引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
素材自体の味わいを
CIMG0049_convert_20170519170224.jpg

意外に美味しく、皆にも好評だったコブダイの刺身。

しかしながら、販売部Kさんの感想のみ否定的なんですよね。

美味しく感じるのは醤油とワサビのつけすぎで、

一度、醤油をほとんどつけずに、

素材の味をちゃんと味わってみろ、とおっしゃるわけ。

ま、たしかに一理あるなということで、

ワタクシ今度は刺身醤油ちょっとつけ状態で、再度試食。

パクッ。

うんうんうん。

んふっ?

ふぁあはぁ。

後味がくる。

おかしな香りと独特の後味が遅れてやってくる。

CIMG0047_convert_20170519170207.jpg

ためしに、もう一度ワサビたっぷり、醤油びっちゃりで食べてみると、

これが普通に美味しいんです。

えもいわれぬおかしな後味が、

ワサビと醤油で消えちゃってるんです。

「そういうことや」(販売部Kさん談)

なるほど。

素材そのものの味わいは、独特の臭み(なのかな?)があって、

少々クセが強い気もいたしますが、

それはワサビと醤油で消せる程度のモノ。

ですから、コブダイの刺身をお召し上がりの際は、

わさびと醤油を多めがオススメ。

もごもごもご。

うん、こうすると普通に美味しくいただけるんですよねぇ。

CIMG0053_convert_20170519170241.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
異をとなえる者
CIMG0038_convert_20170519170043.jpg

意外にも美味しかった「コブダイの刺身」

この美味しさを知ってほしくて、

刺身をもって台所から事務所へ移動。

まずはA料理長から。

コブダイの刺身、ぜひ食べてください!

「いただきます」(A料理長談)

ど、どうですか?

「美味い、もうちょっともらおか」(A料理長談)

ホラ、意外と美味しかったでしょ。

さあさ、皆様もどうぞどうぞ。

他の人たちにも食べてもらいましたが、かなり好評。

CIMG0040_convert_20170519170100.jpg

しかしながら、そんななか、

ただひとり、異をとなえる方がいらっしゃるんですよねぇ。

「美味いとは思えんけどなぁ」

そうおっしゃるのは販売部Kさん。

でも、ワタクシ実際に食べてみて美味しかったんですけど。

「醤油をあんまりつけんと食べてみ」(販売部Kさん談)

そういわれてみれば、

先程はワサビたっぷりに醤油を多めにつけていただきました。

「醤油をちょっとにしてみ」(販売部Kさん談)

このくらいですか?

「それで食べてみて」(販売部Kさん談)

それでは、コブダイの刺身(醤油少量、ワサビ無)を、

あらてめていただいてみたいと思います。

続く。

CIMG0045_convert_20170519170148.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
刺身でコブダイ
CIMG0029_convert_20170519165953.jpg

さて、完成したコブダイの刺身をですね、

まずはワタクシが最初に味見してみたいと思います。

で、美味しければ皆にも食べてもらう予定。

ま、不味くても食べてもらうんですけどね。

とにかく、責任をもって、

ワタクシから食べてまいりたいと思います。

いつもの漁協スタイルで、

刺身醤油は湯のみに入れて。

うんうん、キレイな白身で美味しそう。

それでは、まいりましょう。

コブダイの刺身。

CIMG0030_convert_20170519170006.jpg

とりあえず、わさびは多めで。

刺身醤油をタップリつけて。

いっただっきまーす。

ハムッ。

うん、うん、うん?

美味しい。

普通に美味しい。

あれ?意外にも美味しい。

コブダイの刺身って美味しいよ。

これはみんなにも食べてもらわなきゃ。

というわけで、刺身をもって台所から事務所へ移動いたします。

続く。

CIMG0031_convert_20170519170019.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
コブザシ
CIMG0013_convert_20170519165713.jpg

さてさて、こちらはコブ。

そう、コブダイのおでこのコブでございます。

食べられるということで、

一応、切り取っておいたモノ。

プルプルのプリプリですが、

美味しそうには見えないんですよね。

これから、コブダイを刺身でいただこうと思っているのですが、

もちろん「コブ」は刺身では無理。

実際に食べられるかどうかではなく、気分的に無理。

万が一、食べるときには必ず火を通しますからね。

というわけで、コブは横にのけておいて、

身の方を刺身にしてまいりましょう。

CIMG0022_convert_20170519165838.jpg

肉厚だからけっこうな量がとれそうですよ。

「コブダイや誰も食べんけんちょっとにしとけよ」(販売部Kさん談)

・・・・・・・・。

たしかに、大量に余ったら困る。

そこで、片側の身を「背中」と「腹側」に切り分けて、

その「腹側」のほうをちょっとだけ、

刺身にして様子を見てみることにいたしました。

で、美味しければ追加で切る作戦。

これなら無駄にならないでしょ。

包丁を斜めに入れて、シュツシュッシュッと。

ハイ、コブダイの刺身出来上がり。

うーん、見た目的にはキレイな色で、

美味しそうではありますねぇ。

CIMG0026_convert_20170524165221.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
タコを食べよう
CIMG9794_convert_20170425171922.jpg

B料理長のタコゆで。

最後に鍋から取り出したタコを、

包丁を使ってチョイチョイチョイと切ってまいります。

ハイ。

これにて、ゆでダコのブツ切り完成でございまーす。

「食べてみるか」

ワー!ワー!ワー!ワー!

ちなみに、B料理長の食べ方はいつもワイルド。

刺身醤油は「湯のみ」に入れて、

素手でつまんだタコをジャバリとつけて、

そのままお口の中へ。

CIMG9799_convert_20170425171946.jpg

ワタクシは、少々上品にですね、

爪楊枝なんかを使用いたしまして、

湯のみの醤油にチョイチョイチョイと。

それでは、バグッ。

うん、うん、うん、この弾力。

ゆで加減が絶妙だから、歯応えとやわらかさが両立してる。

むごむご、もごもご。

噛めば噛むほど旨味がジュワジュワ。

唾液がとめどなく溢れてまいります。

コレ、塩加減もバッチリですね。

タコって美味しい。

ぜひ、ご家庭でも食べてみてくださいね。

CIMG9800_convert_20170425172038.jpg


農林水産業 ブログランキングへ