FC2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
イシダイのウロコ
CIMG5781_convert_20180601163752.jpg

さてと。

鮮度最高のイシダイを手に無事帰宅。

もっとも美味しい状態でいただくために、

今回は「ゴム手袋」を使用することにいたします。

その理由は、

イシダイの身がワタクシの体温で傷むことを防ぐのと、

ワタクシの手についているかもしれないおかしな菌とかが、

せっかくのイシダイに付着しないように。

発泡スチロール箱から取り出してドン!

まないたの上に乗せてみますと、

なかなかに立派な魚体じゃあないですか。

CIMG5783_convert_20180601163811.jpg

解体作業の第一歩目は、当然のようにウロコ取りから。

包丁の刃を立てて、ゾリゾリとやってみますと、

イシダイって、けっこう剥がれにくいタイプのウロコをお持ちのようで、

ヌメリばかり取れて、

細かくて小さなウロコはなかなか剥がれてくれない感じ。

ゾリゾリゾリと何度やっても上滑り。

こうなったらウロコはがしは無しにして、

全身のヌメリだけをとっていくことに集中する。

せっかくの鮮度、せっかくのイシダイですから、

刺身で食べてみようと思うんですよね。

そうしますと、どうせあとで皮をひいちゃうんだから、

取りにくいウロコをわざわざ剥がす必要はないだろうという考え。

調理時間の短縮にもつながりますし、

この部分は手を抜いてまいりたいと思います。

CIMG5790_convert_20180601163918_20180605174649a81.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト