fc2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
自分で泳いで
DSC06350_convert_20231220105046.jpg

安戸池への「ひけた鰤」搬入。

水門を通して運び込んでまいりました「出し小割」から、

販売用のイケスへと「ひけた鰤」を移していく作業。

年末に向けて販売予定の魚ですので、

今回は網と網とを細いロープで縫い合わせ、

繋ぎ合わせた状態で魚みずから泳いで移動してもらう方式を採用。

このやり方だと、

魚が傷みにくいんですよね。

DSC06361_convert_20231220105128.jpg

網と網とのつなぎ目の部分を、

棒で深く突き込んで、

ある程度の深さを作ってやる。

そうしますと自然と魚は深い方へと泳ぎ込んでまいります。

そのタイミングで今度は、

元の網の方を引っ張り上げて、

そちらの水深を浅くしてやりますと、

一気に深い方を目指して魚たちは移動してまいります。

そんなこんなで搬入作業も無事終了。

ちなみに今回ワタクシは照明係。

みんなの作業がしやすいように重要な部分を照らす、

大事な役目でございます。

DSC06358_convert_20231220105108.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト