fc2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
ひけたひなまつり
DSC07799_convert_20240228135604.jpg

さてさて、話の途中ではありますが、

以前ご紹介させていただきました、

「ひけたひなまつり」での出店情報。

引田漁協女性部による「ブリ漬け丼」

昨日のお昼に食べてまいりました。

令和6年2月28日(水)~3月3日(日)

11:00~14:00(ラストオーダー13:30)営業。

ということで、開店まもなくの時間に、

引田漁協事務所向かいの引田漁村センターへ。

DSC07806_convert_20240228135525.jpg

ブリ漬け丼&アラ汁のセットをいただいたのですが、

これは美味しかったですねぇ。

「うん、美味しかった」(A料理長談)

次から次へとお客様が入っていたし、

人気の方も上々のよう。

あと、サーモン丼の方も美味しいとのことですので、

期間中もし引田を訪れる予定がございましたら、

ぜひお立ち寄りいただきたいと思います。

DSC07696_convert_20240223092728.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト



てんぷら
IMG_2023-10-03-18-11-46-163_convert_20231009094325.jpg

「オキザヨリ」と「エソ」のすり身で作った、

「てんぷら」の完成でございまーす!!

ワー!ワー!ワー!ワー!

「すり身」状態になったモノをもらったものですので、

すでに「下味」がついているのかどうか、

そのあたりが分からずに不安だったのですが、

「ついている」「ついていない」確率としては50%

そこで「ついていない」ほうに賭けて、

塩を追加し勝負に出たのですが、ムムッ。

ムムムムムム。

どうやら、すでに味付けをしていてくれたようで、

とんでもなく塩辛いのが出来ちゃたみたい。

一口目は美味しく感じるんだけど、

後からやってくる塩味がすごくて、うぐっ。

くーっ。

味自体は美味しいんですけど、

塩がキツイとここまで食が進まなくなるのかと、

むしろ感心したりしながら、

責任をもって食べ進める。

ただ、塩加減に気を付けて上手に作れば、

絶対に美味しいハズ。

機会があればぜひご家庭でも挑戦してみてくださいね。

IMG_2023-10-03-18-19-00-977_convert_20231009094345.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
オキザヨリすり身
IMG_2023-10-03-17-58-56-012_convert_20231009094242.jpg

青い身をしたオキザヨリ。

漁師さんからいただいたものの、

どう処理すればいいのかわからず

若手職員にその所有権を譲ることにしたわけですが、

翌日、それが「すり身」になった状態で、

手元に戻ってきたわけなんですよね。

サイズもけっこうあったし、

肉厚でもあったので、

身の量が結構多かったらしく、

趣味の釣りで手に入れた「エソ」と混ぜ合わせて、

「すり身」を作ったそうで、

そのお裾分けをいただいたというわけ。

混ぜ合わせた「エソ」の影響でか、

身の色も「青」というより「灰色」に近くなった感じで、

見た目的にも食べやすそう。

この「すり身」を使って、

今回は「てんぷら」を作ります。

ちなみに、こちら香川県では魚のすり身を油で揚げたものを、

「てんぷら」と呼ぶわけなんですね。

IMG_2023-10-03-17-58-23-725_convert_20231009094258.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
青身
DSC04412_convert_20231003085503.jpg

トントントン。

「オキザヨリ」を手際よく解体していくその様子をすぐ近くで撮影中。

そうそう。

オキザヨリの仲間といいますか、

似たもの同士といいますか、

よく似た種類に「ダツ」と「サヨリ」がいまして、

それらの魚の骨の色はですね、

普通の魚のように「白色」ではなく、

なんと「青色」をしているんですよね。

ですから、仲間であるこの「オキザヨリ」の骨も、

おそらくは青系のハズ。

確認のため、

3枚におろした切断面を確認しますとホラね。

やっぱり、骨の色は「青」ですね。

というよりも、むしろ身の色まで青い感じ。

しかし、ここまで身の色が「青」だと、

ちょっと食欲がなくなるといいますか、

なんといいますか、

そもそも「オキザヨリ」ってどうやって食べるんだろう?

そのあたりからしてよく分からないわけでございます。

DSC04434_convert_20231003085612.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
タチは塩焼き
IMG_2023-09-28-18-43-12-231_convert_20230929144414.jpg

タチウオの塩焼き。

スダチとかあればもう最高。

小さな骨に気を付けながら、

ちまちまと食べ進めると、

コレはコレでとんでもなく美味しいんですよね。

シンプルな塩味に、

スダチの香りとさわやかな酸味。

タチウオのしっとり食感もいい。

もごもごもごもご。

メチャクチャ美味しい。

ぶつ切りにして塩をふって焼くだけだから料理も簡単。

ぜひ、ご家庭でも食べてみてくださいね。


農林水産業 ブログランキングへ