fc2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
アジ三昧
DSC04117_convert_20230922141401.jpg

新鮮なアジのお刺身はとっても美味しい。

片身を一切れとして食べられるサイズのもので、

肋骨部分をしっかりとそぎ落としておけば、

あとの小さな小骨ぐらいは気にせずに食べられる。

もごもごもごもご。

うん、この弾力にこの歯応え。

朝獲れたものを夜に食べるくらいの時間経過だと、

キチンと冷蔵庫で管理しておきさえすれば、

ホントに美味しく食べられますね。

DSC04093_convert_20230922141259.jpg

あとは南蛮漬けにしても美味。

頭からいける豆アジサイズよりは、

ちょっとばかり大きめですので、

頭と内臓を除去して作る。

三杯酢に漬け込んで冷蔵庫に入れておき、

翌日食べてみますとアラ。

こちらもメチャクチャ美味しいじゃない。

背骨部分は多少気になりますので、

まるごと全部とはまいりませんが味は最高。

皆様も機会があれば食べてみてくださいね。

DSC04108_convert_20230922141327.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト



天然マダイも
DSC04054_convert_20230919110305.jpg

引田漁協魚市場より「天然マダイ」

見た目も美しく、味もよいのに、

お値段の方はそんなにメチャクチャ高くない。

人気のお魚なんですよね。

刺身でいただくならば鮮度のよいものがオススメです。

あっさりした味わいで、

クセがなくって食べやすいんですよね。

他にも、湯びき、煮付け等、

いろんな食べ方がございますが、

小さめサイズならば塩焼きもオススメ。

焼きたて熱々をいただいてもいいし、

あえて冷ましてから食べるのもアリ。

ぜひ、ご家庭でもいろんな料理で食べてみてくださいね。

IMG_2023-09-15-19-46-46-112_convert_20230918095158.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ボウゼ寿司
IMG_2023-09-13-17-39-42-932_convert_20230914155432.jpg

というわけで、酢漬けにしたイボダイ(ボウゼ)を使った握りずし。

銀色に光り輝く身の上からですね、

お醤油を少量たらしてまいりますと、

色が重なり黄金色となりまして、

さらに食欲をそそります。

それではパクリ。

もごもごもごもご。

うん、美味しい。

メチャクチャ旨い。

お酢で締まった身はしっかりとしていて、

それでいて食べやすい。

酢飯との相性もいいし、

わさびと醤油と酢漬けの感じが、

なんといったらいいのかもう完璧なんですよね。

ボウゼの握りはパーフェクト。

機会があればぜひ食べてみてくださいね。

IMG_2023-09-13-17-43-49-947_convert_20230914155506.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ボウゼ
DSC03998_convert_20230915154451.jpg

ボウゼ、ボーゼ、うぼぜ、うおぜ、シズ、

他にもさまざまな呼び名をもっておりますが、

正式な名前は「イボダイ」

この時期によく見かける、

非常に美味しいお魚なんですよね。

食べ方としましては「つけ焼き」を強くオススメしたいのですが、

煮付けや、塩焼き、カラアゲ、

鮮度が良ければ刺身なんかもいけるみたい。

ですが、今回は「酢」を使っていこうと思うんですよね。

まずは3枚におろしまして塩をする。

そんでもって酢に漬けていくのですが、

お隣の徳島県ですと、

このイボダイを頭のついた状態で半分に開き、

そのままの姿で使用する「姿ずし」をですね、

お店でみかけることがよくあるのですが、

慣れていないと、

頭付きって部分に少々抵抗を感じちゃいますので、

今回は「身」だけの状態にして、

握り寿司にしてみようと思っているんですよね。

DSC04001_convert_20230915154512.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
忘れ物
DSC03021s_convert_20230810065125.jpg

さてさて、ボラの「洗い」を堪能したことで、

完全に忘れてしまっておりました。

コチラはボラの「ウス」

その形から「そろばん」などとも呼ばれる、

内臓の中にある貴重な部位でございます。

持って帰るのを完全に忘れてしまっておりまして、

翌日ふとしたタイミングで思い出し、

事務所の冷蔵庫から取り出してみますと、

なんだか変な液体がにじみでてきている。

それでも鮮度的には問題ないはずですので、

持ち帰り、塩コショーで炒めることに。

DSC031111_convert_20230810064919.jpg

適当な厚さに切り分けて、

塩コショーを強めにきかせて、

フライパンでジュージュー炒める。

食べてみますと、コリコリコリコリ。

鶏の砂肝のような食感で、

本当に美味しいんですよね。

聞いた話ですと、

「身はいらんけどウスはいる」とか言ってですね、

この部分だけを持って帰る漁師さんなんかもいるのだそう。

コリコリコリコリ、うん、美味い。

ボラの「ウス」

機会があればぜひ食べてみてくださいね。

DSC031201_convert_20230810064908.jpg


農林水産業 ブログランキングへ