引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
ボウゼのつけ焼き
CIMG0437_convert_20171002165423.jpg

標準和名「イボダイ」

「シズ」なんて呼ばれたりする場合もありますが、

こちらでの呼び名は「ボウゼ」

で、このボウゼが美味しいの。

この時期になると絶対に食べたくなるんですよね。

そこで今年も市場で購入。

やっぱりボウゼの「つけ焼き」を食べなきゃ。

ヌメリを落とし、内臓を除去して、

あとはボウゼをそのまま焼きまして、

最後に砂糖と醤油とお酒を煮切って作った、

甘辛い「つけダレ」につければ完成。

CIMG0446_convert_20171002165451.jpg

味がしみるまで待ってもいいし、

すぐに食べても大丈夫。

せっかくだからアツアツをハムッ。

うん、美味い。

やっぱりコレだな。

骨離れのよい身。

甘辛いタレの味が合うんですよねぇ。

ああ。

いい。

ボウゼのつけ焼き、やっぱり最高。

ぜひ皆様も食べてみてくださいね。

CIMG0462_convert_20171002165610.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック