fc2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
オニオコゼ
DSC05909_convert_20231202085149.jpg

ちなみに、毒針を持つ危険な魚の代表格といえば、

こちらの魚「オニオコゼ」が有名ですよね。

オニオコゼの背ビレはですね、

その1本1本が注射針のようになっていて、

刺さると毒が注入される仕組みになっているんですね。

さらに、その毒も強烈で、

その痛みに耐えられず、

病院で麻酔注射を打ってもらったりすることもあるそうで、

体質によっては、

回復までにかなりの日数を要する場合もあるみたい。

ちなみに、この強烈なオコゼの毒がまったく効かない、

特殊体質の人もいるようですが、

自分がそれにあたるかどうかは、

実際に刺されてみないと分からないんですよね。

ちなみに味は美味。

お店なんかに並ぶ際は、

危険な背ビレを切り落としてくれている場合が多いようなので、

機会があればぜひ食べてみてくださいね。

DSC05915_convert_20231202085215.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト