引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
岡本中華 鴨島店
CIMG0342_convert_20170606175641.jpg

A料理長との定例会は、いつものように2軒目へ。

ちなみに、1軒目のお店では、

ラーメン1杯と、餃子と唐揚げをいただきました。

で、続けて2軒は胃袋的にも、健康面でも、

あまりよくないコトは分かっているのですが、

「2軒目いけるだろ、いけるいけるペロッといける」(A料理長談)

その言葉に押し切られて、今回もやってまいりました。

コチラは「岡本中華 鴨島店」

徳島白系と呼ばれるコチラのスープは、

乳白色で、塩味のきいたまろやか豚骨。

CIMG0319_convert_20170606175700.jpg

ズズズズズズズズッ。

うん、美味い。

「豚どん(大)もたのんで分けて食べよか」(A料理長談)

さすがに、2軒目で、

さらに「豚どん」までとなると、

ワタクシちょっと自信がないんですけど。

「いけるいけるペロッといける」(A料理長談)

はぁ。

というわけで、豚どんも追加で注文。

その結果・・・。

当然のように食べ過ぎ漁協。

血圧、脈拍、血糖値が気になる今日この頃でございます。

CIMG0330_convert_20170606175813.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
金屋
CIMG0283_convert_20170606175404.jpg

さてさて、今回は定例会の報告会。

定例会というのはアレですね。

いつものアレ。

仕事終わりにA料理長とお出掛けして、

ラーメン屋さんをめぐるというアレ。

今回のお店はコチラ。

徳島県にございます「中華そば 金屋」

チャーシューが評判のお店とのことですが、

もうね、全体的にスッゴク美味しいの。

CIMG0288_convert_20170606175424.jpg

チャーシューだけじゃなくって、

麺もスープもレベルが高い。

ズズズズズズズ。

どんな風に美味いとか、

どこがどうとか余計な説明など必要なし。

とにかくとんでもなく美味い。

「美味かったなぁ」(A料理長談)

最高でしたね。

中華そば「金屋」

オススメですよ。

CIMG0292_convert_20170606175443.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
大孫 その後
CIMG9640_convert_20170502174217.jpg

大孫にてラーメン(生たまご2つ入り)、餃子、唐揚げを食べたあと、

「もう1軒行けるだろ」(A料理長談)

ワタクシすでに満腹なんですけど。

「回転ずしのラーメンが美味いんや」

はぁ、そうなんですか。

「いけるいけるペロッといける」

というわけで、2軒目の回転ずし屋さんに到着。

ちなみに、A料理長オススメの「ラーメン」があるお店は満員で、

待ち時間に耐え切れず別のお店に急遽変更となりました。

なんといいますか、「ハマチ」は美味しいですよね。

どんな回転ずし屋さんでも「ハマチ」のレベルは総じて高い。

養殖、そして流通のレベルが、そのまま鮮度となって表れている。

そしてコチラはアレですよアレ。

先日、紹介させていただきました「タイラギ」ですよ。

そう、「カイバシラ」

CIMG9642_convert_20170502174231.jpg

火を通したほうが旨味、甘味、歯応えともに増すのですが、

お寿司の場合はやっぱり刺身。

「うん、美味い」(A料理長談)

上品な味わいですよねぇ。

そして、このあと数皿をいただいてワタクシついにギブアップ。

くふーっ、食べ過ぎた。

隣ではタッチパネルを使って、A料理長の注文がまだまだ続きます。

高級マグロ、アジ、その他もろもろ。

「デザートええかな」

そして最後はゴマ団子。

「ひとつ食べる?」(A料理長談)

いえ、もうホント結構です。

ちなみに、間もなく健康診断なんですよねぇ。

CIMG9664_convert_20170502174322.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
大孫 その2
CIMG9621_convert_20170502174014.jpg

A料理長とやってまいりました。

こちらは徳島県にございます、徳島ラーメンのお店「大孫」

まずは、スープからまいりましょう。

ムムムムッ!!

ほんわりと濁って見えたのは表面だけで、

その下からは濃い茶色のスープが出てまいりましたよ。

試しにひとくち飲んでみる。

ゴクッ。

うん、味もやっぱり濃いめかな。

サービスの生たまごをひとつ投入。

CIMG9624_convert_20170502174028.jpg

黄身をつぶしてかき混ぜ混ぜ混ぜ。

今度は麺をズズズズズッ。

うん、美味しい。

けれど、まだ濃い気がする。

「もうひとつ入れよか」(A料理長談)

そういうわけで、二つ目の生たまごをパカリ。

そして再び混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ。

いざ、勝負。

CIMG9627_convert_20170502174046.jpg

ズズズズズズズッ。

うん、いける。

通常ならば、生たまごをふたつも入れると、

味が薄まってしまいそうな気がいたしますが、

「大孫」のラーメンは大丈夫。

かすかにまろやかさが加わる程度で、

味の濃度はぜんぜん変わっていない気がする。

「たまごふたつが全然こたえてないぞ!」(A料理長談)

ズズズズズズズ。

「もうひとつ入れてもええぐらいや!」(A料理長談)

でも、クセになりそうな味ですね。

CIMG9629_convert_20170502174100.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
大孫
CIMG9635_convert_20170502174144.jpg

さてさて、仕事終わりにA料理長とお出かけ漁協。

行先はコチラ。

徳島県にございます、徳島ラーメンのお店。

「大孫」

A料理長もワタクシも初めてなんだけど、

聞くところによりますとB料理長のオススメ店なんですって。

「持ち帰りのラーメンが旨いって言よったぞ」(A料理長談)

暖簾をくぐって、いざ入店。

テーブルの上のメニューを確認し、

ふたりとも「ラーメン」普通サイズを注文する。

「あと、餃子と唐揚げも!」(A料理長談)

CIMG9616_convert_20170502173918.jpg

待っている間に、カゴに盛られた生たまごを発見。

ふむふむふむ。

「生たまご」サービスで入れ放題ということは、

ちょっぴり濃いめといいますか、

辛めのラーメンなのかな?

「辛系やな、カラ系」(A料理長談)

そうこうしているうちに「ラーメン」到着。

見た目的には、スープの色も濃すぎず、

まろやかそうな感じに見えますね。

それでは、いただいてみたいと思います。

続く。

CIMG9617_convert_20170502173948.jpg


農林水産業 ブログランキングへ