引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
続 そして刺身に
CIMG1910_convert_20180210094034.jpg

というわけで、サッサッサッ。

はい、ゲタの刺身の出来上がり。

先に皮を剥がしてあるので、

あとから皮をひく必要はないし、

小骨とかもないみたいだし、

ゲタの刺身って意外と手間がかからないんですよね。

他の魚に比べると、かなり簡単。

ちなみに、腹側のほうは身も薄く、

皮もついたままなので刺身にはいたしません。

今回、刺身に使うのは背中側の身のみ。

CIMG1908_convert_20180210094051.jpg

漁師さんからは、

刺身にするならば、

できるだけ大きいゲタを買うようにと言われていたのですが、

予算の関係で中くらいのサイズになったんですよね。

でも、これだけの身が取れれば充分。

あとは一切れずつ切っていくだけ。

ゲタの身は少々やわらかめなので、

あまり薄く切っていくと上手くいかない場合がございます。

ですから、ちょっぴり厚めに。

マダイとかの感覚で切っていくと、いいのかな。

とりあえず、こんな感じに出来上がりましたので、

食べてみたいと思います。

CIMG1914_convert_20180210094110.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト