FC2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
茎ワカメ
CIMG2370_convert_20180326161740.jpg

いわゆるワカメの芯ですね。

ワカメは葉も美味しいけれど、

この「茎」の部分も美味なんですよね。

適当な幅に切り分けて、

沸騰させたお湯にサッと通しますと、

赤茶色だったものが、

鮮やかな緑色に早変わり。

で、これをマヨネーズ醤油とかでいただくと、

これがもう、それはもう。

ゴリゴリの食感でやめられないとまらない。

ゴリッ、ゴリッ、ゴリッ、ゴリッ。

体にもよさそうだし、

食べて美味しいし、

ぜひ味わっていただきたい食べ方ですねコレ。

また、手間はかかりますが佃煮にしても美味。

ごはんと一緒に食べるとホント最高。

「ワカメの芯」

機会がございましたら、ぜひお召し上がりくださいね。

CIMG2373_convert_20180326161722.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
おまかせ刺身定食
CIMG2379_convert_20180327075755.jpg

というわけで、こちらは香川県東かがわ市引田、

ハマチ養殖発祥の地「安戸池」にございますワーサン亭。

そして今回注文したのはコチラ。

「おまかせ刺身定食」

ハマチ、サーモン、タコ、イカ、

他にもネギトロみたいなのがついてて、すっごい豪華。

ホラ、ホラ。

アップで撮影するとホラ。

これは美味そう。

いっただっきまーす。

CIMG2380_convert_20180327075740_20180328170616424.jpg

まずは、ハマチを一切れ。

ああ、いい。

食べればわかる。

この食感、この鮮度。

サーモンもいい。

イカもタコも。

でもやっぱり、一番おいしいのはハマチ。

皆様、ワーサン亭へお立ち寄りの際には、

刺身定食、もしくはダブル、もしくはおまかせ刺身定食。

この味をぜひ体験してみてくださいね。

CIMG2381_convert_20180327075720.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ワーサン亭
CIMG2375_convert_20180327075649.jpg

さて、今回やってまいりましたのは、

香川県東かがわ市引田の、

ハマチ養殖発祥の地「安戸池」にございますワーサン亭。

※詳しい情報はコチラから → 『㈱ソルトレイクひけた』

ちなみにこちらはワーサン亭の窓から見える景色。

池の中央へと伸びているのは、

安戸池釣り場「フィッシュフック」の桟橋ですね。

春になり水温が上がってまいりますと、

ハマチ、タイなどの魚が放流され、

大物と格闘する釣り人たちの姿を眺めながら、

食事ができたりするんですよね。

さて、それはそれとして。

今回は何を食べるか・・・・。

刺身定食もアリだけど、

刺身定食ダブルも捨てがたい。

しかしながら、気になる定食がもうひとつ。

それが「おまかせ刺身定食」

ハマチ、サーモン、タコ、イカ、等々、

様々な種類の味を楽しめる「おまかせ刺身定食」

うーん。

くぅーっ。

おまかせ刺身定食にするか、

いや、刺身定食、もしくはダブル。

いやいや、ここは「おまかせ」でいくべきか。

決めきれないけど、

やっぱり気になるのは・・・。

「おまかせ」かなぁ。

「おまかせ」だろうなぁ。

よし決めた!!

今回は「おまかせ」にしてみようかな。

CIMG2377_convert_20180327075808.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
イナの大群
CIMG54301_convert_20180322080034_20180328170721831.jpg

うわああああああああ。

す、すごい数ですね。

「イナや」

漁師さんの指し示す先にいたのは「イナの大群」

イナと言いますのは「ボラの子」のことでして、

出世魚のボラはですね、

地方によってその呼び名はいろいろですが、

成長とともに、オボコ→イナ→ボラ→トド

なんていうふうに名前が変わっていくわけです。

ちなみに、「とどのつまり」という言葉の語源はですね、

このボラの出世の最終段階、

それ以上大きくならない「トド」からきたと言われているんですねぇ。

そして、その「イナ」サイズのボラが、

引田漁協の市場前に大量に集まってきているわけ。

CIMG5430_convert_20180322075918_201803281707193e5.jpg

「わし、長いこと漁師しよるけどこんなん初めてや」

「これは観光名所になるで」

確かにすごい数で、すごい光景。

ただ、何といいますか、飛び跳ねることもなく、

なんてことのないゆったりとした感じで、

ふわぁーっと同じ場所で泳ぎ続けているだけだから、

ずっと見てるとちょっと飽きてきますね。

「これは観光名所になるで」(漁師さん談)

なればいいですね。

「こんなん初めてや」

たしかにこの数はスゴイ。

CIMG2353_convert_20180322080048_20180328170718ccc.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
撮影依頼
CIMG2354_convert_20180322075822.jpg

「あれ、あそこ!!」

漁師さんの指し示す先には驚きの光景が。

と、その前に。

どういった状況でこうなったのかを説明させていただきますと、

ワタクシ事務所にて仕事をしておりましたところ、

漁師さんがやってきましてですね、

「写真を撮ってもらおう思て」

突然の撮影依頼を受けたわけなんですよね。

で、連れ出されて案内されたのが、

引田漁協の市場前。

「わし、長いこと漁師しよるけどこんなん初めて」

「これは観光名所になる」

興奮気味に語りながらですね、

「あれ、あそこ!!」

その場所を指さしてくれたわけなんですよね。

目を凝らしてみてみますと・・・・。

な、なんですかアレ?

「わし、長いこと漁師しよるけどこんなん初めて」

漁師さんの指し示す先。

そこに見える驚きの光景がコチラ。

それにしてもスゴイですねぇ。

続く。

CIMG2351_convert_20180322075858.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
そしてまた誰も
CIMG5413_convert_20180322080239.jpg

荒々しく獰猛に、

カクレエビを食べたヘイケガニですが、

それ以降、すべての活動を停止し、

ここ数日、同じ場所からまったく動かなくなってしまいました。

心配になって割り箸でつついてみると・・・。

し、死んでる。

イエロー、ピンク、ともに絶命。

食べたカクレエビに「毒」があるなんて話は聞かないので、

水質の悪化が原因なのかもしれませんが、

飼育が簡単そうに思っていた「カニ」ですらも、

水槽で飼い続けることはなかなかに難しい。

CIMG5415_convert_20180322080443.jpg

やっぱり、素人が海の生物なんて飼うもんじゃないな。

ヘイケガニにしてもカクレエビにしても、

市場に捨てられていたのを助けてやったつもりでいたけれど、

こんなことになるならそのまま海に放り投げてやればよかった。

そして翌日。

動かなくなったヘイケガニ2匹、

そして生き残ったカクレエビを水槽から取り出し、

市場の前の海へと帰してやる。

魚は無理、ナマコも無理、

そして甲殻類ですらも飼育は困難。

こうして今回の海の生物飼育作戦も失敗に終わるわけでございます。

CIMG5419_convert_20180322080427.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
静寂
CIMG5383_convert_20180322080554.jpg

興奮し背中のスポンジをかなぐり捨てたピンク。

そしてイエローのほうもカクレエビ1匹を食べつくし、

満足したのか再びまったく動かぬ状態に。

残されたカクレエビたちも、

それぞれの場所で静かに息を潜め、

水槽の中はとりあえず平穏を取り戻した様子。

ただ、食い散らかされたカクレエビの体液のせいか、

水槽の中は白く濁り、

急激に水質が悪化してまいりました。

CIMG5384_convert_20180322080517.jpg

そして数日後。

海水の入れ替えをしていないにもかかわらず、

なぜか澄み渡る水槽内。

覗き込んで見ますと、

ヘイケガニの背負うスポンジを、

いっしょに支えているカクレエビを発見。

仲良くなったのかな?

それにしても、動かないな。

カクレエビを食べて以降、

ヘイケガニたちがまったく動かない。

・・・・・もしかして。

CIMG54132_convert_20180322080348.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
たったひとつの逃げ場所に
CIMG5370_convert_20180228095503_20180322080634edd.jpg

ヘイケガニと共同生活させるため、

同じ水槽に入れてみたカクレエビ。

水槽に入れた段階ですでに絶命し、

ひっくり返っていたものが数匹。

それらをめがけて空きっ腹のヘイケガニたちが攻撃を開始。

頭上からの一撃を加えたあと2本のハサミでガシッと確保。

床にたたきつけたり、揺さぶったり、

荒々しい攻撃を繰り返しながら、

ムシャムシャとものすごい勢いで食べ進めていく。

この様子を見た他の元気なカクレエビたちは大慌て。

我先にと逃げ出すわけですが、そこはホラ。

CIMG5388_convert_20180302165805_20180322080707beb.jpg

狭い水槽の中ですから、

逃げたり隠れたりできる場所はそう多くはありません。

しかしながら、カクレエビたちは、

野生の勘なのかどうなのか、

この極限状態の中で、

たったひとつのもっとも安全な場所を、

すぐさま見つけ出すわけでございます。

その結果。

ヘイケガニ(イエロー)の背負うスポンジの上は、

こんな状態になっちゃうわけでございます。

CIMG53932_convert_20180322080815.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
食事の時間
CIMG5364_convert_20180228095343.jpg

突如としてカクレエビに襲い掛かったヘイケガニ(イエロー)。

高高度から勢いをつけての串刺攻撃の餌食となったのは、

水槽に入れた段階でひっくり返ってすでに死んでいた個体。

しかしながら、この頭上からの狙いすました攻撃方法を見る限り、

ヘイケガニには相手がすでに死んでいるという認識はなかったようで、

とにかく手当り次第にいった感じがしますね。

今回のカクレエビだって別にエサ用に入れたわけじゃありませんから、

元気な個体が襲われたのならあわてて助けるべきかとも思うのですが、

そうじゃないのでとりあえずは事の成り行きを見守ることに。

ヘイケ(イエロー)は鋭いハサミで頭上からの一撃を加えたあと、

獲物を確保しすぐさま食事態勢に。

CIMG5366_convert_20180228095417.jpg

ハサミを使ってムシャムシャと。

そして時折、激しく獲物を揺さぶったり、たたきつけたりして、

さらなるダメージを与えていく。

そしてその食欲たるやかなりのもの。

これまで水槽のなかで絶食状態であったのも影響して、

あっというまにカクレエビ1匹を跡形もなく食べつくしてしまいました。

さらにはその様子を見ていたピンクまでもが興奮し、

別のひっくり返ったカクレエビに攻撃開始。

ワー!ワー!ワー!ワー!

逃げ惑うカクレエビたち。

水槽の中は阿鼻叫喚の地獄絵図と化してくるわけでございます。

CIMG5365_convert_20180228095431_2018032208095482c.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ヘイケは再度豹変す
CIMG5355_convert_20180228095312.jpg

ヘイケガニを飼育している水槽の中に、

市場で見つけた大量の「カクレエビ」を解き放つ。

しかしながら、アレなんですよね。

よく見てみるとひっくり返って動かないのもいる。

どうやら死んじゃってるみたいですね。

ま、カクレエビが隠れているタイラギそのものが、

市場に来ている時点でですね、

海中から揚げられて、

すでにかなりの時間が経っちゃってるわけで、

当然、中のカクレエビもそのぶん衰弱しているんですよね。

元気に動いているのはヨシとして、

ひっくり返っているのは取り除いたほうがいいんだろうなぁ。

CIMG5360_convert_20180228095519.jpg

とかって思っている間に、

イエローが不穏な動きをしはじめる。

じわりじわりカクレエビが密集する地帯に近づいていき、

そのまま足を大きく伸ばして立ち上がる。

・・・・もしかして。

カクレエビの頭上高くから狙いを定めると、

そのまま鋭いハサミを振りかざして、

いったぁーッ!!

体全体を使って真上からの串刺し攻撃ィィィィ!!!

やめてあげてぇーッ!!

とかって思ったのですが、

とりあえず、狙いはひっくり返ってる個体みたいですから、

しばらく様子を見てみることにいたしましょう。

CIMG5363_convert_20180228095327.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
さらなる仲間を
CIMG2257_convert_20180228095148.jpg

