、一切れ。

刺身醤油とわさびでピトピト。

パクッ。

もごもごもご。

旨い!!

あっさりしてて、まったくクセがない。

ホントいくらでも食べられる。

小型のスズキでこの味ならば、

大型のものならもっと美味しいコト間違いなし。

もごもご、うんうん。

やっぱり美味しい。

というわけで、

スズキのお刺身オススメでございます。

CIMG6895_convert_20180926175912.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スズキをテヌキ
CIMG6876_convert_20180926175755.jpg

というわけで試食用にスズキの解体開始。

本来なら正式な手順にのっとり、

頭をおとして腹を開いて内臓を出してと、

順番に作業を進めていくところなのですが、

今回、ちょっと面倒なので、

テヌキでパパッとまいりたいと思います。

まずはウロコをササッと落とし、

それから強引に身だけを切り取る。

CIMG6877_convert_20180926175817.jpg

ハイ、出来た。

反対側も同じように。

ハイ、また出来た。

これにて手順も時間も大幅に短縮できましたので、

さっさと食べてまいりたいと思います。

そうそう、ちなみにですね、

スズキの身ってのはこの背中の筋肉のところに、

切り目があるというか、割れ目があるんですよね。

パッと見た感じ身割れがしてて、鮮度に難あり?

みたいに感じるかもしれませんが、

これはもう体の構造的にそうなっているみたいですので、

気にせず調理してまいりましょう。

そうしましょう。

CIMG6879_convert_20180926175831.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
危険個所
CIMG6871_convert_20180926175711.jpg

スズキの試食のその前に、

危険個所についてご紹介させていただいているところでございます。

このエラブタの先端のトンガリはけっこう危険。

うっかり手を切らぬよう注意してくださいね。

そしてもうひとつ。

横アゴといいますか、

そのエラブタのちょっと前のトコロ。

ここもカーブの角のところが鋭利な刃物状態になっておりますので、

かなり危険なんですよね。

CIMG6873_convert_20180926175737.jpg

ですから生きているときなんかは、

頭付近を出来るだけ素手で触ったりしないコト。

ホントに危険ですからね。

あとは、スズキに限らずなんですが、

ウロコをおとすさいなんかに、

背ビレとかその他のヒレのトゲで、

手を刺してしまうことがございますので注意が必要。

さて、そのあたりのコトに気を付けながら、

そろそろスズキをさばいていくことにいたしましょう。

CIMG6876_convert_20180926175755.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スズキもついでに
CIMG6869_convert_20180926175639.jpg

さて、こちらはスズキ。

そう、夏の魚と言われるスズキでございます。

朝晩の冷え込みなんかも始まりまして、

すでに秋の気配も漂ってきている今日この頃ではございますが、

まだまだスズキもいけるハズ。

というわけで、チヌに続いてスズキも試食。

と、その前に。

スズキを扱う際に気を付けておかねばならぬことがございますので、

ちょっとばかり説明をさせていただきますね。

CIMG6870_convert_20180926175656.jpg

ここ。

エラのところ。

正確にはエラブタの先端。

ここに鋭くとがったトンガリがあるんですよね。

切れ味が鋭いナイフのような。

写真では見えにくいので、

包丁をあてがって見やすくしてみますとホラね。

こんな感じ。

油断してると手なんかをスパッと切っちゃう恐れあり。

生きているときはもちろん、〆た後だって危険なんですよね。

CIMG6871_convert_20180926175711.jpg


農林水産業 ブログランキングへ