引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
ボラの刺身を
CIMG2907_convert_20180424174413.jpg

というわけでお昼になりまして、

A料理長待望の「ボラの刺身」

冷蔵庫から取り出しまして、いざ、試食の時間。

それではパクリ。

うんうんうん。

悪くない。

鮮度がいいから歯応えもイイ感じだし、

臭みもまったく感じない。

もちろんA料理長も大満足。

価格のことを考えますと、

かなりお得なんじゃないですかコレ。

CIMG2910_convert_20180424174429.jpg

1尾からかなりの量がとれますし、

刺身だけじゃなくって、

洗いにしたり、

フライにしたり、

煮付けにしたりと、いろんな料理で楽しめます。

そういえば、数年前にA料理長が作ってくれた、

ボラの煮付けはふわふわの食感で最高だったなぁ。

いつかの春に作ってくれたフライも美味しかったなあ。

食べてみれば意外と美味しい海のボラ。

ぜひ、ご家庭でもいろいろ試してみてくださいね。

CIMG2812_convert_20180424173000.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
言われるがまま
CIMG2900_convert_20180424174312.jpg

市場にボラが大量に並んだ日。

A料理長がボラを刺身で食べたいといいだしまして、

結局、ワタクシが料理することになったわけでございます。

「3尾とも刺身で、そう、全部刺身、全部な」(A料理長談)

でもアレですよね。

一般的な認識で言いますと、

ボラって美味しくなさそうっていうイメージがあるじゃないですか。

まあ、川のあたりとかで獲れるものは、

いろいろと問題があるかもしれませんが、

実際のところですね、

海の沖で獲れるボラは美味しいとされておりまして、

普通に、刺身にしたり煮付けにしたりするんですよね。

CIMG2901_convert_20180424174329.jpg

そうそう、フライなんかにしても美味しいし、

そこにウスターソースをびちゃびちゃにかけて食べても美味。

しかしながら、そういった料理は手間がかかりますので、

今回はシンプルに「刺身」だけ。

限られた時間の中で、少々荒っぽくさばいてまいりまして、

A料理長のお望み通り、

3尾すべてを刺身にしようかとも思ったのですが、

仕事の時間の関係で、

刺身にできたのは2尾が限界。

とりあえずは冷蔵庫で冷やしておいて、

お昼にみんなで食べてみたいと思います。

CIMG2905_convert_20180424174348.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
コノシロの刺身
CIMG2832_convert_20180419180845.jpg

そしていよいよ試食の時間。

漁師さんに教えてもらった小骨を切る方法「縦切り」

それを忠実に守りつくりあげたコノシロの刺身。

はたして美味しいのか、

そして小骨は大丈夫なのか。

大きな期待を胸に、いっただっきまーす!!

ハムッ。

おおッ。

美味い。

漁師さんの言う通り、

今のコノシロは脂が乗ってて普通に美味しい。

CIMG2850_convert_20180419180952.jpg

そして気になる小骨の方も、

なるほど、これなら気にせず食べられる。

実験用にあえて厚めに切ってみた刺身も、

小骨の違和感を感じることなく食べられる。

やっぱり、包丁の角度が大切なんですね。

まっすぐ縦切り。

斜めに切っちゃダメなんです。

事務所の皆にも好評だったので、

もう片方の身もさらに薄切りでお刺身に。

うん、いける。

コノシロの刺身って美味ですよ。

CIMG2842_convert_20180419180918.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
刺身の切り方
CIMG2821_convert_20180419180807.jpg

コノシロの刺身を作っているところなのですが、そう。

コノシロと言えば、小骨が多いことで知られている魚でして、

あまり刺身で食べることはないように思います。

もちろんですね、小骨のことを考慮せず、

他の魚にように普通に刺身にしていくと、

小骨がすごくて食べられません。

そこで、今回は漁師さんに教えてもらった切り方を。

刺身の切り方としまして、

「縦切り」と「斜め切り」がありますよね。

縦切りは身に対して包丁を垂直に、

上から下へと真っ正直に切っていく簡単なやり方。

そして「斜め切り」は身に対して斜めに切っていくことで、

切り口を大きくし一切れを大きく見せるテクニカルなやり方。

CIMG2822_convert_20180419180743.jpg

そして今回のコノシロ。

身の中の小骨の配置を考えると、

それを細かく切断するためにもっとも有効な切り方は、

なんと「縦切り」なんですって。

「まっすぐに切れよ」(漁師さん談)

教わった通り、身に対して垂直に。

できるだけ薄く。

ジョリジョリジョリジョリ。

小骨が切断される音を耳にしながら、

片身分をすべて切り終えたところで、

「コノシロの刺身」

ついに完成でございまーす。

CIMG2825_convert_20180419180827.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
コノシロ入手
CIMG2837_convert_20180419180638.jpg

いくら美味しいからといって、

日ごとに値下がりするのが分かりきっているコノシロを、

今買うべきか、それともしばらく待つべきか。

悩みに悩んだ結果、

今回の購入は見送ることに決めたわけですが、

タイミングよく、

コノシロを買った人から1尾だけわけていただくことができました。

ワー!ワー!ワー!ワー!

1匹あれば試食には充分。

うん、大きさもバッチリ。

漁師さんオススメのまるまる太った良サイズ。

さっそく3枚におろしてお刺身をつくってみることに。

包丁を使ってサッサッサッと。

最も硬いお腹のところの肋骨は、

とくに気をつけて削ぎ落としておく。

あとの小骨は身の中ですから、

刺身に切るときに細かく分断していく予定です。

ちなみにこのツブツブ模様のある皮はですね、

爪先でちょっと剥がしてみると、

薄皮をつまむことが出来ますので、

それをビビビと剥がしていけば、

キレイに皮をむくことができるんですよね。

さて、それでは小骨の多いコノシロを、

漁師さんに教わった方法で、

これより刺身にしてまいりたいと思います。

CIMG2839_convert_20180419180712.jpg


農林水産業 ブログランキングへ