引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
大孫 その後
CIMG9640_convert_20170502174217.jpg

大孫にてラーメン(生たまご2つ入り)、餃子、唐揚げを食べたあと、

「もう1軒行けるだろ」(A料理長談)

ワタクシすでに満腹なんですけど。

「回転ずしのラーメンが美味いんや」

はぁ、そうなんですか。

「いけるいけるペロッといける」

というわけで、2軒目の回転ずし屋さんに到着。

ちなみに、A料理長オススメの「ラーメン」があるお店は満員で、

待ち時間に耐え切れず別のお店に急遽変更となりました。

なんといいますか、「ハマチ」は美味しいですよね。

どんな回転ずし屋さんでも「ハマチ」のレベルは総じて高い。

養殖、そして流通のレベルが、そのまま鮮度となって表れている。

そしてコチラはアレですよアレ。

先日、紹介させていただきました「タイラギ」ですよ。

そう、「カイバシラ」

CIMG9642_convert_20170502174231.jpg

火を通したほうが旨味、甘味、歯応えともに増すのですが、

お寿司の場合はやっぱり刺身。

「うん、美味い」(A料理長談)

上品な味わいですよねぇ。

そして、このあと数皿をいただいてワタクシついにギブアップ。

くふーっ、食べ過ぎた。

隣ではタッチパネルを使って、A料理長の注文がまだまだ続きます。

高級マグロ、アジ、その他もろもろ。

「デザートええかな」

そして最後はゴマ団子。

「ひとつ食べる?」(A料理長談)

いえ、もうホント結構です。

ちなみに、間もなく健康診断なんですよねぇ。

CIMG9664_convert_20170502174322.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
大孫 その2
CIMG9621_convert_20170502174014.jpg

A料理長とやってまいりました。

こちらは徳島県にございます、徳島ラーメンのお店「大孫」

まずは、スープからまいりましょう。

ムムムムッ!!

ほんわりと濁って見えたのは表面だけで、

その下からは濃い茶色のスープが出てまいりましたよ。

試しにひとくち飲んでみる。

ゴクッ。

うん、味もやっぱり濃いめかな。

サービスの生たまごをひとつ投入。

CIMG9624_convert_20170502174028.jpg

黄身をつぶしてかき混ぜ混ぜ混ぜ。

今度は麺をズズズズズッ。

うん、美味しい。

けれど、まだ濃い気がする。

「もうひとつ入れよか」(A料理長談)

そういうわけで、二つ目の生たまごをパカリ。

そして再び混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ。

いざ、勝負。

CIMG9627_convert_20170502174046.jpg

ズズズズズズズッ。

うん、いける。

通常ならば、生たまごをふたつも入れると、

味が薄まってしまいそうな気がいたしますが、

「大孫」のラーメンは大丈夫。

かすかにまろやかさが加わる程度で、

味の濃度はぜんぜん変わっていない気がする。

「たまごふたつが全然こたえてないぞ!」(A料理長談)

ズズズズズズズ。

「もうひとつ入れてもええぐらいや!」(A料理長談)

でも、クセになりそうな味ですね。

CIMG9629_convert_20170502174100.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
大孫
CIMG9635_convert_20170502174144.jpg

さてさて、仕事終わりにA料理長とお出かけ漁協。

行先はコチラ。

徳島県にございます、徳島ラーメンのお店。

「大孫」

A料理長もワタクシも初めてなんだけど、

聞くところによりますとB料理長のオススメ店なんですって。

「持ち帰りのラーメンが旨いって言よったぞ」(A料理長談)

暖簾をくぐって、いざ入店。

テーブルの上のメニューを確認し、

ふたりとも「ラーメン」普通サイズを注文する。

「あと、餃子と唐揚げも!」(A料理長談)

CIMG9616_convert_20170502173918.jpg

待っている間に、カゴに盛られた生たまごを発見。

ふむふむふむ。

「生たまご」サービスで入れ放題ということは、

ちょっぴり濃いめといいますか、

辛めのラーメンなのかな?

「辛系やな、カラ系」(A料理長談)

そうこうしているうちに「ラーメン」到着。

見た目的には、スープの色も濃すぎず、

まろやかそうな感じに見えますね。

それでは、いただいてみたいと思います。

続く。

CIMG9617_convert_20170502173948.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ハマチ刺身定食ダブル
CIMG9227_convert_20170309172251.jpg

こちらは東かがわ市引田にございます、

ハマチ養殖発祥の地「安戸池」のほとり、

「ワーサン亭」

今回は「さしみ定食」よりワンランク上の、

「さしみ定食ダブル」を注文いたしました。

ちなみにダブルは、

ハマチ(ブリ)の刺身が10切れになっているんですよね。

ちなみに、通常は5切れだったかな。

で、コチラの刺身は一切れが大きい。

CIMG9230_convert_20170309172352.jpg

割り箸をパシンと割って、

おもむろに刺身を一切れつまみあげます。

この身の輝き、美しさ。

刺身醤油にハラリとつけて、

ゆっくりと口元へと運ぶ。

そして、そのままパクリと一口で。

うん、うん、うん。

鮮度を物語るこの歯応え。

CIMG9232_convert_20170309172317.jpg

旨味も充分。

これは美味しい。

さらに、パクッとパクッとバクバクはむはむ。

ぷはぁーっ、食った食った。

大満足。

さすがに刺身も10切れあると満腹になりますね。

「ごはん」はおかわりもできるんですって。

というわけで、ワーサン亭の刺身定食、

オススメですよ。

CIMG9235_convert_20170309172333.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
食べ歩き伝説
CIMG9000_convert_20170306172843.jpg

先日のことになりますが、

ワタクシですね、

「引田漁協青壮年部」の研修会、

いや、研修旅行といったほうがいいのかな、

とにかく総勢17名の旅に同行してまいりました。

研修の詳しい内容については内緒にさせていただきますが、

お昼に立ち寄った広島県、

「安芸の宮島」での昼食では、

カキのフライや、あなご料理をいただきまして、

また、B料理長などは、ごはんおかわり3杯を決行。

さらに、お店を出てすぐ、

「クロワッサンもみじ」なるものを買い食い、

「うまい!」(B料理長談)

別のお店では「揚げもみじ」を購入即食い、

「これもうまい!!」(B料理長談)

続いて「フローズンくりーむぱん」を歩きながらパクつき、

「うまいうまい!!」(B料理長談)

昼食でごはん3杯おかわりしたコトも忘れて、

バスの出発時間直前に「お好み焼き」が食べたいなどと言い出し、

「えええ、無理か、えええぇ」(B料理長談)

何回腕時計を確認しても、無理なものは無理ですね。

「えええ、えええぇ」(B料理長談)

さらに、バスの中ではお菓子を少々、

トイレ休憩でSAに立ち寄るたびに、

たこやき、アイスなどを食べ続けたコトについても、

内緒ということでお願いいたします。

「チーズちくわも食べた」(B料理長談)

ちなみにこのあと、夕食もガッツリいただいております。

123ddc_convert_20170307171650.jpg


農林水産業 ブログランキングへ