fc2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
ネットの中で
DSC08613_convert_20240405074545.jpg

市場に持ち込まれるお魚の中で、

「いけもん」と呼ばれる、

活きたままの状態で扱われるモノはですね、

計量後に市場の水槽の中へと入れられるわけなんですね。

種類ごとに分けて、

水槽のカゴの中で自由に泳がせておく感じ。

ですが、こちらの「アナゴ」のように、

そのままにしておくと逃げ出したり、

いったん逃げられると見つけるのが困難なモノに関しては、

ネットに入れたままの状態で扱うようにしています。

ウナギなんかは数が獲れないので、

「活き」で扱う機会はないのですが、

もし数が揃えば「ネット入り」は確実でしょうね。

あと、同じ細長体形の「ハモ」がネットに入れられないのは、

おそらくアナゴほどに逃げ隠れするのが上手くない、

もしくはキバが鋭いし噛み付き癖があるので、

ネットに入れる行為からして危険だから、

とか、そういう理由がありそうに思いますね。

あと、脱走の名人である「タコ」もやっぱり「ネット入り」

こちらは吸盤による「くっつき防止」も兼ねていて、

ネットに入れることで扱いがすっごく簡単になるわけなんですね。

DSC08612_convert_20240405074906.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト



いろいろ美味しい
DSC08732_convert_20240408092806.jpg

「ハリイカ」ってどう食べたって美味しいんですよね。

ごはんの上に刺身をのっけて、

イカ丼にしても美味。

わさびをつけてお醤油をたらして、

バクバクいくのも乙なもの。

あと、バター炒めなんかにしても美味しいんですよね。

熱を入れることで身が締まり、

弾力を残しつつも、

もっちりとしたやさしい歯ごたえになる。

もごもごもご。

噛めば噛むほど旨味が出てきて、

メチャクチャに美味しい。

もごもごもご。

コレも最高。

他にも、煮付けにしたり、

シンプルに塩コショーで炒めたり、

天ぷらもあり、

八宝菜やシーフードカレーの具材にも。

今が旬のハリイカ。

ぜひ、いろんな食べ方で味わってみてくださいね。

DSC08731_convert_20240408092848.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
旬のハリイカをお刺身で
DSC08716_convert_20240408092756.jpg

というわけで、購入しました旬の「ハリイカ」

まずはお刺身にして、

その味を確かめてまいりたいと思います。

それでは一切れパクリ。

もごもごもご。

スゴイ!!

独特の歯応え。

ねちょっとしたやわらかい感じじゃなくて、

かといってゴリゴリの食感でもない。

弾力はありつつも、

抵抗なくサクサク噛み切れる。

わさび醤油を軽くつけて、

もごもごもごもご。

くーっ、最高。

チャクチャおいしくて上品な味。

これはホント、オススメですね。

この時期ぜひ、

旬のハリイカを味わっていただきたいと思います。

DSC08738_convert_20240408092815.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ハリイカのハリ
DSC08696_convert_20240408092132.jpg

というわけで「ハリイカ」購入。

ちなみにハリイカはですね、

体に「ハリ」を持っているからそう呼ばれているわけで、

こうして見てみますとホラ。

頭のてっぺんの部分。

学術的には胴体の部分になるのかな。

とにかくその部分にこのように、

チョンと尖ったナニモノかを確認することができるんですよね。

そしてこのプクッと膨らんだトンガリこそが、

ハリイカの「ハリ」でして、

体内の甲の先端にハリがついているというわけ。

ただ、ハリそのものはイカの皮に覆われておりまして、

ハッキリとその存在を確認することが困難なんですよね。

でも大丈夫。

今回は購入したハリイカが手元にございますので、

こうしてグッと押してスルリと取り出してみますと、

出てまいりました。

こちらがハリイカの甲、そしてハリイカの「ハリ」なんですよね。

それなりに鋭く尖ってて、先端部分を指でつつくと普通に痛い。

漁師さんの話だと、

このハリでカッパを破ってしまうコトがあるそうで、

なかなかにやっかいな存在なのだそうですよ。

DSC08708_convert_20240408092114.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
誘いに乗っかる
DSC08685_convert_20240408091923.jpg

出始めのこの時期、

「ハリイカ」のお値段はかなり高め。

もちろん味は美味しくて、

それだけの価値はあるのですが、

それでもやはり収入と支出のバランスもありますので、

もう少し価格が落ち着いてきた頃合いを見て、

購入しようかなと考えていたのですが、

「今日は数が多めで安くなるハズ、買って分けるか?」

という販売部Kさんの読みと誘いに乗っかり、

思い切って高級ハリイカ購入に踏み切ることにしたんですよね。

セリ終わりに販売部Kさんと相談しまして、

値のついたハリイカを見比べながら、

「コレにしよ」

高級な中でもサイズ控えめで、

お値段も控えめの1箱を選び、

それを半分に分けることで同意。

というわけで、手に入れた旬のハリイカ。

どんな味か楽しみでございます。

DSC08707_convert_20240408092037.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
A料理長のぶっかけうどん改
DSC08639_convert_20240405142209.jpg

というわけで、お昼はみんなで「うどん」を食べる。

A料理長の代表作といえば、

「甘辛くて濃いぶっかけうどん」

なのですが、

みんな年齢を重ねたこともあり、

味の好みが変わってきたことを、

敏感に察知したA料理長がですね、

現在では若干うすあじといいますか、

塩分と糖分控えめの、

「健康志向のぶっかけうどん」へと改良してくれているんですよね。

DSC08643_convert_20240405142242.jpg

体にやさしい味付けだから、

おかわりも3杯まで大丈夫。

体にやさしい味付けだから、

ちくわ天とたまご天を1本ずつつけても問題なし。

もちろん、天かすも入れ放題。

ずずずずずずッ、ぷはーっ、美味い。

「3杯は多すぎや、食えんぞ」(奥村さん談)

「2杯で充分やな」(購買部Mさん談)

そんなこんなでみんなでズルズル。

大満足のひとときでございます。

DSC08647_convert_20240405142301.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ネギ切り担当
DSC08627_convert_20240405140142.jpg

ジャキジャキジャキジャキ。

引田漁協の台所。

ワタクシ、ネギを切っているわけなのですが、

特にネギ切り技術に秀でているわけでもなく、

むしろ包丁使いは下手なほうで、

リズミカルに細かく刻むなんてことはできませんので、

今回はハサミを使ってジャキジャキジャッキン。

他にもっとネギ切りの上手いヒトもいるはずなのに、

それでもなぜかA料理長のご指名で、

ワタクシ毎回ネギ切り担当。

おそらくはネギを切る技術どうこうじゃなくって、

単純に雑用担当ってことだとは思うんですけど、

「味見してくれる」

ネギを切り終えると、

A料理長から「湯呑み」を渡され、

今度はスープの味見担当。

うーん、醤油と砂糖をもう少し、ですかね。

A料理長の特製うどん。

お昼の時間に間に合わすため、

ただいま急ピッチで作業に取り組んでいるところでございます。

DSC08630_convert_20240405140205.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
春はハリから
DSC08601_convert_20240405074731.jpg

引田漁協魚市場より「ハリイカ」

標準和名は「コウイカ」

甲の部分の先端に、

小さな針がついているので、

こちらでの呼び名は「ハリイカ」

市場にハリイカが並び始めると、

春になったなって感じがしますね。

ちなみにハリイカは非常に美味しく、

刺身にすると肉厚で歯応え最高。

煮付けにしてもとんでもなく美味。

塩コショーで炒めるのもあり。

バター焼きにしても美味しいし、

天ぷら、木の芽和え、と食べ方もいろいろとございます。

出始めのこの時期、少々値は張りますが、

それでもそれだけの価値はある。

機会があれば、ぜひ食べてみてくださいね。

DSC08619_convert_20240405074507.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
この時期は特に
DSC08521_convert_20240404112656.jpg

さてさて、4月に入りますと、

決算の時期ということもありまして、

事務的な部分でですね、

かなり忙しくなってくるんですよね。

さらにそのうえ、

予定外のいろんな仕事が回ってきたりして、

脳みそオーバーヒート気味になってきて、

ああああああああああああああ、

わあああああああああああああ、

もおおおおおおおおおおおおお、

と、なりがちなところではありますが、

いったん気持ちを落ち着けて、

とりあえずなんとか頑張ってみようと、

思っているところでございます。


農林水産業 ブログランキングへ
ニベ
DSC08512_convert_20240403084522.jpg

引田漁協魚市場より「ニベ」

標準和名は「コイチ」なのかな。

そのあたりよく分かりませんが、

とにかくこちらでの呼び名は「ニベ」

鮮度の良いモノをお刺身でいただくと非常に美味。

あっさりと上品な味をしており、

お値段安めの魚でありながら、

高級魚の味わいなんですよね。

あとは、煮付けにしても美味しいし、

フライなんかにしてもホント美味しい。

ニベのフライにウスターソースびちゃがけはもう最高。

機会があればぜひ食べてみていただきたいと思います。


農林水産業 ブログランキングへ
コノシロ
DSC08508_convert_20240402080225.jpg

引田漁協魚市場より「コノシロ」

4月に入っても魚の種類は少なめですが、

暖かい日が続いてまいりますと、

そのうち魚の量も種類も増えてくるハズ。

ボラとコノシロが大量に獲れ出せば「春」

そうなるのはもうちょっと先のことかもしれませんが、

「コノシロ」の姿もちらほらとは見かけるようになってまいりました。

全体的に魚の量が少ない今の時期は、

コノシロの相場も少々高め。

暖かくなって、多く獲れ始めれば、

価格は落ち着いてまいりますので、

その時を待って購入という方法もアリ。

酢漬け、味噌焼き、

骨切りの作業が必要ですが、

刺身で食べても美味しいんですよね。

DSC08511_convert_20240402080302.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
新年度
DSC08328_convert_20240401092432.jpg

さてさて、本日は4月1日。

数日前から暖かくなり、

市場に並ぶ魚の量も、

これからどんどん増えてきそうな気配。

寒い時期はどうしても魚が少なくて、

またその種類もかなり限られておりましたので、

お魚以外のコトを紹介させていただく場面が多かったのですが、

これからはそのあたりも期待できそうです。

とにかく今日から新年度。

気持ちも新たに頑張ってまいりたいと思います。


農林水産業 ブログランキングへ