FC2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
天然のブリが大量に
CIMG0232_convert_20181026173739.jpg

昨今、引田の市場でもですね、

なんとなく魚が少なくなってきつつあるような状況ではありますが、

ときおりなにかしらのタイミングで、

こんな感じになることがあるんですよね。

というわけで、ブリ大漁

天然のブリが大量に。

ちなみに引田は「ハマチ(ブリ)養殖発祥の地」

ブランド養殖魚「ひけた鰤(ブリ)」を扱う、

引田漁協としましてはですね、

天然のブリの味も気になるところではありますよね。

とは言っても、ワタクシのそもそもの認識としましては、

「天然モノ」より「養殖モノ」の方が味は上だという考えなんですよね。

それでも北の方で獲れる、

丸まると肥えた天然の大ブリなんかは、

メチャクチャに美味しいと聞きますのでそれは別として、

通常の天然ブリに比べると、

圧倒的に「養殖モノ」のほうが美味しいと思っております。

理由は、経験を積んだ生産者の皆さんが、

美味しくなるようなエサを使って、

美味しくなるように育てているんだから、

美味しくならないわけがない。

そうは言っても、

一般的な考えだと「天然」って響きが、

すでにそれだけで「価値アリ」みたいな、

そんな風潮もあるじゃないですか。

でもね、実際に価格の面で比べてみると、

この天然ブリのほうがはるかに安いの。

しかも、これだけの量が獲れているとなると、

需要と供給の関係で価格もより安くなっているだろうし、

せっかくのこの機会に、

この「天然ブリ」を思い切って買ってみてもいいかな、

なんて考えているところでございます。

CIMG0250_convert_20181026173653.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
我慢の限界
CIMG3398_convert_20181018165339.jpg

というわけで、カンパチの出荷。

ワタクシは計量を担当。

巨大な玉網でカンパチを大量にすくいあげると、

その重量がデジタルで表示されまして、

その数字を用紙に記入したり、

足し算したり、笛を吹いたりするのがワタクシの役目。

ただ、真剣作業ですので撮影などできる状況ではございません。

したがって、作業風景の写真はナシ。

しかも、ワタクシすぐさま船酔い状態になってしまいまして、

うっぷうっぷと、胃のあたりを押えながら、

吐き気をこらえながらギリギリの状態で作業続行。

CIMG3416_convert_20181018165435.jpg

うぷっ。

えっぷ。

吐いたら終わりと自分に言い聞かせ、

限界まで耐えに耐えた結果、

「もうダメ」というギリギリのタイミングで、

奇跡的に作業はすべて終了。

そのままワタクシ、力なくへなへなと崩れこんだり、

よろめいたり、最終的には船のデッキに入れてもらったり。

「海だけで酔えたら安上りでええな」

なんて、優しい言葉をかけてもらったりしながら、

なんとか帰港までを耐えしのいだところで、

今回の「カンパチの出荷」も無事終了となるわけでございます。

うっぷ。

CIMG3418_convert_20181018165459.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
作業はじまる
CIMG3393_convert_20181018165231.jpg

沖でのカンパチ出荷作業。

貴重な経験ですからワタクシも参加。

「そのロープ持っとって」

漁師さんに言われるがまま、

足元のロープを掴みあげる。

不安定な鋼管の足場をすたすたと歩き、

それぞれの配置につく漁師さんたち。

それぞれが持つロープは大きな網に繋がれておりまして、

その網を小割の中へゆっくりと沈めてまいります。

しばらく待ってからですね、

そろそろいくかという感じで合図がかかりまして、

いっせいに引っ張り開始。

CIMG3394_convert_20181018165245.jpg

ワタクシも一生懸命ロープを引っ張る。

うぐぐうぐぐぐ。

さすがに作業中は撮影できませんので、

ある程度、網が上がったところで、

重要な最後のところは漁師さんに担当チェンジ。

このタイミングでポケットからカメラを取り出し、

限られた時間で撮影を再開。

このあと、漁師さんに教えてもらいながら、

ワタクシはじめての「計量」作業を担当することになるわけですが、

それについてはまた次回。

CIMG3396_convert_20181018165315.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
沖へ
CIMG3386_convert_20181018165124.jpg

少し前のことになりますがワタクシですね、

船に乗せてもらって沖へと行ってきたんですよね。

もちろん遊びとかではございませんよ。

キチンとした仕事。

「カンパチの出荷」

しかしながら、ワタクシ沖は初心者。

カンパチの出荷も初めてのコトでありまして、

何をどうすればいいのかも分からない状況。

「大丈夫、行ったら全部教えてくれる」(購買部Mさん談)

その言葉を信じて船に乗り込み、

ある意味、丸腰で沖までやってきたわけなんですよね。

CIMG3390_convert_20181018165201.jpg

作業の段取り、漁協職員としてすべきコト、

それらの説明がなされるまでは、

ワタクシとりあえず撮影をすることに集中。

沖のカンパチの養殖小割に到着すると、

荒波の中、漁師さんたちはテキパキと動いて、

すぐさま出荷の準備に取り掛かります。

邪魔にならぬようワタクシ後方にて待機。

このあと、初体験のカンパチの出荷が始まるわけですが、

せっかくのこの機会。

そのすべてをあますことなくお伝えしたいと思っております。

CIMG3392_convert_20181018165218.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
今後の方針
CIMG0321_convert_20181025165141.jpg

さてさて、「ひけた鰤オーナー」になっていただいた皆様に。

オーナー証の発送について、

また、オーナ証に記載してある「オーナー№」が、

特典の「市場のお魚が当たるお楽しみ抽選会」の、

「抽選番号」になることについても、

前回ご紹介させていただいた通りでございます。

で、その「お楽しみ抽選会」について。

例年であれば9月の下旬あたりから第1回目が始まって、

年末までにすべての抽選会を終えるという流れがございました。

ただ、今年はいつもより募集開始時期が遅れましたので、

年末までにあまり期間がございません。

そこで。

今年度はですね、予定の回数が終了するまで、

「抽選会」を実施し続けようと思ってるんですよね。

年末で区切らず、

年を越えても慌てずじっくりいっちゃう感じ。

そうなってくると、これまでは無縁だった、

「冬のお魚」なんかもお届けすることができるし、

それはそれでアリなんじゃないかなぁって思ってるんですよね。

というわけで、

今年の抽選会の方針はそんな感じでございます。


農林水産業 ブログランキングへ
オーナー証発送のお知らせ
CIMG0322_convert_20181025165211.jpg

さてさて、本年度の「ひけた鰤オーナー」にお申込みいただいて、

手続きが完了いたしました皆様のご自宅のポストにですね、

そろそろ「ひけた鰤オーナー証」が届いている頃かと思います。

こんな感じのカードですね。

カード右下の魚の写真については、

引田の市場で撮影したモノを使用しておりまして、

キチンと数えてはおりませんが、

その数は約200種類くらいございまして、

皆様それぞれに違ったモノになっているんですよね。

で、注目していただきたいのは「オーナー№」

この番号こそがですね、

オーナー特典である、

「市場の魚が当たるお楽しみ抽選会」

の抽選番号となっているわけでございます。

ですから、今後発表される当選番号と、

皆様の「オーナー№」が一致すれば、

見事、当選ということになるわけです。

というわけで、さっそく抽選会に入りたいところではありますが、

その前に。

オーナー登録料の振り込みも済ませたのに、

まだ「オーナー証」が届かないという方や、

届いた「オーナー証」の枚数がですね、

登録した尾数と違っているという方がいらっしゃいましたら、

早急に対応させていただきますので、

引田漁協(0879-33-2528)までご連絡ください。

よろしくお願いいたします。


農林水産業 ブログランキングへ
秋祭り終了
CIMG0165_convert_20181018164918.jpg

引田の秋祭りシリーズもいよいよ今回で最後。

難所を越えて橋を渡り、

いよいよ誉田八幡宮の参道へと戻ってまいりました、

我らが御船「八幡丸」

ここまでくればゴールはもう目の前。

船長もリラックスして立ち上がり、

幕のあいだから顔を出して、

笑顔を振りまいたりもいたします。

そのまま観客のリクエストに応えて、

小さなお子さんを抱き上げての撮影会が始まったりして、

みんなニコニコ笑顔のひととき。

じりじりと、それでも少しは確実に進んでゆく行列とともに、

八幡丸もじわじわと時間をかけて進んでまいります。

ちょっと進んではすぐ止まり、

また忘れたころに少しだけ進む。

その繰り返しで、

あたりも日が陰ってきたころ、

ついに八幡丸の境内へと押し入ることに成功。

と同時に作業開始。

みんなで飾り付けをはずしてたたんで、

収納ケースにキレイに入れて、

バッテリーをはずし、

スピーカーにビニール袋をかぶせ、

八幡丸を丸裸の状態に戻したところで、

せーの、おいやぁぁぁぁぁぁあ。

みんなで蔵へと押し入れまして、即解散。

こうして長かった秋祭りも、

ようやく終わりを迎えるわけでございます。

CIMG0206_convert_20181018165007.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
引田秋祭り 直角カーブ 帰り道


