引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
イシ三枚
CIMG5803_convert_20180601164106.jpg

背ビレにそって切れ目を入れたら、

そこからさらに包丁を深く入れていく。

何て言いますか、

やっぱりタイ系の魚は3枚におろしやすいですよね。

体形的にもまないたの上で安定しやすいし、

骨が硬いから包丁をきちんと受け止めてくれるし、

ブリとかの肉厚系の魚に比べるとその難易度はかなり低め。

包丁を骨にあてがうコトだけに気を付けていれば、

あとは数回に分けて、

スッスッと軽く切り開いていくだけで、

背骨にまで達しますよね。

お腹側も同じ感じで。

CIMG5805_convert_20180601164121.jpg

まずは軽く包丁の通り道を作っておいて、

そこから徐々に深く切ってまいります。

慣れないうちは数回に分けて。

慣れてきたらドンドンと深めに。

そうして、

背中側とお腹側から切り進めた先が、

どちらも背骨までに達したら、

あとは刃を返して最後に残った中央部分のつながりを、

バリバリッと切断すれば完成となります。

ちなみに、せっかくのイシダイ。

高級魚ですので、頭とか背骨もとっておいて、

今回はアラも活用してまいりたいと思います。

CIMG5806_convert_20180601164146.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト