FC2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
シオ
CIMG6507_convert_20180829162739.jpg

引田漁協魚市場より「シオ」

こちらでは「カンパチ」の子供サイズのものを、

そう呼ぶわけなんですね。

カンパチの旬といえば夏。

そう、冬よりも夏の時期に美味しいお魚ですから、

この時期オススメなんですよね。

煮付け、塩焼き、その他いろいろ、

火を通す料理も美味しいのかもしれませんが、

基本的に刺身で食べることが多いような気がします。

といいますのも、

「もともとカンパチ自体が刺身で食べる魚」(販売部Kさん談)

高級魚でもありますし、

やっぱり刺身でいただくのが正解なんですね。

日持ちのする身ですので、

キチンと冷蔵庫で保管しておくと、

色変わりも少なく、

美味しくいただける気がいたします。

この時期旬の「カンパチ」

その子供である「シオ」

どちらもオススメ。

ぜひ皆様も食べてみてくださいね。


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
スズキ
CIMG6495_convert_20180829162644.jpg

引田漁協魚市場より「スズキ」

夏のお魚といえば「スズキ」

冬にはやせ細ってしまうスズキも、

夏の時期なら丸まると太っているんですよね。

オススメの食べ方はお刺身。

身のしまった食感に、

脂がのっているのにあっさりとした味わいがイイ。

あと美味しい食べ方といえば・・・、

「洗いが美味いんちゃうか」(販売部Kさん談)

なるほど「洗い」もよさそうですね。

「脂がのっとるけんナマ系が美味い」(販売部Kさん談)

煮付け、塩焼きなどの、

火を通す系の料理もいいけれど、

この時期のスズキは、

やっぱりナマで食べるのがオススメみたいですよ。

皆様も旬のスズキをぜひ味わってみてくださいね。


農林水産業 ブログランキングへ
イワシの刺身
CIMG6357_convert_20180821075818.jpg

さて今回はイワシの刺身。

そもそもイワシは傷みが早いお魚ですので、

刺身で食べるためには鮮度が重要になってまいります。

先月食べた「イワシの刺身」は、

「冷やし」が足りなかったのかどうなのか、

実際のところかなりやわらかめで、

刺身としてはもうひとつだった感じなんですよね。

で、今回のマイワシは、

触ってみてもガチッと冷えて身も硬い。

3枚おろしもササッとできちゃう。

刺身でいけるかどうか、

一番よくわかるのがこのときなんですよね。

傷んだものは、きれいに3枚におろせない。

包丁の刃にひっかかって、

ぐずぐずぶじゅぶじゅと身が潰れてしまうんですよね。

ですから、身が潰れることなく、

スッと3枚におろせるということは、

そのままお刺身で食べても美味しいというコトなんです。

現にホラ。

出来上がった刺身を食べてみますと、

うん、旨い!!!

脂ののりもバッチリで、

そしてなにより身がしっかりしている。

で、しっかりしているのに、

お口の中でとろけていく。

独特の風味もイイ感じ。

最高の鮮度で食べるイワシの刺身。

これはホントに絶品ですよ。

CIMG6360_convert_20180821075835.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
チラシ発送のお知らせ
CIMG1125_convert_20170721074936.jpg

さてさて、昨日より募集開始となりました、

「平成30年度ひけた鰤(ブリ)オーナー」

昨年、オーナーになっていただいた皆様には、

ご案内のチラシを郵送させていただきました。

昨日の午前中に出しましたので、

近日中に届くはずでございます。

ポストの中に「引田漁協」からの封筒を見つけましたら、

ぜひ、ご確認くださいますようお願い申し上げます。

お申込みいただく場合は、FAXでも、メールでも、

【引田漁協ホームページ】からでも大丈夫です。

もしくはお電話(0879-33-2528)でも受付しております。

他にも、オーナーに関するご質問等ございましたら、

当ブログの「メールフォーム」から、または、

【引田漁協ホームページ】のメールからでも結構ですので、

どうぞお問い合わせくださいね。


農林水産業 ブログランキングへ
ひけた鰤オーナー募集開始
PO20121205_0019_convert_20130619140313.jpg

お待たせいたしました皆様。

数多くお問合せをいただいておりましたが、

ついに準備が整いまして、

本日より平成30年度ひけた鰤オーナー募集開始となりました。

内容は以下の通り。

1 登録料 1尾 9,000円(4~5kgサイズ)国内送料込

2 募集人数 200名

3 商品のお引渡し
  
 平成30年11月中旬~12月31日の間のご希望の日に、「ひけた鰤(ブリ)」を宅配便でご指定の場所にお届けします。商品は「ラウンド」(水揚げされたままの状態)でお届けしますが、追加料金なしで「フィレ」(頭、内臓、中骨を除いた状態:3枚おろし)に加工してお届けする事も可能です。

4 特典 

■市場のお魚が当たるお楽しみ抽選会
    新鮮なお魚を当選した方にお届けいたします。(複数回実施予定)

5 お申込み方法
    ■「引田漁協ホームページ」から
    ■当ブログの「メールフォーム」から
    ■お電話「0879-33-2528」でも受付いたします(平日 9~16時)

住所、氏名、連絡先、登録尾数をお知らせください。

実施 引田漁業協同組合
〒769-2901 香川県東かがわ市引田2661-44

お申込み・お問い合わせ窓口
電話番号  0879-33-2528
FAX番号  0879-33-6272

締め切りは「平成30年9月25日(火)」となっております。

どうぞ、よろしくお願い致します。

引田漁協ホームページはこちら⇒引田漁協ホームページ

sasasasas1212.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ひけた鰤オーナー商品説明
PO20121205_0018_convert_20130614082615.jpg

さてさて、「ひけた鰤(ブリ)」についてはですね、

簡単ではございますが、前回ご説明させていただきました。

募集開始はもうまもなく(予定では明日にも)。

今回はひけた鰤の「オーナー制」について。

こちらも、簡単に説明させていただきますと、

オーナーにお申込みいただき、

手続きが完了いたしますと、

11月中旬~12月31日までのご希望の日に、

「ひけた鰤」をお届けする、といったもの。

お届け状態については2種類。

・ラウンド(まるごとそのまま)

・フィレ(3枚おろし、真空パック)

どちらかをお選びいただきます。

さばくのが得意な方は「ラウンド」がおすすめ。

加工していない分、鮮度がいいですからね。

解体が面倒だという方には「フィレ」がオススメ。

手間がかからず、届いてすぐに食べられる。

台所だって汚れない。

それがフィレのいいトコロ。

とりあえず、オーナーの皆様にお送りする商品は、

こんな感じなんですよね。

では、また。

PO20121230_0102_convert_20130614082726.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
募集開始のその前に
PO20100821_0067_convert_20160703074212.jpg

さてさて、今年度のひけた鰤オーナー制について。

まもなく(予定では週明け早々にも)募集開始となる予定ではありますが、

今回は、その「ひけた鰤(ブリ)」そのものについて、

ちょっとばかり説明をさせていただこうと思います。

まず、引田漁協のブランド養殖魚「ひけた鰤」の出荷時期は、

だいたい11月中旬~12月の間。

その時期だけの限定販売。

では、今の時期はどうしているのかといいますと、

じっくりとエサをやって育てているところなんですね。

養殖に使用するのは引田独自の「大型小割」

その大きさは25m四方で深さも25m。

kowarizu.jpg

ちなみにこの図で見比べていただきますと、

左側の小さく見えるのが一般的なサイズの養殖イケス。

で、右側の大きいのが「ひけた鰤」の養殖に使われる「大型小割」

小割の上にちょこんと見えるのが「人」の大きさですね。

比べてみると大きいでしょ。

広々とした環境で、よーく運動させることで、

その身はぐっと引き締まるわけなんです。

夏を過ぎて、秋になり、大きく育ったブリたちは、

その冬、瀬戸内海の水温の急激な低下とともに、

脂ののった美味しい「ひけた鰤」へと変貌をとげるわけなんですね。

これが「ひけた鰤」の美味しさの秘密。

ちなみにコチラが「ひけた鰤」の規準 

1.引田漁業協同組合(販売部)が責任を持って取り扱うもの
2.引田沖養殖漁場の大型小割(25m四方で深さ20m以上)で飼育されたもの
3.引田漁業協同組合が認めた飼料で育てたもの
4.夏季の赤潮危険期に、引田漁業協同組合が定めた制限給餌飼育を行なったもの
5.体重4kg以上のもの


とまあ、「ひけた鰤」とはこんな感じなんですよね。

on2.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
朝が来て
CIMG6435_convert_20180824075518.jpg

