FC2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
もずくスープ
CIMG9556_convert_20200521090813.jpg

そして今度は「もずくのスープ」

引田産「もずく」はですね、

その太さもさることながら、

やはり「ヌメリ」「香り」が強烈なんですよね。

「もずく酢」なんかでいただくと、

良くも悪くも素材の味わいをですね、

そのままに受け止めることになりまして、

人によって好き嫌いが分かれてまいります。

その点、スープは万人向け。

ヌメリなんかはそのままですが、

磯臭さはかなり抑えることができますね。

それはそれで物足りない気もいたしますが、

味わい自体は損なわれておりませんので、

美味しくいただくことができます。

もずくをドゥルドゥル。

スープをぐびぐび。

うん、美味い。

そんなこんなで「引田のもずく」

食べる機会がございましたら、

ぜひ、じっくりと味わってみて下さいね。

CIMG9566_convert_20200521090748.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト



もずく酢
CIMG9575_convert_20200522082342.jpg

さてさて、こちらは引田産のもずくを使って作った「もずく酢」

素材の味わいをそのまま受け止めたい方にオススメの食べ方。

ご覧くださいこのヌメリ。

ぬめりにヌメッたこのもずくをですね、

お箸でなんとかつかみましてドゥルドゥルッ。

お口の中にすすりこみますと、

くはぁあッ!!!

強烈な磯の香りが鼻に抜けてまいります。

そんでもって、もごもごもごもご。

ヌメリが邪魔して、お口の中であっちへ行ったりこっちへ行ったり。

チュルチュルして、なかなか噛み切れるものではございません。

もごもごもごもご。

太くてぶっとい引田のもずく。

苦手な方だとギブアップしてしまいそうな強烈な香り。

しかしながら、二口目、三口目と、

食べ進めてまいりますと、だんだんとクセになってまいります。

最終的には、もうコレじゃなくっちゃ!!

なんて気分になって、どんどんドゥルドゥルやめられない。

そんなこんなで個性の強い引田のもずく。

一度食べるとやみつきになったり、ならなかったりいたしますが、

個人的には大好きなんですよね。

CIMG9577_convert_20200522082358.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
引田のもずく
CIMG9545_convert_20200521090641.jpg

さて、こちらは「もずく」

引田で採れた「もずく」でございます。

引田のもずくといいますと、

小分けのパックで売っている一般的なモノとは違って、

1本1本がかなり太くって、

麺でいうなら「細麺」と「太麺」くらいの違いがあるんですよね。

そして太さだけではなく、

香り、ぬめり、食感なんかもすごくって、

野性的といいますかワイルドといいますか、

とにかく強烈な味わいを持っている。

この引田産「もずく」をですね、

ぜひ多くの方々に食べていただきたいのですが、

残念ながら流通量はそれほど多くはございません。

販売部Kさんに確認してみたところ、

東京、大阪、神戸、岡山、高松あたりに出荷しておりまして、

割烹、料亭などで使われることがほとんどなんですって。

そんな貴重な引田の「もずく」ですが、

今回、タイミングよく入手することができましたので、

さっそく食べてみたいと思います。

CIMG9549_convert_20200521090701.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ハモをてんぷら
CIMG9514_convert_20200511092508.jpg

そして完成。

こちらが「ハモのてんぷら」でございまーす。

もともとが「手首サイズ」の太さをもつハモでしたので、

1尾すべてを天ぷらにするとこれだけの量に。

さあ、アツアツを天つゆにつけて、

いただいてみたいと思います。

せーの、はもっ。

もごもごもごもご。

うん、美味しい。

ふわふわでやわらかくって、

ハモ特有の味わいがありますねぇ。

CIMG9516_convert_20200511092603.jpg

サクッといってふわっ。

食感もいいし、これはイイ。

骨切りも成功していたようで、

小骨もまったく気にならない。

いい気になって、もう一切れつまんで、

お口の中へ放り込みますとアガッ

やっぱりアレですね。

コツをつかんでからの「骨切り」は、

それなりに上手くできているはずなので、

序盤の手探り状態のモノに小骨が残ってたみたい。

それでも、気を付けて慎重に食べれば問題なし。

うんうんうん。

ハモのてんぷら、最高でございます。

アガッ。

CIMG9518_convert_20200511092637.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ハモを骨切り
CIMG9503_convert_20200511092420.jpg

漁師さんからいただいた手首と同じくらいの太さのハモ。

この大物を料理してまいります。

まずはテカギを目に打ち込んで台に固定し3枚におろす。

少々手こずりましたがなんとか成功。

そしていよいよ「骨切り」に挑戦。

小骨だらけでそのままでは食べられぬハモの身に、

数ミリ単位の切り込みを入れることで、

小骨を細かく切断し食べられる状態にしていくわけですが、

これがなかなかに難しい。

そして今回は「手首サイズ」ですので、

小骨もさらに太くなっているような感じ。

ゾリッ、ゾリッ。

刃を入れるごとに骨の切断音が響いてまいります。

包丁を前に突くようにゾリッ、ゾリッ。

小骨が残ったままだと食べられませんので、

身全体に細かく切り込みを入れ、

皮一枚だけを残すような感覚で。

なるほどなるほど、分かってきたぞ。

回数を重ねることで、

だんだんとコツをつかんでまいりましたよ。

押し切りでゾリッといったあとに、

そのまま刃を戻して引き切りでダメ押し。

そこでもゾリッて音がするってことは、

切れてない小骨が残ってたってコトですもんね。

素人はこれくらいやったほうがよさそう。

小骨が残るよりはましですので、

勢いあまって皮まで切っても気にしない。

ゾリッ、ゾリッ、ゾリッ、ゾリッ。

すべての身の「骨切り」を終えますと準備完了。

これで、やっとハモが食べられる状態になったわけでございます。

CIMG9505_convert_20200511092436.jpg


農林水産業 ブログランキングへ