自宅で飼育を始めたヘイケガニ。

そこへ新たな仲間として、

タイラギの中のカクレエビを入れてやった結果、

命がけの死闘こそあったものの、

最終的になんとか共同生活が始まったわけでございます。

ってことは、もっと入れてやっても問題ないハズ。

追加で飼育するため、

カクレエビを求めて再び市場へと。

はい、見つけましたよ。

タイラギの殻。

CIMG2260_convert_20180228095214.jpg

この貝の中から「カイバシラ」を取り出すさいに、

ポロポロとカクレエビが落ちたりするわけで、

そのあたりの床を目を凝らして探してみますと、

いましたいました。

1、2、3、4、5、6、7。

結構な数の「カクレエビ」を発見。

これを海水ごとビニール袋に入れまして、

仕事終わりに自宅へと持ち帰り、

水槽の中へ解き放つ。

さあ、一気ににぎやかな雰囲気になってまいりましたよ。

CIMG5356_convert_20180228095239.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
安全地帯
CIMG2236_convert_20180228094959.jpg

そうそう。

ヘイケガニを飼う水槽の中に入れた「カクレエビ」

1匹はピンクのヘイケに襲われながらもなんとか逃げ切ることに成功。

また、その戦いのなかで、

ヘイケのほうもカクレエビのことを認めるといいますか、

油断のならない相手と認識したようで、

互いに距離をとり始め、

なんとなく共同生活に入ったような気配がするんですよね。

で、今回紹介したいのはもう1匹のカクレエビ。

こちらの方はですね、

最初っから襲われることもなく、また気付かれることもなく、

ひっそりとヘイケの死角に潜むことに成功。

CIMG2240_convert_20180228095028.jpg

で、どこに隠れたのかといいますとココ。

なんと、水槽に入れたタイミングで、

すぐさまイエローヘイケのスポンジに着地したんですよね。

なるほど、ここなら完全に安全地帯。

危機管理能力ととっさの判断力がスゴイ。

さらに相棒が襲われるのを目撃したことで、

警戒心がより強くなったようで、

ヘイケの背中にとりついたまま、

その後もまったく動かず。

もう1匹は戦うことで危機を乗り越えたわけですが、

こちらは危険を冒さず、

隠れ続ける生活を選択したようでございます。

CIMG2248fr_convert_20180317093049.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
力関係
CIMG2232_convert_20180228094937.jpg

ヘイケガニを飼育する水槽に、

タイラギの中のカクレエビを入れまして、

共同生活をさせてみる計画。

それを実行してみたわけですが、

とりあえずですね、

目の前で起きた出来事をありのままお伝えいたしますね。

水槽に入ったカクレエビは元気に活動を開始。

で、ヘイケガニはあいかわらず動きをとめたまま。

かと思っていたら、ちょっと目を離したすきにピンクが豹変。

突然カクレエビに襲い掛かったわけでございます。

CIMG2231_convert_20180228094921.jpg

背後からのしかかり、

鋭いハサミでガシガシと攻撃するピンク。

救出しようにもすでに手遅れ。

ピクリとも動かぬカクレエビ。

ごめん、ごめんよ。

仲良く共同生活なんて無理だったんだ。

と思った次の瞬間。

最後の力を振り絞りカクレエビがひと暴れ。

その勢いに恐れを抱いたピンクがとっさに身をひき、

そのすきを突いてカクレエビ脱出に成功ス。

そして現在、怒りのカクレエビの逆襲に、

ヘイケガニの方が後ずさりする、

そういった展開になっているわけでございます。

CIMG2233_convert_20180317092433.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
共同生活
CIMG2220se_convert_20180316075628.jpg

タイラギの中のカクレエビ2匹。

すっごく小さくて、

オレンジピンクの半透明。

内臓なんかも透けて見えている感じですよね。

この可愛いエビさんを、

自宅で飼育しているヘイケガニと一緒に飼うことに決めたんです。

ヘイケガニ1匹飼うのも2匹飼うのも同じだし、

そこに小さな「カクレエビ」が増えたってどうってことはない。

むしろヘイケガニの「平家の怨念」的なマイナスイメージを、

この「カクレエビ」の愛くるしい姿で中和してもらううことで、

水槽の中のイメージアップにつながる気がする。

よし、自宅の水槽を甲殻類の楽園にしてやろう。

というわけで、市場で捕まえた「カクレエビ」2匹。

日中は台所でみつけた「おわん」の中に入れておいて、

仕事終わりにビニール袋に移し変えて、

そのまま自宅へと持ち帰る。

そして、ヘイケガニの水槽の中へと放してやりますと、

ホラ、いきなり元気に歩き始めた。

ヘイケガニ2匹は相変わらず動きをとめたままですが、

この「カクレエビ」との出会いがいい刺激となって、

また元気に動き出してくれるといいんだけどなぁ。

CIMG2227_convert_20180228094905.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
タイラギの中のカクレエビ
CIMG2216_convert_20180228094724.jpg

というわけで、こちらがその生物。

タイラギの貝殻の中に隠れて生活している生物。

「カクレエビ」

もちろん入っていない場合もありますが、

だいたい1つの貝に1匹。

ときおり複数匹入っているときもあるみたいです。

タイラギの貝の中から、

市場に並べる「カイバシラ」を取り出す際に、

この「カクレエビ」もポロっと落ちて、

市場の床に残されていたりするんですよね。

体の色はオレンジピンク。

半透明の透き通った体。

極細ペンでチョンチョンと書いたような小さな瞳。

体に似合わぬ大きめのハサミ。

全体的に可愛らしい感じがして、

イイと思うんですよねぇ。

そう。

飼育するのにちょうどいい気がするんです。

サイズも小さめだから、水槽のスペース的にも問題なし。

同じ甲殻類だから、

ヘイケガニとも気が合うんじゃないかなぁ。

おっと、こっちにもいた。

というわけで、今回見つけたのは2匹。

この「カクレエビ」を持ち帰りまして、

ヘイケガニと一緒に飼育してみることにいたします。

CIMG2219_convert_20180228094756.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
タイラギの中の
CIMG2213_convert_20180228094634.jpg

タイラギの貝柱があるということは、

タイラギの貝殻もある可能性があるということ。

ま、市場に並ぶのは中の「カイバシラ」だけですので、

通常はこの殻までいっしょにやってくることはないのですが、

それでも可能性はゼロじゃあない。

で、うろうろ探しておりますと、

やった見つけた!!

でも、本当に探しているのは、

このタイラギの「殻」のほうじゃなくって、

その中にいる「生物」なんですよね。

CIMG2212_convert_20180228094646.jpg

ホラいた。

見つけましたよ。

割れた殻のその中に、

なにやらピンクっぽい生物が見えていますよね。

ホラホラ。

もっと近づいて見てみますと、

ホラホラホラホラ。

小さな生物ではありますが、

細い脚や、ハサミのようなモノが見えますよね。

そう、これぞワタクシが探していた生物でございます。

続く。

CIMG2214_convert_20180314171957.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
金魚のエサに反応せず
CIMG2206_convert_20180313181829.jpg

自宅で飼育を始めたヘイケガニ2匹。

水槽の中でなぜかまったく動かず、

試しに与えてみた金魚のエサにも反応しない。

でもまあ、動かないものはしょうがない。

ほっときゃそのうち動くでしょ。

ということで、ヘイケガニのことはとりあえず忘れて、

今回はお昼の市へとやってまいりました。

並んでいるのはいつものようにゲタばっかり。

おっ。

違うの見つけた。

CIMG2207_convert_20180313181819.jpg

こちらは「タイラギ」

正確には「タイラギのカイバシラ」かな。

海底に貝が立つように突き刺さっていることから、

「タチガイ」などと呼ばれたりもいたします。

刺身でもいけるし、バター焼きにしたって美味しい。

コブトエビとタイラギの入ったこの1箱は、

セリで高値がつきそうな気がしますよ。

ムムッ。

あっ、そうだ。

いいこと考えた。

タイラギがあるということは・・・・。

続く。

CIMG2209_convert_20180228094616.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ヘイケガニ微動だにせず
CIMG5333_convert_20180313175553.jpg

背中のイエロースポンジを、

誇らしげに高々と掲げるヘイケガニ。

水槽の中でこうして観察してみると、

背中についた4本の脚の、

その尖ったカギ爪で、

ガッチリとスポンジを引っ掛けているのが確認できますね。

ちなみに自然界では貝殻などを背負うことが多いみたい。

ピンクとイエロー。

当初はそれなりに動き回ったりしていたヘイケガニ2匹ですが、

このあと、活動が急激に目立たなくなり、

朝起きて見てみても、

寝る前に確認した位置と姿勢そのままで、

まったく動いていないといった状況になっていくわけでございます。

大丈夫かなと思いまして、

割り箸でチョイチョイとつついて反応を確かめると、

ちょっとだけ動くので生きてはいるんですよね。

でも、通常まったく動かない。

エサも全然食べないし。

朝見ても、夜見ても、

同じ場所で同じ格好でまったく微動だにせず。

水温が低すぎるのかな。

エサのメザシが嫌いなのかな。

ためしに金魚のエサでもやってみようかな。

CIMG5303_convert_20180309183406.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
新たな背中にふさわしい
CIMG2095_convert_20180223180050.jpg

