引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
液体噴出
CIMG8825_convert_20170327165658.jpg

あたり一面に飛び散ったボラのウロコを、

いったんホースの水で勢いよく洗い流しまして、

いよいよ解体作業に取り掛かります。

まずは頭部の切断。

胸ビレの後ろあたりから、

大胆に包丁を入れまして斜めにズバッ。

そうしますと、

謎の黄色い液体がブシャッと噴出してまいりましたが、

気にせず反対側からもザクッ。

そして最後に腹ビレの後ろから、

頭部に向かって切り込みを入れてまいりますと、

これにて頭部の取り外し完了。

あとは、腹部を切り開き、

内臓をかきだして、

腹腔内を水道水で洗い流せば準備完了。

続いて3枚おろしの作業に入りたいと思います。

しっかし、見てくださいこの色を。

ボラのお腹の内側って、

薄汚れた黒い色をしてるんですよね。

やっぱりアレなのかなぁ。

こういうところにも、

イマイチ人気が出ない理由があるのかも知れませんね。

CIMG8824_convert_20170224164129.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
飛散
CIMG8816_convert_20170224164017.jpg

ボラを食べてみよう。

というわけで、市場で購入いたしましたボラをですね、

これから解体してまいりたいと思います。

はたしてボラは「臭い」のか「美味い」のか?

とは言ってもアレだな。

「沖のボラは美味しい」

とかって話を漁師さんから聞いたコトがあるような気がするな。

ということは、

沖で獲れたもの以外は、不味いのかもしれないな。

河口とか河川にいるやつはなんとなく論外として、

港の近くにいるようなのもダメなのかな?

獲れる場所で美味しさに違いがあるのかもしれませんが、

とりあえず、引田漁協の市場に並んでいるボラは、

沖で獲れたものですから大丈夫。

というわけで、現在では人気が低いお魚ではありますが、

その昔は高級魚であったボラのその味を確かめてみたいと思います。

まずは包丁でウロコをゴリゴリ。

ゴリゴリゴリゴリ、ピンピンピン。

ゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリ。

ピンピンピンピンピンピンピン。

ゴリゴリ削ると、ウロコがピンピン。

汚らしいといいますか、なんといいますか、

あたり一面にウロコが飛散し、かなり悲惨な状態に。

こういうところに、

イマイチ人気が出ない理由があるのかも知れませんね。

CIMG8821_convert_20170328172826.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ボラを買ったよ
CIMG8809_convert_20170224163944.jpg

というわけでボラ購入。

その昔は高級魚であったというボラ。

いつしか、「臭い」などと言われるようになり、

人気がなくなり、

そして現在では「安物」的な扱いをされているわけですが、

それでもホラ、

昔は高かったんだから、

そんなにマズイ魚ではないハズなんですよね。

そこで、実際に食べて、

その味を確かめてみたいと思います。

ちなみに、ワタクシが購入いたしましたこのボラ2尾についてですが、

なんと言いますか、

価格的にそんなには安くなかったんですよね。

ここだけの話ですが、

市場価格でワンコインくらい。

これを高いとみるか、安いとみるかは、

そうですね、

食べてみての結論とすることにいたしましょう。

そうそう、ボラの目の部分には、

脂瞼と呼ばれる脂の膜が張っているんですよね。

寒ボラになりますと、

目が見えないほどにこの膜が張るなんてこともあるのですが、

「昔はおったけど、最近はそんなヤツみたことない」(A料理長談)

今回のボラもそこまでではないみたいですね。

CIMG8807_convert_20170224163958.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
メバルの煮付け
CIMG8918_convert_20170303162851.jpg

こちらは「クロメバル」

引田漁協の市場でも高値で取引されている、

かなり高級なお魚でございます。

今回はその「クロメバル」

通称「クロメ」を煮付けでいただいてみたいと思います。

ウロコをとって、内臓を除去して、

味がしみ込みやすいよう、

カラダに×の切り込みをいれて準備完了。

水と酒、醤油、砂糖で味付けし、

グツグツ煮てまいりますと・・・。

CIMG8924_convert_20170303162922.jpg

ハイ、「クロメバルの煮付け」完成でございます。

さっそく、食べてまいりますと、

これが美味い

締まっているのに硬くなく、

口の中でホロホロと崩れていくような、

しっとりとしたふわふわの身。

身離れがよく食べやすいのですが、

小骨がけっこう丈夫で硬いので、

誤って飲み込んだりしないよう気を付ける必要がありますね。

いや、それにしても美味い。

「クロメの煮付け」

これはオススメですよ。

CIMG8930_convert_20170303163002.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
アジの刺身は
CIMG8621_convert_20170217080527.jpg

さてさて、今回は「アジ」

正確には「マアジ」かな。

この時期のアジはどうなのか?

その味を確かめるべく、

刺身にして食べてみることに。

頭を落として、内臓を除去し、

きれいに水洗いしたあと、3枚におろしていく。

あばら骨をそぎ取って、

最後に指でつまんで皮をはがせばハイ出来上がり。

CIMG8670_convert_20170217080600.jpg

片身を「一切れ」とした、

ぜいたくなアジの刺身、完成でございまーす。

それでは、わさび醤油につけまして、

味わってまいりたいと思います。

いっただっきーまーす。

ハムッ。

美味ぁーいッ!!

この力強い弾力、歯応え。

そして甘味、旨味がスゴイ。

やっぱり、アジの刺身は旨い。

この時期のアジもオススメですよ。

CIMG8683_convert_20170217080642.jpg


農林水産業 ブログランキングへ