朝が来て。

台風の影響で魚はまったくございませんが、

市場はそれでも大忙し。

船着き場に大量に打ち上げられたゴミなどを、

漁師さん、仲買人さん、そして職員、

チカラをあわせて片付け作業。

被害の状況を確認するため、

場所を移動し奥村さんと船揚げ場へ。

到着しますと、予想を超える状況となっておりまして、

さすがの奥村さんもその場に立ち尽くすのみ。

CIMG6450_convert_20180824075618.jpg

大量に打ち上げられたゴミ。

レールを埋め尽くすゴロゴロ石。

船を引き上げる際に使用する、

超重量の台までもがレールから外れ、

上架施設は使用不能の状態に・・・・・・。

人力で片付けられる状況にはなく、

重機でバリバリやらなきゃ無理との判断で、

復旧にはしばらく時間がかかりそうな感じなんですよね。

CIMG6458_convert_20180824075642.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
台風接近
CIMG6417_convert_20180823080029.jpg

ただいま台風接近中。

その前兆といいますか、

すでに強風が吹き荒れてきておりまして、

雰囲気がかなりそれらしくなってまいりました。

市場では、

すでに防御態勢を整えておりまして、

フォークリフトもハカリもカゴも、

パレット、台車、机、箱、

すべて一番奥に固めて集めて、

嵐をやりすごす作戦なんですよね。

今回は勢力も強そうだし、どうなることやら。

これから台風の進路となる地域の皆様も、

それ以外の皆様も、

充分にお気を付けください。


農林水産業 ブログランキングへ
決意


とりあえず今回も動画で撮影してみたわけですが、

やっぱり飼育するにはハードルが高すぎると思うんですよね。

水槽はすぐに準備できる状態にあるものの、

前回の失敗のもっとも大きな要因であると思われる、

水温(室温)の問題も解決していないし、

さらにはエサの問題も立ちはだかったまま。

しかも、今回のオトシゴは、

前回のものよりはるかに小さく、

どんなエサを食べるのかも不明。

口も極端に小さいから、

エサになるようなものが想像できないんですよね。

CIMG6311_convert_20180820073716.jpg

ペットボトルの中を覗き込みながら、

どうしたものかと考えておりますと、

ときおりフラフラと力なく底の方へと沈み、

しばし横たわったりするタツノオトシゴ。

聞くところによりますと、

市場の水槽で3日間、

飲まず食わずで過ごしてきたということですから、

かなり衰弱してきている感じなんですよね。

よし決めた。

無駄に命を奪ってしまう可能性が高いから、

今回は飼わずに逃がしてやることに決めた。

市場の前の船着き場にてトクトクトクトク。

フタを外して、ペットボトルから放流漁協。

ぜひ、元気に生きていってほしいものだと思います。

CIMG6317_convert_20180820073750.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ペットボトル再来
CIMG6300_convert_20180820073554.jpg

「また持ってきてくれとるぞ」(販売部Kさん談)

ということで、ワタクシいそいで市場へと。

なんでも今度は別の漁師さんが持ってきてくださったということで、

えーと、どこかな?どこかな?

とにかく前回のように水槽の中に、

ペットボトルを浮かべてくれてるんですって。

こっちの水槽には見当たらないから海側の水槽かな?

見つけた!!

確かに浮かんでおります。

ペットボトル。

CIMG6286_convert_20180820161411.jpg

このペットボトルに入るようなお魚といいますと・・・・アレかな。

目の高さまで持ち上げてみますと、ハイ。

やっぱり!!

「タツノオトシゴ」

ワー!ワー!ワー!ワー!

タツノオトシゴといいますと、

つい先日飼育に失敗したばかり。

そのときの水槽も事務所に置いてあるので、

この機会に再度挑戦してみてもいいんだけど、

上手に飼育する自信がまったくないんですよね。

CIMG6304_convert_20180820073641.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
さらに準備中
CIMG6334_convert_20180816175031.jpg