というわけで、こちらがその動画でございます。

引田の秋祭り。

コース最大の難所「直角カーブ(帰り道)」

船長と船を引っ張る(押す)漁師さんたち。

息を合わせてみんなが一体となることで、

はじめてクリアすることができるこの難所。

「ゆっくり行けよ!!」(船長の声)

しかしながら、八幡丸の船首にくくりつけられた、

ビールの空き缶満タンのゴミ袋からもわかるように、

アルコールの影響もございまして、残念ながら聞く耳持たず。

そのままのスピードで難所に突入していく八幡丸。

困難な状況のなか、

果敢に挑む船長の闘いの記録をぜひご覧ください。

CIMG0135_convert_20181018164733.jpg

なにはともあれ、とりあえず。

難所通過後はふたたび「舳先」を取りつけまして、

あとはまっすぐ一本道。

橋の上までくれば、誉田八幡宮までもう少し。

しかしながら、ここからの動きが極端に鈍くなることは、

毎年のことですので了承済み。

みんな慌てることなく一休み。

欄干にもたれかかったり、座り込んだり、

風に吹かれたりしながら、

行列が再び動き始めるその時を、

ただただ待ち続けるだけでございます。

CIMG0161_convert_20181018164856.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
難所ふたたび
CIMG0126_convert_20181018164533.jpg

引田の秋祭り。

折り返し地点からの帰り道。

いよいよ、そのときが近づいてまいります。

そう。

コース最大の難所「直角カーブ」

しかも道幅の関係で、

「行き」よりも「帰り」のほうが、

難易度も数段高めとなっているわけなんですよね。

八幡丸も「舳先」を取り外しまして、

直角カーブに備えてコンパクトモードに変身。

CIMG0127_convert_20181018164618.jpg

我ら鼻息も荒く一歩一歩とその場所に近づいてまいります。

途中、原因不明の操縦ミスで、

直線コースを大きくはずれ、

道路わきのフェンスに激突しそうになるも、

みんなで力を合わせてなんとかストップ。

舵を切り直し、気を取り直し、ふたたび前へと進みます。

そしてついに見えてまいりました。

舵を切るタイミングを間違えれば、

激突必至の「直角カーブ(帰り)」

船長の目がただ一点に注がれ、微動だにせず。

集中力は極限まで高められてまいります。

CIMG0134_convert_20181018164648.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
再出発
CIMG0103_convert_20181018164402.jpg

お昼の休憩をはさんだのちに、

行列は再び出発のときを迎えます。

ここからは帰り道。

まずはヤッコが元気よく。

続いて御神輿。

そのあとに我らが御船「八幡丸」が続いてまいります。

スピーカーから大音量で流れるのは「八幡丸舟唄」

ちょっと聞いただけでは理解できないのですが、

キチンとした歌詞と意味がございまして、

古来より伝わってきた由緒正しい御唄なんですよね。

CIMG0107_convert_20181018164435.jpg

めぇ~でぇ~たぁ~いぃ~なぁ ごようわはぁ♪

おーうをほん、いーいいつふ、みいーてーえ、

もーうををー、かあーわーあ、らんははあーぬふー、

もんををのーを、わああーんやーれへんさーさ、

はああーのをーをはあよんえへ♪

さらさい このさら このひよこのを

のををえー ノオチャンハハマンハンハ―

まああたああよん それそれそれ 

えーほをとんほ ほんほほ とほうほほ

よーい えいさらさらさらああえいさらさらあ

とをぎんいいーす♪


意味はあるんですよね。

CIMG0108_convert_20181018164456.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
おたびにて
CIMG0099_convert_20181018164329.jpg

引田の秋祭り。

コース最大の難所「直角カーブ」を切り抜けた「八幡丸」

あとは体力勝負。

ゆっくりと進んでは立ち止まり、

立ち止まってはまた進み。

そんなことを繰り返してお昼前。

ついに「おたび」に到着。

獅子の鐘や太鼓が激しく打ち鳴らされるなか、

我らはお堂にこもりて「八幡丸御唄」を熱唱。

それが終わるとお昼ごはん。

CIMG0095_convert_20181018164242.jpg

豪華なお弁当をいただいてですね、

折り返しの出発開始までのしばしのあいだ、

体をやすめる時間をとるわけなんですね。

過酷な旅路。

ここまでの脱落者は1名。

酔っぱらった漁師さんがビールを落っことし、

それを拾おうとして勢いあまって横転。

見事にひっくり返ってしまいまして、

そのままリタイアとなり、

自宅まで送り届けるというアクシデントもございましたが、

とりあえずケガもなかったようで一安心といったところでございます。

CIMG0102_convert_20181018164345.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
直角カーブと船長と


というわけで、今回は動画をご用意いたしました。

引田の秋祭り。

引田漁協の御船「八幡丸」は、

コース最大の難所「直角カーブ」にさしかかり、

舵を切るタイミングを少しでも間違えれば激突必至の状況。

慌てず騒がず精神を研ぎ澄ませ、

ある地点にさしかかると、ここぞと舵を切り始める船長。

前方に迫りくる家屋、シャッター。

あ、あ、あ、ヤバい!!

ぶつかるぅぅぅぅ!!!

と、思った瞬間、数センチの隙間を残して、

するりと舳先はシャッターを回避。

ふたたび激しく舵を戻す船長。

CIMG0084_convert_20181018164149.jpg

ワー!ワー!ワー!ワー!

ギリギリで難所をクリア。

周囲を囲む漁師さんたちも大喜びで、

口々に船長をねぎらいます。

その流れでみんな元気に補給の時間。

八幡丸内部に持ち込んだ、

発泡スチロール箱の中には、

ビール、ジュース、栄養ドリンク等が満載。

それらが次々に配給され、

気合を入れ直す我ら人力エンジン一同。

八幡丸はまたゆっくりとゆっくりと、

「おたび」を目指して進んでいくことになるわけでございます。

CIMG0091_convert_20181018164219.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
すべてはその腕に
CIMG0044_convert_20181017155205.jpg

さて、ついに始まった引田の秋祭り。

勇壮なヤッコの行列に続いて、

我らが引田漁協の御船「八幡丸」も、

スピーカーから大音量の「八幡丸御唄」を響かせ、いざ出発。

太鼓と鐘を激しく打ち鳴らし、

そのあとに獅子の皆さんが続きます。

ちなみに八幡丸の動力は漁師さんたち。

前方では数名がロープを引っ張り、

両サイド、そして後方にも、

船体の推進力となる漁師さんたちが付き従います。

CIMG0053_convert_20181018164103.jpg

内部には操縦席でただひとり前方を見据える船長の姿。

経験と勘をたよりに細かく舵を微調整し、

すきあらばコースを外れようとする御船を、

その集中力と腕力でしっかりとコントロールいたします。

誉田八幡宮を出発し、

いよいよ「行き」の最難関。

コース最大の難所「直角カーブ」へとさしかかってまいります。

小回りの利かぬ「八幡丸」をうまく操り、

無事に切り抜けることができるのか。

ここが腕の見せ所。

要求されるのはミリ単位の操船技術。

まさに緊張の一瞬を迎えようとしております。

CIMG0058_convert_20181018164305.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
出発の時
CIMG0015_convert_20181014173914_201810171554283d4.jpg

揃いの「手書き八幡丸Tシャツ」を緊急作成しヤル気みなぎる我ら。

いやぁ、それにしても旨かった。

ハマチ&カンパチの刺身も堪能し、

出発前の腹ごしらえもこれにて終了。

時間に合わせて宴を切り上げ、

誉田八幡宮へと移動いたします。

境内に響く大音声。

ヤッコの掛け声。

いよいよ引田の秋祭りの始まりです。

我ら引田漁協の面々も、漁師さんたちとともに、

御船「八幡丸」の周囲に陣取り、

出発の体制を整えます。

先頭には清めの塩をもつB料理長。

操縦席には船長の姿。

ワタクシは内部に設置したラジカセの前でスタンバイ。

ヤッコに続いて、

船長から出発の合図がでるのを、

じりじりとした気持ちで待ち続けます。

CIMG0042_convert_20181017155330.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
刺身を味わう
CIMG0033_convert_20181015180425.jpg

引田の秋祭り直前。

出発までの空き時間を利用して、

腹ごしらえをする漁師さんたち。

受付を担当しているワタクシたちもと、

スキをみてついに念願の「刺身」を手に入れてまいりましたよ。

ハマチ&カンパチ。

もちろん引田で養殖されたモノでございます。

小皿に5切れほどとりまして、

そうそう、ワサビも少々いただいてと、

それでは、いっただっきまーす!!!

パクッ!!

CIMG0039_convert_20181015174401.jpg

ああ、いい。

これはあえて1日置いて、旨味を引き出したしっとり系。

活き〆直後のゴリゴリ食感はないけれど、

そのぶん身と脂がやさしく交わりあって、

口の中で旨味がねっとりと広がってまいります。

隣の奥村さんも5切れをすぐさま完食。

ワタクシも5切れを食べて、すぐさまもう5切れを追加。

うんうんうん。

追加、追加、さらにおかわり。

「刺身、めちゃくちゃ食べるな・・・」(奥村さん談)

ホントはまだまだ食べられるんだけど、

このあと、お祭りがあるコトを考えて、

20切れを超えたところでいったん終了。

いやぁ、引田のハマチ&カンパチ。

この刺身は絶品ですよホント。

CIMG0035_convert_20181015174425.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
虎視眈々
CIMG0040kk_convert_20181015174731.jpg

お祭りに参加する引田漁協の御船、

「八幡丸」の動力となる漁師さんたちの、

腹ごしらえの時間。

出発までまだ時間がございますので、

オードブルを食べたり、ビールを飲んだり、

ワイワイがやがやとにぎやかな時間を過ごしております。

で、ワタクシと奥村さんはこの場所にて受付係を担当中。

しかしながら、

各テーブルに並べられた「刺身」がとてつもなく美味しそうで、

気になってしかたがないんですよね。

CIMG0013_convert_20181015174448.jpg

そこでスキを見て、いや、参加者の集合具合をみて、

奥のテーブル、刺身が余ってるっぽいですよね、

みたいなコトをささやき合いながら、

「よし、いけ!!」(奥村さん談)

指示通り迅速に行動し、

こうして刺身盛り合わせ1皿分と、

ついでにオードブルも1皿、

無事手に入れることに成功ス。

魚はハマチ&カンパチ(引田産養殖モノ)

それでは、ワタクシたちも味わってみることにいたしますか。

「おお、食お!食お!!」(奥村さん談)

CIMG0037_convert_20181014174631_20181015174808f2d.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
引田秋大祭
CIMG3463_convert_20181014064656.jpg

というわけで、昨日は引田の秋祭りに参加してまいりました。

そのときの様子をちょっとばかり。

引田漁協の御船「八幡丸」も豪華絢爛。

キレイに飾り付けを終えまして、

出発の時を待つのみといった状況ではありましたが、

その前に、毎年恒例のお食事タイムがございまして、

皆で栄養補給をいたしまして、

これから始まる長旅の前に、

英気を養うわけなんですよね。

オードブルも盛りだくさん。

CIMG0029_convert_20181014174055.jpg

しかしながら、ワタクシがひそかに狙っているのはコチラ。

ハマチ&カンパチの刺身。

もちろん引田の養殖モノ。

きっと脂ののりもバッチリで、

たまらないんだろうなぁ。

みんながビールなんかを飲んで、

ほろ酔い気分で談笑したりするなか、

受付係としての立場でありながら、

ワタクシの熱い眼差しは、

ただただ各テーブルの刺身盛り合わせ皿にのみ、

注がれているわけでございます。

CIMG0028_convert_20181014174032.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
祭りの朝は
CIMG3464_convert_20181014064625.jpg

平成30年10月14日(日)

今日は引田の秋祭り。

昨年はまさかの雨により、

パレードへの参加は中止となりましたが、

いまのところ、

今年は雨の心配はなさそうな感じ。

昨日の午後に、

八幡丸の飾り付けはすべて終えておりますので、

あとは最終的な準備をしまして、

誉田八幡宮へと向かい、

引田の街並みをですね、

引田漁協の御船「八幡丸」とともに練り歩くわけでございます。

それでは、行ってまいります。


農林水産業 ブログランキングへ
お祭りの前に
CIMG3436_convert_20181012183107.jpg

明日は引田の秋祭り。

平成30年10月14日の秋大祭にむけて、

引田漁協では、ただいまイロイロ準備中。

引田漁協の御船「八幡丸」の蔵出し。

降り積もったほこりをほうきでパッパッ。

蜘蛛の巣をはらい落とし、

ホースの水で洗車ならぬ洗船をしたりと、

祭りに備えて大掃除。

途中、壊れて割れた箇所なんかを発見し、

奥村さんがすぐさまトンカチ片手にカンカンカン。

なんとか補修し、応急処置といいますか、

とりあえずのごまかし完了。

今のところは骨組み状態ではありますが、

祭り当日にはきれいに飾り付けを終えた、

立派な「八幡丸」完全体に変身いたします。

というわけで、本番は明日。

引田の秋祭り。

楽しみに待ちたいと思います。

CIMG3434_convert_20181012183046.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ホタテウミヘビ
CIMG9492_convert_20181009182538.jpg

というわけで、コチラがハモに紛れ込んでいた、

「ホタテウミヘビ」

ま、体形が似ているとはいっても、

やはり見た目が違いますので、

選別のさいに見つかってしまって、

こうして市場の床に放り出されたわけでございます。

で、ここから海へと逃がしてやるのは、

成り行き上、ワタクシの役目となりまして、

とりあえず、噛まれたりしないように気を付けながら、

ロングテカギなどを使って慎重に作業を進めてまいります。

CIMG9493_convert_20181009182620.jpg

首のあたりをひっかけて、

バランスをとりながら発泡スチロール箱にひょいっと移し入れる。

途中、這いあがってくるところを、

うまく角度をつけていなしながら、

すばやく海のところまで運んで行って、そのまま放流。

噛まれることもなく、無事に任務を終えまして、ホッとひと息。

ちなみにですね、

ワタクシこの「ホタテウミヘビ」をまだ食べたことはないのですが、

漁師さんの話によりますと、美味しいとか不味いとかじゃなく、

とにかく小骨がすごいんですって。

CIMG9496_convert_20181009182602.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ハモの中から
CIMG6641_convert_20180908092534.jpg

そして稀にではありますが、

ごく稀にではありますが、

こういうこともあるんですよね。

「これ違う!!!」

ハモを選別中の奥村さんが、

1匹だけをテカギでひっかけ、

ポーンと放り投げてくる。

ハモと同じヘビのような細長い体形をしたそれは、

放り投げられてうねうねと暴れているわけですが・・・。

「それハモと違う」(奥村さん談)

というわけで、

ハモの中に紛れ込んでいたのはコチラのお魚。

「ウミヘビや!!」(奥村さん談)

過去にも何度か紹介させていただいた記憶がございます。

その名も、「ホタテウミヘビ」

興奮するとだったか、威嚇するときだったかは、

ちょっと忘れてしまいましたが、

とにかく背ビレを「帆」のように立てるのが、

その名の由来だったような記憶がございます。

とりあえず「ウミヘビ」はこちらの市場では価値ナシですので、

セリにかけられることもございません。

では、このあとどうなるかと申しますと・・・。

えーと、コイツどうしましょ?

「海に捨ててこい」(奥村さん談)

ワ、ワタクシがですか?

「逃がしてやれ」(奥村さん談)

ワ、ワタクシが?

というわけで、

危険な業務がまたひとつ増えることになるわけでございます。

CIMG9489_convert_20181009182515.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ハモ
CIMG6643_convert_20180908092547.jpg

もう一目で分かりますよね。

凶暴なヤツってのが。

もう目で分かる、目で。

というわけで、引田漁協魚市場より「ハモ」

ご覧のようにですね、

ギザギザの鋭いキバを持っておりまして、

さらにはヘビのように細長い体をもつお魚でございます。

攻撃的な性格をしておりまして、

もう見境なしに噛みついたりしますので、

取り扱いには細心の注意が必要。

引田漁協でもその被害者は数知れず。

販売部Kさんなんかは時期になると、

週に何回も噛まれたりしているし、

その昔、A料理長が腹部に噛みつかれたのも有名な話。

そーっと背後から腕を伸ばして首根っこをつかまえようとしても、

瞬時に反応し、空中で迎え撃ってくるからもう手に負えない。

素人は手出し無用の危険なハモ。

ただですね、こう見えて、

骨切りなど多少の手間はかかりますが、

食べれば非常に美味しいお魚なんですよね。

機会がございましたら、ぜひ気を付けて食べてみてくださいね。

CIMG6641_convert_20180908092534.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
今後の予定
PO20100809_0063_convert_20140711132317.jpg

さて、平成30年度ひけた鰤オーナーの募集も終了いたしまして、

現在はその後の手続きを進めているところでございます。

オーナーにお申込みいただいた皆様には、

「希望調査票」「お支払いのご案内」等を郵送させていただきまして、

ワタクシの手許にはですね、

すでに「商品のお届けについて」のご返答FAX、メール等が、

数多く届けられております。

ありがとうございます。

そして、まだお届けの日がお決まりでない方は、

ごゆっくりお考えいただいて大丈夫ですよ。

発送までにまだまだ日にちがありますからね。

お支払いの期限のほうはですね、

あと数日で締め切りとなる予定でございます。

それが終われば、オーナー証の発行。

それにともない、特典の「お楽しみ抽選会」の開始。

そして11月中旬~12月31日の間に、

商品の発送といった流れになってまいります。

どうぞ、よろしくお願いいたしまーす。


農林水産業 ブログランキングへ
スズキをいろいろ
CIMG6899_convert_20180926175929.jpg

前回ご紹介させていただいた通り、

この時期のスズキの刺身も美味しいのですが、

火を通しても美味しくいただけるハズなんですよね。

塩焼きにしたっていけるし、

煮付けなんかも美味しそう。

フライにしてもよさそうだし、

ムニエルにしたって大丈夫だろうし、

チヌのときみたいにカラアゲにしてもいい。

もちろん塩でいってもいいし、

スイートチリソースも絶対あいますもんね。

ぜひ、いろんな食べ方でスズキを楽しんでみてくださいね。

CIMG1417_convert_20151208161423.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スズキの刺身
CIMG6882_convert_20180926175848.jpg

というわけでスズキの刺身完成。

すでに秋の気配漂う季節となってまいりましたが、

夏のお魚と言われるスズキをですね、

遅ればせながら食べてみたいと思います。

それでは、一切れ。

刺身醤油とわさびでピトピト。

パクッ。

もごもごもご。

旨い!!

あっさりしてて、まったくクセがない。

ホントいくらでも食べられる。

小型のスズキでこの味ならば、

大型のものならもっと美味しいコト間違いなし。

もごもご、うんうん。

やっぱり美味しい。

というわけで、

スズキのお刺身オススメでございます。

CIMG6895_convert_20180926175912.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スズキをテヌキ
CIMG6876_convert_20180926175755.jpg

というわけで試食用にスズキの解体開始。

本来なら正式な手順にのっとり、

頭をおとして腹を開いて内臓を出してと、

順番に作業を進めていくところなのですが、

今回、ちょっと面倒なので、

テヌキでパパッとまいりたいと思います。

まずはウロコをササッと落とし、

それから強引に身だけを切り取る。

CIMG6877_convert_20180926175817.jpg

ハイ、出来た。

反対側も同じように。

ハイ、また出来た。

これにて手順も時間も大幅に短縮できましたので、

さっさと食べてまいりたいと思います。

そうそう、ちなみにですね、

スズキの身ってのはこの背中の筋肉のところに、

切り目があるというか、割れ目があるんですよね。

パッと見た感じ身割れがしてて、鮮度に難あり?

みたいに感じるかもしれませんが、

これはもう体の構造的にそうなっているみたいですので、

気にせず調理してまいりましょう。

そうしましょう。

CIMG6879_convert_20180926175831.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
危険個所
CIMG6871_convert_20180926175711.jpg

スズキの試食のその前に、

危険個所についてご紹介させていただいているところでございます。

このエラブタの先端のトンガリはけっこう危険。

うっかり手を切らぬよう注意してくださいね。

そしてもうひとつ。

横アゴといいますか、

そのエラブタのちょっと前のトコロ。

ここもカーブの角のところが鋭利な刃物状態になっておりますので、

かなり危険なんですよね。

CIMG6873_convert_20180926175737.jpg

ですから生きているときなんかは、

頭付近を出来るだけ素手で触ったりしないコト。

ホントに危険ですからね。

あとは、スズキに限らずなんですが、

ウロコをおとすさいなんかに、

背ビレとかその他のヒレのトゲで、

手を刺してしまうことがございますので注意が必要。

さて、そのあたりのコトに気を付けながら、

そろそろスズキをさばいていくことにいたしましょう。

CIMG6876_convert_20180926175755.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スズキもついでに
CIMG6869_convert_20180926175639.jpg

さて、こちらはスズキ。

そう、夏の魚と言われるスズキでございます。

朝晩の冷え込みなんかも始まりまして、

すでに秋の気配も漂ってきている今日この頃ではございますが、

まだまだスズキもいけるハズ。

というわけで、チヌに続いてスズキも試食。

と、その前に。

スズキを扱う際に気を付けておかねばならぬことがございますので、

ちょっとばかり説明をさせていただきますね。

CIMG6870_convert_20180926175656.jpg

ここ。

エラのところ。

正確にはエラブタの先端。

ここに鋭くとがったトンガリがあるんですよね。

切れ味が鋭いナイフのような。

写真では見えにくいので、

包丁をあてがって見やすくしてみますとホラね。

こんな感じ。

油断してると手なんかをスパッと切っちゃう恐れあり。

生きているときはもちろん、〆た後だって危険なんですよね。

CIMG6871_convert_20180926175711.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
オリーブマダイ
CIMG9498_convert_20181001134214.jpg

「オリーブハマチ」ってのは有名じゃないですか。

そう、オリーブの葉の粉末を添加した餌を、

20日間以上与えた養殖ハマチのことですね。

オリーブの葉の粉末を添加した餌でハマチを飼育すると、

酸化・変色しにくい肉質に改善され、

さっぱりとした味わいのヘルシーなハマチに仕上がるんですよね。

で、今回ご紹介させていただくのはその「マダイ」版。

その名もオリーブマダイ

ってのがあるみたいなんですよね。

手元の折り込みチラシによりますと、

「風光明媚な香川県沿岸瀬戸内の海を揺りかごに、

オリーブの葉粉末を与え育まれた特別な鯛」


との紹介文と生産者の顔写真が掲載されておりまして、

よく見ると「オリーブマダイ生産者:服部さん」

とあるではないですか。

「また、ブログでも紹介しといて」(服部さん談)

というわけで、今回はその生産者:服部さんからのご依頼で、

「オリーブマダイ」売り出しのご案内をさせていただきたいと思います。

チラシのお店は「マルナカ」さん。

平成30年10月5日(金) ~ 平成30年10月7日(日)

午前11時より販売開始となります。

ぜひ、この機会にオリーブマダイを味わってみてくださいね。

また、取り扱い店舗が限られているみたいですので、

ご注意くださいね。

CIMG9500_convert_20181001134140.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
チヌのカラアゲ
CIMG6857_convert_20180922091455.jpg

さてさて、今が旬と言われるチヌをですね、

今度はカラアゲにしてみました。

ホントに美味しいのか確かめてみたいと思います。

ただ、せっかく食べるからには、最高の状態で食べてみたい。

調味料なんかも色々と試してみて、

もっとも美味しい食べ方なんかも探ってみようと思うんですよね。

というわけで、まずはシンプルに「塩」

素材本来の味がもっとも分かるような気がしますよね。

それではパクッ。

むむむむ、美味い。

メチャクチャ美味しい。

CIMG6858_convert_20180922091518.jpg

チヌも身もふわふわしてて、すっごくイイ感じ。

もうちょっとパサつくかと思っていたので、これは意外。

でまた、塩がイイ。

調味料とかもういい、塩だけあればそれでいい。

これが一番おいしい食べ方。

試しに今度はスイートチリソースでいただいてみると・・・。

旨い!!

負けず劣らずコチラも美味しい。

もう、「塩」と「スイートチリソース」だけあればそれでいい。

というより、やっぱり素材が美味しいんでしょうね。

だから、何で食べても美味しく感じる。

というわけで、今度こそ自信を持って断言します。

この時期のチヌ、オススメです。

CIMG6861_convert_20180922091538.jpg


農林水産業 ブログランキングへ