引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
メバルの煮付け
CIMG8918_convert_20170303162851.jpg

こちらは「クロメバル」

引田漁協の市場でも高値で取引されている、

かなり高級なお魚でございます。

今回はその「クロメバル」

通称「クロメ」を煮付けでいただいてみたいと思います。

ウロコをとって、内臓を除去して、

味がしみ込みやすいよう、

カラダに×の切り込みをいれて準備完了。

水と酒、醤油、砂糖で味付けし、

グツグツ煮てまいりますと・・・。

CIMG8924_convert_20170303162922.jpg

ハイ、「クロメバルの煮付け」完成でございます。

さっそく、食べてまいりますと、

これが美味い

締まっているのに硬くなく、

口の中でホロホロと崩れていくような、

しっとりとしたふわふわの身。

身離れがよく食べやすいのですが、

小骨がけっこう丈夫で硬いので、

誤って飲み込んだりしないよう気を付ける必要がありますね。

いや、それにしても美味い。

「クロメの煮付け」

これはオススメですよ。

CIMG8930_convert_20170303163002.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト