FC2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
刺身もフライも
CIMG3481_convert_20190708172016.jpg

サヨリの刺身、いっただっきまーす!!

パクリ。

もごもごもご。

うん、美味しい。

上品であっさりしてて、

キレのある味といいますか、

さっぱり系のクセのない味。

鮮度を物語るコリコリ食感。

うん、これはホントにいくらでも食べられそう。

CIMG3488_convert_20190708172140.jpg

刺身醤油をチョチョイとつけて、

次から次へとパクパクもごもご。

旨いなぁ、旨い。

サヨリもやっぱり、

鮮度がイイのは刺身がオススメ。

ちなみに、塩焼き、吸物などでも美味しくいただけますし、

フライなんかにしても美味しいんですよねぇ。

機会があればぜひ食べてみてくださいね。

1562108152162_convert_20190703164142.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
サヨリを刺し身に
CIMG3468_convert_20190708171917.jpg

3枚におろしたサヨリ。

そのあばら骨を、

つまりは「腹黒」のところになるわけですが、

その部分を薄くそぎ落として、

最後に皮の部分を指先でつまんで、

ビビッと剥がせば出来上がり。

「サヨリの刺身」

透明感のある美しい身ですよね。

CIMG3470_convert_20190708171936.jpg

片身を「一切れ」としてもいいのですが、

細長くて食べにくそうな感じがしたので、

チョイチョイと包丁を入れまして、

ひと口サイズにそろえてみました。

ちなみに、3尾分でこの量なんですよね。

手間の割には・・・って感じですよね。

まぁ、でも、とりあえずは試食の時間。

じっくりと味わってまいりたいと思います。

CIMG3477_convert_20190708172054.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ハラグロ
CIMG3463_convert_20190708171823.jpg

ただいまサヨリをさばいているところなのですが、

頭を落として、おなかの部分を切り開き、

内臓を取り出しますよね。

そうしますとホラ。

サヨリのお腹の中ってこんなふうに真っ黒なんですよね。

このことから、

外見は美しいのに中身は「腹黒い」ひとのコトを、

「サヨリみたいな人」

なんて言ったりすることもあるんですって。

これ、漁師さん情報です。

CIMG3460_convert_20190708171840.jpg

しっかし、サヨリってどこまで腹黒いのか。

黒っぽいとかいうレベルじゃなくて、

本当に腹腔内がですね、

墨でも塗ったように真っ黒け。

何尾さばいても今のところ例外なく真っ黒。

ですから次々に3枚におろしていくと、

こんな感じで、

マナイタの上には、

腹黒サヨリの身がずらっと並んでいくコトになるわけでございます。

CIMG3467_convert_20190708171858.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
サヨリは上より
CIMG3455_convert_20190708171719.jpg

それではサヨリをさばいてまいります。

そうそう、その前に、

頭を落とすその前に、

見ていただきたいトコロがあるんですよね。

それはサヨリの口。

そう、トンガリのクチバシ部分。

この細く突き出た口先がどうなっているのか。

ワタクシ、以前はですね、

サヨリのクチバシってパカッと上下に分かれるものだと思ってました。

鳥のクチバシみたいな感じで、

それでもってエサを挟んで捕まえる的な。

CIMG3458_convert_20190708171803.jpg

もしくは「カジキ」みたいに、

鼻先が尖がっているタイプ。

つまりは上側のクチバシのみが長いタイプ。

それならばまあ、それほど違和感は感じなかったのですが、

実際、サヨリの場合は逆で、

下クチビルのみが突出して長いんですよね。

上クチビルはそこそこなのに、

下側だけは異様に長い。

逆にしたほうがバランスがよさそうにも感じるのですが、

サヨリにはサヨリの都合があるんでしょうね、きっと。

CIMG3456_convert_20190708171733.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
さっそくサヨリを
CIMG3452_convert_20190705161652.jpg

というわけで、手に入れたサヨリ。

ホラホラ、くちばしのところの先端が、

キレイな赤色をしてるでしょ。

さてと。

どうしましょうかねぇ。

サヨリ料理と言いますと・・・なんだろう。

天ぷらとか、塩焼きとか、

いろいろあるんでしょうけども、

せっかくの鮮度を活かすには、

やっぱり刺身ですかね。

刺身で食べれば、

素材の美味しさがだいたい分かりますもんね。

というわけで、今回も試食メニューは「刺身」に決定。

さあ、研いだばかりの出刃包丁。

さっそくの出番でございます。

CIMG3454_convert_20190705161719.jpg


農林水産業 ブログランキングへ