というわけで、新たに仲間となったヘイケガニ。

ちょっとサイズは小さめだけど、

そのぶんよく動いて前のヘイケよりも活発な感じ。

せっかくだから、

今回のヘイケガニにも何か適当なものを背負わせてやりたい。

とか言ってみましたけど、

実はもう決めてあるんですよね。

コレッ。

そう、同タイプで色違いのスポンジ。

CIMG2132_convert_20180223180159.jpg

前回はピンクだったから、

今回のヘイケにはイエロースポンジ。

割り箸を使ってヘイケの背中にやさしく押し当ててやると、

何度か受け取りに失敗したあと、

なんとか背中の脚に引っ掛けることに成功。

ホラ。

これでヘイケガニの方は防御態勢が整って満足気だし、

こちらも色で個体を識別できる。

見た目的にも春らしい感じがして、

なかなか似合ってますよね。

CIMG5323_convert_20180309183347.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
新たな仲間
CIMG2087_convert_20180223180014.jpg

自宅でヘイケガニを飼い始めたのは、

これまでに説明させていただいた通りなのですが、

さすがにヘイケガニの話ばかりもアレだからと思いまして、

別のお魚を探し求めて、

いつものように市場へと向かったわけなんですよね。

そこで見つけたのが、またまたコチラ。

ヘイケガニ

・・・・・・・。

ま、いいか。

1匹飼うのも、2匹飼うのも同じだから、

コイツも一緒に飼ってやるか。

というわけで、

市場で見つけたコチラのヘイケガニも持ち帰ることに決定。

短期間ではありますが、これまで、

カエルアンコウ、ミノカサゴ、ナナトゲコブシ、

ホウボウ、ミシマオコゼ、シロナマコと飼育してみて、

わかったことはただひとつ。

カニは魚より飼いやすい。

魚はなかなかエサを食べてくれませんが、

警戒心が薄いのかカニならすぐに食べてくれる。

さらにはヘイケガニのほうだって1匹だけでいるより、

2匹になったほうが心強いに決まってるし、

これはなかなかよい相棒になりそうな感じ。

というわけで、自宅でのヘイケガニ飼育は、

これより2匹態勢で臨みたいと思います。

CIMG2089_convert_20180223180031.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ヘイケの背中にふさわしい
CIMG2078_convert_20180223175911.jpg

自宅で飼育することになった「ヘイケガニ」

巨大蜘蛛みたいな見た目で気持ち悪いし、

さらには背中の「怨念模様」がアレだから、

とりあえずそれを隠すことから始めるとして・・・。

そうだ。

ヘイケガニのモノを背負う習性を利用して、

何か適当なモノを与えてやればいいんですよね。

ヘイケガニが背負うに相応しい何かを求めて、

とにかく部屋の中を探し歩いた結果。

見つけた。

コレだ。

CIMG2134_convert_20180223175949.jpg

洗面所でみつけた用途不明のものですが、

スポンジだから重量的にも問題ないし、

背中の脚のひっかかりもよさそうだし、

なにより色と形が素晴らしい。

まさに平家の怨念を覆い隠すに相応しいアイテム。

これに海水を含ませ浮力をおさえた状態で、

ヘイケガニの背中に押し当ててみますと、

オオッ!!

背中の脚を伸ばして、受け取ってくれた。

ヘイケガニ的にも防御体制が整って安心そうだし、

見た目的にも明るく可愛くなって、すっごくイイ感じに。

とりあえず「見た目問題」はこれにて一件落着でございます。

CIMG2079_convert_20180223175926.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
飼育の決意
CIMG2075_convert_20180223175900.jpg

結論。

「とりあえず飼ってみる」

というわけで、市場で見つけた「ヘイケガニ」

自宅の水槽で飼育してみることに。

海水の中に入れてやると、

ま、元気は元気なんですよねぇ。

ただ、底に小石とか敷き詰めていないから、

ツルツルしてて歩きにくそう。

試しに与えてみたエサには見向きもせずに、

水槽の底をツルツルツルツル。

うーん。

こうして水槽に入れてみると、

なんだか大きめの蜘蛛みたいで、

あまり可愛いとはいえないなぁ。

さらには背中の「怨念」模様がアレだから、

とりあえずはこの模様を隠してもらうコトから始めましょうか。

幸いヘイケガニはモノを背負う習性がありますから、

何か適当なモノをみつけてきて、

与えてやればいいんですよね。

通常は貝殻なんかを背負っているわけだから、

それくらいの大きさで、

あまり重たいのはダメだろうなぁ。

何かよさそうなのはないかなぁ。

心当たりもないままに、

ヘイケガニが背負うに相応しい何かを求めて、

とにかく部屋の中を探し歩くわけでございます。

CIMG2078_convert_20180223175911.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ヘイケガニをどうするか
CIMG2017_convert_20180217081826.jpg

というわけで、今回も見つけてしまった「ヘイケガニ」

ここのところ何度もご紹介させていただいておりますので、

背中に平家の無念の表情が、

怨念のように浮き出てきていることや、

背中の脚のことなんかには触れないことにして、

とりあえずこのヘイケガニをどうするか考える。

うーん。

背中の脚でモノを背負う習性を利用して、

「抽選番号」を選んでもらうってのは過去にやったし、

それに今は「抽選」するもの自体がない。

となると、あとは飼うくらいしか・・・・。

「おっ、なに持っとんや!!」

あ、ヘイケガニです。

突然の漁師さんからの問いかけに答えると、

「ヘイケガニやいっぱいおるだろ」

そうなんですよね。

何かいないかと市場に出れば、

そこそこの確率でヘイケガニが見つかるんですよね。

どうしよう。

飼ってみようか。

やめとこうか。

いや、思い切って飼うか。

よし。

いやぁ、ヘイケガニなぁ。

飼うか飼わぬかただいま考え中でございます。

CIMG2020_convert_20180217082010.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
そしてまたまた
CIMG2018_convert_20180217081931.jpg

やっぱり、魚の少ない朝のセリより、

この時期は昼のセリが狙い目だと思うんですよね。

とはいいましても、

並んでいるお魚はそのほとんどが「ゲタ」

ですから、今回ターゲットにするのは、

市場に並んでいない方。

どういうことかと申しますと、

つまりはこういうこと。

お昼の市に並ぶのは、小型底曳網漁で獲れたモノ。

そして小型底曳網漁とは、

海底の魚をガガガと漁獲する漁業。

したがいまして、海底に生息する珍しい生物なんかも、

混ざって獲れたりするんですよね。

通常、そういったものは船での選別作業中に取り除かれるのですが、

ときおり混ざって市場まで運ばれてきたりもするんです。

で、それらは計量のさい、さらに選別されて、

市場の床に残されることがあるんですよね。

少々、説明が長くなってしまいましたが、

今回はそうした珍しい海の生物が、

市場の床に残されていないか探そうというわけなんです。

さっそく、市場の床をキョロキョロと。

なにかいいのはいないかなっと。

いた。

ヘイケガニ

最近、よく見つかるので、

珍しさがかなり薄れてきつつあるんですよね。

他にも何かいないか探してみましたが、

結局これ1匹しか見つからないといった状況でございます。

CIMG2014_convert_20180217081801.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
カキを使って
CIMG2137_convert_20180226094531.jpg

カキを使った「クラムチャウダー」

通常使用するアサリのかわりに、

今回はカキを使ってみました。

タマネギ、ニンジン、ベーコン、

牛乳、小麦粉、バター等で、

クリームスープを作りまして、

最後に別に酒蒸しにしておいたカキを投入。

さっそく食べてみますと、

口当たりはまろやかで、

カキはプリッと濃厚な味わい。

うん、美味しい。

ムニエルもよかったし、

しぐれ煮もいけたし、

カキめしもよかった。

あと、カキの味噌汁なんかも美味しいし、

定番のカキフライなんかもオススメ。

香川県の養殖「カキ」

ぜひ、いろんな食べ方で楽しんでみてくださいね。

CIMG8702_convert_20180306190053.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
カキめし
CIMG2125_convert_20180223175510.jpg

やっぱりこれは外せない。

「カキめし」

食べるとホント、とんでもなく美味しいの。

ショウガの香りが上品で、

カキの旨みもよく出てる。

ごはんにすべてがやさしくしみ込んで、

ほわほわ噛めばほわほわと。

ガツガツかき込めばガツガツと。

どんなふうに食べたって結局美味しい。

これならいくらでも食べられそう。

やっぱり「カキめし」

そして、あまれば「カキおにぎり」に。

「カキめし」と同じものなのに、

それをただギュッと握り固めるだけで、

一段と美味しく感じるんですよね。

というわけで、カキを買ったら、

「カキめし」からの「カキおにぎり」

この流れをぜひ試してみてくださいね。

CIMG5329_convert_20180226095434.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
しぐれ煮
CIMG2122_convert_20180223175353.jpg

昨年美味しかったので今年も佃煮「カキのしぐれ煮」

作り方も去年と同じ。

砂糖、醤油、酒、みりんで、

甘辛いタレを作りまして、

そこにショウガを加えて、カキを煮る。

カキに火が通ったら鍋から出して、

さらにタレだけを煮詰めていき、

煮詰まったところで再びカキを戻す。

そうすることで身の縮みが少なく、

ふっくらとした仕上がりになるんですよね。

できたてアツアツを食べてもいいけれど、

冷えてからでも大丈夫。

味がぐっとしみ込んでて、

旨味も凝縮されてて濃厚な味わいを楽しめます。

ごはんにも合うんですよね。

日持ちもするので、

一度に食べてしまわず、

じっくりと味わっていくのもアリですね。

CIMG2127_convert_20180223175410.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
カキのムニエル
CIMG2108_convert_20180223175652.jpg

まずは「カキのムニエル」

水気をふきとったカキに塩コショーをいたしまして、

次に小麦粉をまぶしてサラダ油で焼いてまいります。

フライパンにてジュージュジュー。

いい感じに焼き上がれば、

風味付けにバターを入れて、

最後に刻んだパセリをふりかける。

さ、それでは、

今年もカキのムニエルいただいてみましょうか。

せーの、バグッ。

うんッ!!

美味しい!!

カキの旨みがギュッと閉じ込められてて、

噛みしめるとそれが一気にあふれだしてくる。

これはカキが苦手なひとでもいけるんじゃないかなぁ。

バターの風味もきいてるし、

パセリの香りもいい感じ。

カキのムニエル。

コイツはオススメですよ。

CIMG5276_convert_20180223175734.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
今年もカキを
CIMG2099_convert_20180223175608.jpg

昨年に続き、今年もカキを購入いたしました。

むき身のカキを1キロ。

袋にギッシリと詰まっております。

引田ではカキ養殖はしておりませんので、

もちろん引田産ではございません。

今回は香川県内でも有名な志度湾で養殖されたもの。

サイズは「大」と「小」があったのですが、

大きさよりも数を重視し「小」を選択。

さっそく袋を開いて、ボウルの中へ。

カキ大量。

「小」にしたけどけっこう大きめで、得した気分。

まずは、よく洗ってから、

いろんな料理で楽しんでまいりたいと思います。

CIMG2100_convert_20180223175626.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
第16回 引田ひなまつり
CIMG5396_convert_20180301174210.jpg

さてさて、今年もやってまいりました。

第16回 引田ひなまつり 

ただいま開催中でございます。

期間は平成30年2月28日~3月4日まで。

古いまち並み、ひけた。

今年も春の訪れを待ちかねて、

町中のお雛さまが顔を覗かせています。

というわけで、この期間、

引田の家々には、多くのひな人形が飾られ、

古いまち並みを歩きながら、

その展示を見て回ることができちゃうんですね。

また、いろいろと楽しい催し物、

アトラクションなどもあるかもしれませんので、

期間中、香川県東かがわ市を訪れる機会がございましたら、

ぜひ「引田」にお立ち寄りいただきたいと思います。

それでは、また。

CIMG5401_convert_20180301175443.jpg


農林水産業 ブログランキングへ