さてさて、今回もですね、

「平成30年度 ひけた鰤オーナー」の募集について。

前回もご報告させていただきましたが、

平成30年度ひけた鰤オーナーの募集にむけて、

ただいま急ピッチで作業を進めているトコロ。

今回は「ひけた鰤オーナー募集チラシ」の封筒詰め作業。

チラシをちょうどいい感じの三つ折りにして、

封筒の中へスッスッと押し込む。

お届け先は前回オーナーの皆様。

すべての準備ができましたら郵送させていただきまして、

ご自宅のポストにお届けできる予定ですので、

それまで(一週間くらい)お待ちくださいね。

また、今回からオーナーへのお申し込みを検討されている方で、

メールでお問合せをいただいた方には、

募集開始のタイミングでですね、

ご案内の返信をさせていただく予定にしております。

そして引田漁協のホームページや、

こちらのブログでも、

オーナーのお申し込みができるように、

いそいで準備をすすめているトコロでございますので、

募集開始のさいには、

ぜひよろしくお願いいたします。

CIMG6338_convert_20180816175056.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ただいま準備中
CIMG6329_convert_20180816174913.jpg

さてさて、今回はですね、

「平成30年度 ひけた鰤オーナー」の募集について。

先日もご報告させていただきましたが、

前回オーナーの皆様を中心にですね、

連日、多くのお問合せをいただいております。

当ブログでも軽く事情を説明させていただきましたが、

そのときよりも、

さらに多くのお電話等いただくようになってまいりましたので、

ただいま急ピッチで作業を進めているトコロ。

まずは前回オーナーの皆様にお送りする、

「ひけた鰤オーナー募集チラシ」の作成。

今のところの感じですと、

募集開始時期については、

何日か先になるのかなぁ。

とりあえずは、チラシの印刷までは終えましたので、

あとは引田漁協のホームページ等の準備かな。

というわけで、募集開始まであとわずか。

募集開始となりましたら、

当ブログ、引田漁協ホームページ、

そして前回オーナーの皆様には、

お手紙でご案内させていただく予定ですので、

よろしくお願いいたします。

CIMG6325_convert_20180816174954.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
アッコの刺身
CIMG6232_convert_20180812085356.jpg

高級魚アッコ(キジハタ)をお刺身にいたしました。

血抜きも完璧で、どうですかこの美しい身の色。

さっそくですね、

わさびと刺身醤油を用意しまして、

いただいてみたいと思います。

それでは一切れ。

そっとお箸でつまみましてピトピトピト。

わさび醤油をイイ感じにつけて、

お口の中へポイッと入れる。

もごもごもご。

CIMG6241_convert_20180812085419.jpg

うーん!!

もっちもち。

これは美味い。

手間をかけて氷を手に入れた甲斐があった。

今度はわさびを多めにつけて。

もごもご、旨い!!

さすがは高級魚。

今年食べた中でもブッチギリの美味しさですねコレ。

食べ始めたらとまらない。

わさび多め、醤油も多めにつけたほうが、

より美味しくいただけるような気がしますね。

アッコ(キジハタ)のお刺身、オススメですよ。

CIMG6259_convert_20180812100924.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
アッコ解体
CIMG3368_convert_20180812084518_20180812101604380.jpg

せっかくの高級魚ですから、

最高の状態で美味しくいただくため、

活き〆し、氷水(海水)でキンキンに冷やしまして、

ようやく解体の準備が整ったわけでございます。

まずはウロコをゾリゾリゾリ。

活きがいいから剥がれにくい。

それでもゾリゾリ続行しまして、

それが終われば頭部を落とし、

お腹を切り開いて内臓を除去する。

CIMG6230_convert_20180812085309.jpg

それでもって3枚おろし。

背ビレのフチにそって刃を入れまして、

スッスッスッと背骨に当たるまで切り進める。

うまくいったら、今度は腹側からも同じように。

最後に繋がった部分を切り離せば、

2枚おろしの完成でございます。

そして反対側の身も同じようにしていけば、

アッコの3枚おろしの完成。

ここまでくれば、あとは刺身にしていくだけでございます。

CIMG3372_convert_20180812084603.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
命をいただく
CIMG3347_convert_20180812084245.jpg

美味しくいただく準備が整ったところで、

ようやく「アッコ(キジハタ)」の出番となりました。

水槽から取り出しまして、右向きに寝かせたところで、

〆包丁を握りなおして、

躊躇することなく

エラブタのところから刃を差し込みまして、

背骨の上部分に刃先が当たりましたら、

そのまま体重をかけてグッと押し込む。

硬い背骨をグチッと分断した手応えがあったら活き〆成功。

すぐさま用意した「氷水」へと入れまして、

魚体が完全に冷えるのを待つわけでございます。

CIMG3353_convert_20180812084338.jpg

このとき氷水の中で血抜きも同時進行しておりますので、

慌てず騒がず、じっと待つ。

そろそろ芯まで冷え切ったころかな。

ちなみに、氷水で冷やす時間は、

魚の大きさによって長かったり短かったりいたしますが、

重要なのは完全に冷やし切ってしまうコト。

冷やし過ぎると「硬直」が早く始まる場合もありますが、

それでも「冷やし」が中途半端になってしまうよりはマシ。

充分に時間をとりまして完全に体全体が冷え切ったところで、

いよいよアッコを取り出し、

さばいていくことにいたしましょう。

CIMG6224_convert_20180812084635.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
そして美味しくいただくために
CIMG3340_convert_20180806173307.jpg

魚を美味しくいただくためには、ある程度の準備が必要。

なかでも重要なのが「氷」

もっと正確に言うと「氷水」

さらに細かく申しますと「海水」に「氷」を入れて作った「氷水」

魚を美味しくいただくためには、

〆た魚体をすぐさまこの「氷水」に入れて冷やすこと。

これこそが最も重要であるといってもいいかもしれません。

その昔、漁師さんに聞いた話ですが、

釣った魚を「網」に入れて一時的に活かしておくよりも、

すぐ活き〆して氷水に入れる方が鮮度がいい場合があるんですって。

といいますのも、水温が高い時期であったり、

網が小さすぎて魚が身動きできなくなっていたりすると、

生きながらにして身が傷んでしまうコトもあるのだとか。

それならば、すぐさま活き〆にして、

氷水で冷やしておく方が美味しく食べられるというわけなんですね。

余談になりましたが、活き〆の重要性が分かったところで、

今回まず準備するのはコチラ。

海水の中に砕いた万年氷を入れて作った「氷水」

よーく混ぜ混ぜして、キンキンに冷やした状態にしておきます。

そして次に準備するのが「〆包丁」

刃は短く厚め。

魚を〆るために作られた特殊な形をした包丁ですね。

ご家庭の場合だと出刃包丁でも大丈夫なのかな。

とにかくコレをよく水洗いしたところで、

ようやく「アッコ」の出番とあいなるわけでございます。

CIMG3356_convert_20180806173341.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
準備が大事
CIMG3334_convert_20180806173209.jpg

ハンマー職人が砕き剥がしてくれた冷凍室の万年氷。

アッコを冷やすのにありがたく使わせていただくことにして、

引っ張り出そうとすると、ぐぬぬぬぬ。

フチが引っかかって出てこない。

それでも、角度を変えて、斜めにしたりと、

いろいろ試してみた結果、

なんとかそのまま取り出すことに成功いたしました。

ワー!ワー!ワー!ワー!

これで、アッコは冷やせるし、

冷凍室の収納スペースも増えたし一石二鳥。

CIMG3336_convert_20180806173237.jpg

さてここからは「テカギ」の出番。

この一枚板のような万年氷を砕いてやる必要がありますからね。

狭い箇所での使用には少々問題がございましたが、

今度は場所を市場に移して、

さあ、この広々とした空間で、

今度こそ、その性能をいかんなく発揮していただきましょう。

おおきく振りかぶって、せーのッ!!

ドーン!!

パラパラパラパラパラ。

はい、氷が一撃で粉砕されましたね。

これぞ、市場の最強道具「テカギ」の実力。

こうして、アッコを美味しく食べるための準備が、

今まさに整いつつあるわけでございます。

CIMG3337_convert_20180806173251.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
万年氷砕ける
CIMG3326_convert_20180806173120.jpg

ズガン!!!

一撃目の攻撃はかろうじて跳ね返したものの、

ズガン!!!ズガン!!!

金槌と千枚通しの連続攻撃の前に、

さしもの万年氷もミシミシと悲鳴をあげる。

千枚通しを打ち込む箇所を巧みに変えて、

急所を的確に狙い撃つ通りすがりのハンマー職人。

ズガン!!!ズガン!!!

真ん中から、右から、そして左から。

ズガン!!!ズガン!!!

そして今度は角度を変えて。

CIMG3329_convert_20180806173138.jpg

引田漁協の冷凍室で、

その圧倒的な硬さを武器に、

長きにわたり貴重な空間を占拠し続けてきた万年氷も、

ついに年貢の納めどき。

職人の繰り出す精度の高い的確な攻撃の前に、

完全粉砕はかろうじてまぬがれているものの、

じわじわと周囲から崩しはがされ、

ついに最後の時を迎えるわけでございます。

バギッ!!!

・・・・・。

やった、やりましたね。

完全に引き剥がされた状態の万年氷。

少々手間取りましたが、

こうして「アッコ」を冷やすための氷を手に入れたわけでございます。

CIMG3331_convert_20180806173155.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
通りすがりの
CIMG3318_convert_20180806172928.jpg

冷蔵庫の万年氷をテカギで打ち砕く作戦。

しかし、狭い範囲を狙って打ちつけるのが困難で、

手元が狂うのを恐れて、

どうしても全力でいくのを躊躇してしまう。

その結果、氷はまったく粉砕されずに、

何度挑戦しても、

小さなカケラがパラパラと飛び散るだけ。

ムムムムム。

冷蔵庫の前で困り果てておりますと、

たまたまですね、

金槌と千枚通し的なモノを手にした、

通りすがりの方が現れまして、

チカラを貸してくださることに。

CIMG3323_convert_20180806173024.jpg

今度はですね、

万年氷に千枚通しの先端をあてがい、

そこを狙って金槌を打ちつける作戦。

たしかにこれなら、

大きく狙いを外して、

冷蔵庫の棚部分を破壊する恐れがありませんから、

全力でいくことができますもんね。

これは期待できそう。

いけー!いけー!がんばれー!!

万年氷を打ち砕け!!

「どぉりゃあああああああ!!!」

その第一撃目が、

今まさに力強く打ちつけられようとしているわけでございます。

CIMG3324_convert_20180806173036.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ガッチンガッチン
CIMG3318_convert_20180806172928.jpg

すべてのパワーをテカギに込めて、

この一撃を受けてみよ!!!

ガッチーンと食い込んだテカギの先端。

しかしながら、亀裂すら発生せずに、

細かい氷がパラパラッと弾け飛んだだけ。

ならば、さらなるチカラを込めて!!

渾身の一撃を!!

ガッチン!!

うぬぬぬぬぬ!!

ガッチンガッチン!!

ガッチンガッチン!!!

ガッチンガッチン!!!!

CIMG3322_convert_20180807182212.jpg

ぐぬぬぬぬ。

でも、ホラ。

言い訳をさせていただきますと、ホラ。

全力が出せないんですよね。

といいますのも、

狙いが狂って冷蔵庫の他の部分にあたると壊れちゃうじゃないですか。

そうなると、あとあと問題になってまいりますので、

どうしてもパワーは抑え気味にならざるを得ない。

そう、コントロール重視でいくから、万年氷に歯が立たない。

テカギの破壊力を最大限引き出せていないから、

何度打ちつけてみても、

テカギの先がわずかに氷に食い込むだけで、

破砕にまではいたらないんですよねぇ。

こいつは手強いですよ。

CIMG3321_convert_20180807182043.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
万年氷VSテカギ
CIMG3317_convert_20180806172858.jpg

テカギを入手し再び事務所へと戻ってまいりました。

これさえあれば冷蔵庫の万年氷も砕けるハズ。

テカギに砕けぬモノはなし。

冷蔵庫の最上部の扉を開けると、

出ました「万年氷」

長きにわたり、霜が固まり、

それが幾重にも積み重なって、

この場所に堅固な氷塊を作り上げたわけですが、

その運命も、もはやこれまで。

テカギの前に敵はなし。

CIMG3311_convert_20180806172940.jpg

狙いをはずさぬよう集中力を高めてから、

テカギを大きく振りかぶって、

うおぉぉぉぉぉぉおおぉぉぉぉぉおおおぉぉおおお!!

ぐおぉぉぉぉぉぉおおぉぉぉぉぉおおおぉぉおおお!!

むおぉぉぉぉぉぉおおぉぉぉぉぉおおおぉぉおおお!!

燃え上がれ漁協魂ッ!!

すべてのパワーをテカギの先端に!!!

この一撃を受けてみよ!!!

目にも止まらぬスピードで、

降りおろしたテカギの先端が、

万年氷にガッチーン!!!

と食い込んだところで、

次回へと続くわけでございます。

CIMG3320_convert_20180806173003.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
最強道具
CIMG3312_convert_20180806172809.jpg

いただいたアッコを美味しくいただくためには、

〆た後に魚体を冷やす氷が必要。

そして冷凍室にあるのは誰にも砕けぬ万年氷のみ。

以前、どんな道具を手に挑んだかはすでに記憶にございませんが、

あまりの硬さの前に、

あっけなく敗北を喫した記憶は鮮明に残っているわけで、

それでもこの万年氷を砕く以外に道はなし。

高級魚「アッコ」のために、なにがなんでも砕いてみせる。

意気込んで向かった先は市場の一室。

よし、これなら。

CIMG3313_convert_20180806172822.jpg

秘密部屋の壁にひっかけてあるのは、そう。

「テカギ」

魚を〆たりするときに使うアイテムですね。

市場の最強道具でもあるこのテカギを使えば、

万年氷も一撃なんじゃないかなぁ。

ま、一撃は言い過ぎとしても、

七撃、八撃くらいで、

それが無理なら百撃くらいくらわせば、

さすがの万年氷も割れるハズ。

テカギに砕けぬものはなし。

最強道具をぐっと握りしめ、

鼻息も荒く、再び冷蔵庫前へと向かうわけでございます。

CIMG3316_convert_20180806172844.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
慌てず騒がず
CIMG3307_convert_20180806172734.jpg

試食用に「アッコ(キジハタ)」を手に入れたワタクシ。

なかなか食べられぬ高級魚ですから、

ワー!ワー!ワー!ワー!

とか、はしゃぎにはしゃいで、

すぐさま活き〆して料理を開始したいところですが、

まずはいったん深呼吸。

美味しく食べるには、それなりの準備が必要ですからね。

慌てず騒がず、何が必要かを考える。

うん、氷だな。

〆たアッコを冷やす氷が必要。

冷蔵庫の冷凍室を開けてみると、ムムム。

氷がない。

氷がなければアッコを冷やせない。

冷やせなければ鮮度を保てない。

保てなければ美味しくいただけない。

・・・・どうしよう。

そうだ。

コレ使えるんじゃないかな。

コレコレ。

冷凍庫の下のトコロ。

十数年のあいだに凍り付いた霜が積み重なって、

ガチガチに固まった万年氷。

その昔、粉砕を試みたことがあったのですが、

まったく歯が立たず、

あまりの硬さに敗北を喫した記憶がございます。

でも、今回はいけるんじゃないかなぁ。

何かいろいろ道具を使えば。

そうだ、アレでいけるんじゃないかな。

続く。

CIMG3309_convert_20180806172753.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
高級魚
CIMG3276_convert_20180806174118.jpg

引田漁協魚市場より「アッコ」

アコウと呼ばれることもあるみたいですが、

標準和名は「キジハタ」ですね。

赤褐色に橙色の点々模様が特徴の高級魚。

値段が値段だけに、

気軽に買って食べてみる、

というわけにはまいりませんので、

今回は試食はナシで。

と、思っていたらですね、

なんということでしょう!!

「アッコ食べてみ」(販売部Kさん談)

エーッ!!!

いいんですかぁーッ!!!

たまたま偶然このタイミングで、

水槽の底から浮かび上がってきた、

少しばかり元気じゃないアッコがいまして、

これなら試食してかまわないとのお許しをいただきました。

おなかを上にしてプカプカ浮いているのですが、

バッチリ生きておりますので大丈夫。

アッコは鍋が美味しいと聞いておりますが、

この時期、熱いのは避けたいところ。

そうだなぁ、よし。

せっかくですから今回はこのアッコ(キジハタ)を、

お刺身でいただいてみたいと思います。

CIMG3302_convert_20180806172700.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
コマタをサシミ
CIMG6180_convert_20180719164645_201808011725001c3.jpg

というわけで、今回はそのコマタ(マルアジ)をお刺身に。

バッ、バッ、バッと、手早くですね、

ウロコを落として、頭を落として、

内蔵を除去して、3枚におろして。

肋骨をそぎ落として、最後に皮を指で剥ぎ取る。

身だけになったら、

適当なサイズにポンポンポンと切り分ければ完成。

血合の色が少々目立ちますが、

けっこう美味しそうでしょ。

CIMG6158_convert_20180719164703_20180801172457152.jpg

刺身醤油とわさびでいただいてみますと、うん。

美味しい。

もっちり感があって、むごむごむご。

食感のほうもイイ感じ。

マアジと違ってマルアジは、

寒くなってからの時期が美味しくなると聞いたコトがあるのですが、

今の時期でもけっこういけますよコレ。

とくにクセもなくって食べやすいので、

新鮮なマルアジが手に入ったときには、

ぜひご家庭でも食べてみてくださいね。

CIMG6163_convert_20180719164722_20180801172459bca.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
コマタ
CIMG3301_convert_20180727074657.jpg

引田漁協魚市場より「コマタ」

標準和名は「マルアジ」だったかな。

「マアジ」と比べると体形が丸いといいますか、

細長いといいますか、

アバラのあたりの模様に特徴があるといいますか、

あとは、側線部のカーブがゆるやかであったりとか、

とにかく体形的にちょっと見た目が違うんですよね。

小さいものは干物に向いているのですが、

大きいものは塩焼きにすると美味。

アジフライにもオススメです。

また、刺身でもけっこういけちゃうんですよね。


農林水産業 ブログランキングへ
アジの南蛮漬け
CIMG3258_convert_20180801172158.jpg

さっそく実践。

マアジをカラアゲにしてみました。

あげたてのアツアツを食べてみますと、うんうんうん。

無理をすれば、

頭から丸ごと食べられないこともないけれど、

どうしても骨が、特に背骨部分が気になりますね。

やっぱり、このサイズのアジは「南蛮漬け」

というわけで、唐揚げにしたものを、

三杯酢の中へ漬け込んでまいりまして、

そのまま冷蔵庫で一晩寝かせますと・・・。

CIMG3263_convert_20180801172223.jpg

ハイッ!アジの南蛮漬けの出来上がり。

衣にも味がしみ込んで、美味しそう。

頭からガブリといってみますと、

あぁ~ッ!!旨い!!!

甘酸っぱい味がたまらない。

頭の先から尾ビレまで、まるごと全部食べられる。

骨もまったく気にならない。

このサイズのアジはやっぱりコレだな。

南蛮漬け、オススメですよ。

CIMG3270_convert_20180801172251.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
マアジ
CIMG3193_convert_20180801172111.jpg

引田漁協魚市場より「マアジ」

それなりに大きくはなってきたものの、

まだまだ刺身にするほどのサイズではない。

とは言え、まるごと食べるにはちょっと大きくなりすぎている。

カラアゲにしてもやっぱり骨が気になっちゃいますもんね。

でも大丈夫。

そんなときには「南蛮漬け」がオススメ。

少々大きめに育ったアジでも、

三杯酢の力を借りることで、

頭から骨までまるごと食べることができるようになるんですよね。

これだと頭を落としたり、内臓を除去したりしなくてすむから、

料理がお手軽。

一晩冷蔵庫で漬け込んだほうが、

味もしみ込んで、骨も柔らかくなって、

美味しく食べられるんですよね。

ぜひ試してみてくださいね。


農林水産業 ブログランキングへ
ひけた鰤オーナー制について
CIMG3177_convert_20180727174739.jpg

さてさて、今回はですね、

「平成30年度 ひけた鰤オーナー」の募集について。

前回オーナーの皆様から、

また今回オーナーにお申込み予定の方々から、

連日、多くのお問合せをいただくようになりました。

お電話で、お手紙で、FAXで、そしてメールで、

「今年はまだなの?」

「去年はもう募集してたけど」

「案内がこないんですけど」

といった内容で、

日に何件も寄せられるようになりましたので、

このあたりで、

今後の予定を発表させていただきたいと思います。

まずは、「平成30年度のひけた鰤オーナー制」についてですが、

実施する予定でございます。

募集開始時期については、

今月(8月)の中旬から下旬を予定しております。

例年に比べると、たしかに募集開始時期が遅れ気味なんですよね。

これには理由がございまして、

今年の場合は赤潮なんかが発生したりしまして、

それに対する対策等はいろいろと実施してはいるのですが、

なにせ相手は自然ですから、

可能な限り慎重にということで、

募集開始を先延ばしにし、

海の状況を日々確認しておりましたところ、

この時期にまでずれ込んじゃったんですよねぇ。

というわけで、

ひけた鰤オーナーへのお申し込みをお考えの皆様には、

もうしばらくお待ちいただくことになる予定でございます。

募集開始が決まりましたら、

当ブログ、引田漁協ホームページ、

そして前回オーナーの皆様には、

お手紙でご案内させていただく予定ですので、

よろしくお願いいたします。


農林水産業 ブログランキングへ