引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
さらに調べる
CIMG9291_convert_20170319085736.jpg

昔、引田で盛んであったという「ボラ漁」

このことについてもう少しだけ調べてまいります。

今度はこちら。

香川県農林水産部水産課発行の、

「香川の漁業史」その57ページ。

【寄魚漁業】

冬の期間魚が特定の場所に集まる習性を利用して、

一挙に捕獲する漁業を、一般に寄魚漁業又は冬網と言った。

対象とする魚はボラが主体であるが、

コノシロ・スズキ・チヌ等も獲っていた。

この漁業は多くは村・浦の権利として存在し、

それを漁獲する人を村・浦で決め、

その落札金は村・浦の収入としていた。

なかには、引田のように

旧藩主の水主をした者に操業の権利があるとして操業をしていたが、

本来は浦の漁業者全体にあるという者も出て、

明治二十七年紛争が起きたこともある。

寄魚の漁場は県内では安戸池、馬篠、庵治湾、志度湾、高松築港、

王越、仁尾、箕浦、小豆島吉田湾など県下至るところにあり、

各漁場では冬の季節に入るとこの海域では、

あらゆる漁業を禁止し、監視船も付け漁場を保護した。

そして網入れする日は浦中の人が集まり祭さながらの賑を見せた。

しかしこの漁業も昭和三十年代になり、

需要者がボラ・コノシロは油臭がすると言い、

食べなくなり次第に消えてきた。


とあります。

祭りさながらの賑いをみせたという、冬の風物詩。

昭和三十年代まで続いたこの「ボラ漁」も、

現在ではその様子をこうした文献の中ににとどめるのみ、

といった状況なわけでございます。


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト