FC2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
別れの朝
CIMG3266_convert_20180726074758.jpg

そして翌朝。

ドアを開けて、事務所の中へ一歩足を踏み入れると・・・・。

止まり木のところにオトシゴの姿はなく、

ムムムムッと目を凝らしてみてみますと、

水槽の底に敷き詰めた小石の上に、

静かに横たわる小さな影が。

・・・・・・・。

タツノオトシゴ、死んじゃった。

何が原因か、ハッキリとしたことはわかりませんが、

おそらくは水温がよくなかった気がする。

事務所に入ったとたん、

もわっとした熱気がありましたからね、

空気が熱を帯びていた。

ここのところの暑さが、

事務所のクーラーを切ってからの、

夜から朝にかけての気温が、

水槽の温度を急上昇させたに違いない。

ごめん。

ごめんよタツノオトシゴ。

こんなことならすぐに逃がしてやればよかった、

と後悔してみたところですでに後の祭り。

もはやどうすることもできず、

小さななきがらを海へと帰してやったところで、

今回のタツノオトシゴ飼育作戦これにて終了。

やっぱり海水魚の飼育って難しいなぁ。


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト