引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
市場で見つけた
CIMG7984_convert_20170120182001.jpg

ひさしぶりに見つけましたよ。

珍しいヤツ。

セリ終わりの市場でセイロを洗っているときに、

ふと見たら、いたんです。

黄色と白の縞模様。

口先がチュッと尖って、

なかなかに可愛らしいお魚さんですよね。

熱帯魚みたいな感じで、

こんなお魚初めて見た。

もちろん名前も分かりませんので、

この模様と、口先のトンガリと、背ビレの黒丸を手掛かりに、

いろいろと調べてみまして、

ついにそれらしきのを見つけましたよ。

というわけで、おそらくこちらのお魚でしょう。

引田漁協魚市場より、

「ゲンロクダイ」

食べられるのかとか、

美味しいのかとか、

そのあたりまったく分かりませんが、

この見た目ですので、

食用としてより、

観賞用として人気がありそうですね。

CIMG7982_convert_20170202171454.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
余談と危険
CIMG5282_convert_20160806091912.jpg

余談ではありますが、その後ですね、

そう「ツノガニ」を放流用のガザミたちに紛れ込ませて、

ワタクシが事務所へと戻ったあとの話。

仕事をしておりますと、

「やられた」

と、指から血を流しながら、

販売部Kさんが入ってまいりまして、

傷の手当てを始めたわけでございます。

ハモの出荷作業を見せていただいたときに思ったのですが、

いくら注意しているとはいえ、

毎回毎回、水中のハモを素手で触ったりなんかしていたら、

噛まれて当然、

むしろ噛まれないほうが不自然。

ああいう危険なコトをしていると、

やっぱりそれなりの確率で噛まれますよねぇ。

「痛かった」

ハモって怖いですよねぇ。

「いや、ハモはいけたんやけど」

ハモじゃない?

「カニにはさまれた」

・・・・・・ああ、放流用の。

たしかにガザミのハサミも危険。

信じられないようなパワーをもってますからね。

ワタクシも以前、ちょっとだけ身を挟まれたときに、

あまりの痛さにパニック状態になりましたよ。

というわけで、ハモだけじゃなくガザミも危険。

皆様もぜひご注意を。


農林水産業 ブログランキングへ
抱卵状態
CIMG5279_convert_20160806091938.jpg

ハモ出荷作業中の販売部Kさんを撮影した後、

今度は、記録用としてこの「ツノガニ」をじっくり撮影。

背中側からも、お腹側からもカシャカシャカシャカシャ。

よしっ、いっぱい撮れた。

で、撮影していてワタクシ気付いたのですが、

このツノガニ、卵をもってる。

ホラ、腹部をよく観察してみますとですね、

赤い色をしたツブツブがぎっしりと詰まっている。

これはいわゆる「抱卵状態」

CIMG5255_convert_20160806091728.jpg

ちなみにですね、

抱卵ガザミ(ワタリガニ)の場合は、

甲羅の背中にホワイトマーカーで「とるな」と書いて、

資源管理のために逃がしてやるコトは、

以前ご紹介させていただいた通りでございます。

ガザミと違って食用にはいたしませんが、

この「ツノガニ」も逃がしてやるべき。

というわけで、こっそりと、

放流用のガザミのカゴの中へまぎれこませておくことに。

こうしておけば、ハモの作業を終えたあと、

販売部Kさんがガザミと一緒に放流してくれるハズですからね。

CIMG5281_convert_20160806091846.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
作業も撮影
CIMG5290_convert_20160810075221.jpg

というわけで引田漁協魚市場に到着。

漁師さんが獲ってきてくれた「ツノガニ」を、

この場所で、じっくり撮影するつもりだったのですが、

「おお、写真とるか?」

ちょうど販売部Kさんが、

ハモの出荷作業をしておりましたので、そちらを優先。

ツノガニは後回し。

左手にツノガニを持ったまま、

右手のカメラで作業の様子を撮影することに。

CIMG5264_convert_20160806092135.jpg

水槽の中のカゴのフタを開けて、

中のハモを素手で捕まえようとする販売部Kさん。

凶暴なハモを刺激しないよう、

慎重に、そーっと、そーっと。

気付かれないよう背後から腕をのばして、

そこからいきなり首根っこをガシッと掴む。

大きな口をあけて反撃を試みるハモ。

それを完全にコントロールする販売部Kさん。

ハモがおとなしくなったところで撮影タイム。

CIMG5270_convert_20160806092159.jpg

リクエストに応えて、

ハモの口をより大きく開けるようにしてくれたり、

撮影しやすい角度にハモの向きを変えてくれたりする、

やさしい販売部Kさん。

で、そのあと、出荷用のカゴへと移し入れるわけですが、

この瞬間が最も危険なんですって。

「このときに暴れるんや」

バタン、バタン、バタバタバタン。

カゴの中でひとしきり暴れたあと、

別のハモに噛みついて、なんとか落ち着きを取り戻す凶暴なハモ。

「あんまり近づいたら噛まれるぞ」

そういうことですので、ハモはここまで。

そろそろ「ツノガニ」の撮影に取り掛かることにいたします。

CIMG5271_convert_20160806092215.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ツメ攻撃
CIMG5257_convert_20160806092015.jpg

というわけで、漁師さんが獲ってきてくれた「ツノガニ」2匹。

不安定な船の上での撮影はここまでにして、

とりあえず市場へと持ち帰ることにする。

ただ、カニってハサミがあるじゃないですか。

ガザミ(ワタリガニ)なんかに挟まれたりすると、

涙が出るほど痛いし、流血したりすることもある。

ただ、この「ツノガニ」

見た目は不気味なのですが、

ハサミを振りかざして威嚇したりはしてこなくて、

性格はおとなしそうな感じ。

ハサミのサイズも小さいし、

たぶん大丈夫だな。

ホイっと。

ホラ、読み通り。

てのひらに乗せてみても、

嫌がりはするものの、攻撃してきたりはしない。

けど、痛い。

痛っ、いてて。

足のパワーがけっこうスゴイ。

しかも、その先端には、するどいトゲのような爪があって、

これをぐいぐい食い込ませてくる。

あでっ、あででっ。

逃げようとするツノガニを、

ぐっとてのひらで包み込んで逃亡を阻止する。

するとよけいに、痛ででででッ。

そんな攻防を繰り広げながらも、

ワタクシてくてくと歩き続け、

まもなく市場到着でございます。

CIMG5258_convert_20160806091749.jpg


農林水産業 ブログランキングへ