引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
ハモの天ぷら
CIMG0989_convert_20170712075934.jpg

最後はコチラ。

「ハモの天ぷら」

揚げたてアツアツをいただきますと、

うん、美味い!

すっごい高級な味がする。

ハモの旨みがギュッと閉じ込められてて、

噛むとふわっと、うんうんうん。

小骨もまったく気にならない。

素人の「骨切り」だとこうはいかないから、

やっぱり「M車さん」にお願いしてよかった。

「天つゆ」で食べても美味しいし、

シンプルに「塩」でいってもいける。

どちらかというと「塩」のほうが、

ハモそのものの味がよくわかる。

うんうんうんうんうん。

やっぱり美味しい。

ハモの天ぷらは超オススメ。

そとはサクサク、中はふわふわに仕上げると、

その食感を存分に楽しむことができますよ。

CIMG1003_convert_20170712075957.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
そして吸い物
CIMG0965_convert_20170712075707.jpg

今度はコチラ。

「骨切り」をしてくださった、

㈱ソルトレイクひけたのM車さんオススメ料理。

「ハモのお吸い物」

「湯引き」の段階で使ったこちらの鍋の中身。

すでにハモのダシが出ておりますので、

これを利用いたします。

ここにハモの身を入れまして、

塩と醤油で味を調えれば完成。

「ハモのお吸い物」ですね。

CIMG0984_convert_20170712075821.jpg

見た目のことも考えて、

山椒の葉っぱを浮かせてイイ感じに仕上げると、

さあ、あとは食べるだけ。

それでは、いただきます。

ズズッ。

美味しーい!!!

ズズッ。

メチャクチャに旨い。

ハモのダシがよく出てて、とんでもなく美味しい。

完璧な骨切り処理がなされたハモの身は、

見た目も美しくてそして食べやすい。

うんうんうん、これはイイ。

ハモのお吸い物はホント最高。

ぜひご家庭でもチャレンジしてみてくださいね。

CIMG0987_convert_20170712075835.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
続 ハモは湯引きで
CIMG0990_convert_20170712075854.jpg

というわけで「ハモの湯引き」完成。

お店で買ってきたチューブ式の「梅肉」をしぼって、

チョイチョイとハモの上に乗っけると出来上がり。

それでは、さっそく食べてみたいと思います。

せーの、いっただっきまーす。

パクッ。

うんうんうん。

美味しい。

すごくサッパリ感がある。

梅肉も合ってて上品な味わい。

この高級感はなかなかのものですよ。

M車さんの「骨切り」のおかげで、

小骨もまったく気にならない。

うんうんうん。

これはいける。

美味しい美味しい。

暑い夏にぴったりの爽やかな味わい。

ハモの湯引きはこの時期オススメですよ。

CIMG0992_convert_20170712075913.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ハモは湯引きで
CIMG0965_convert_20170712075707.jpg

M車さんに骨切りをしていただいたハモ。

これをどう食べようかというところで、

ワタクシいろいろと聞いてみたんですよね。

M車さんのオススメは「お吸い物」

そして販売部Kさんのオススメは「湯引き」

今回まず最初にチャレンジするのは、

その「湯引き」でございまーす。

湯引きといえば、

熱湯をかけてみたいなイメージだったのですが、

ハモの場合は湯にくぐらせるのがいいみたい。

そして、中まで熱が入るか入らないかくらいで取り出して、

すぐに冷水で冷やします。

CIMG0973_convert_20170712075735.jpg

身がキュッとしまっていい感じ。

充分に熱を取ったところで、

氷水からとりだして、

ハモの身についた水分をふき取るわけですね。

お皿に盛ればハイ完成。

あとは食べるだけですが、

販売部Kさんのオススメは「酢味噌」

もしくは「梅肉」

さらには「酢味噌&梅肉」

このうちどれにしようか迷ったのですが、

お手軽な、チューブ型の「梅肉」を、

お店で見つけましたので、今回はコレで食べてみたいと思います。

CIMG0976_convert_20170712075801.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ハモハラビラキ
CIMG0926_convert_20170710170300.jpg

㈱ソルトレイクひけたのM車さんの手により、

テキパキと解体されてゆくハモ。

素人なら3枚おろしにしてしまうところを、

M車さんは腹開きにして、

作業の短時間化をはかります。

どういうことかと申しますと、

3枚におろせば、

片身ずつの「骨切り」が必要になるため、手間は2倍。

しかし、腹開きにして身をつなげておけば、

両方の身を一度に「骨切り」してしまえるというわけ。

CIMG0929_convert_20170710170320.jpg

ハイ、腹開き完了。

キレイな仕上がり。

売り物みたい。

背ビレ等は最初の段階で除去しておりますので、

あとは「骨切り」をするだけの状態となりました。

そしてここまでの作業に要した時間はわずか数分。

何度時計を確認しても、ぜんぜん時間が経ってない。

驚きの解体速度。

さらに間をおかず、

ガリッ、ガリッ、ゴリッ、ゴリッ。

難易度の高いハモの「骨切り」も、

M車さんの手にかかればあっという間でございます。

CIMG0937_convert_20170710170407.jpg


農林水産業 ブログランキングへ