引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
盾ありき
CIMG1837_convert_20180130182827.jpg

そうそう。

ヘイケガニの脚ですよね。

移動用の脚については説明を省かせていただくとしまして、

防御用の背中側の脚の使い方について。

もちろんこの小さな脚自体をそのまま防御用とするのではなくって、

ヘイケガニはですね、

海の中で体を守るための適切な「何か」を見つけまして、

それをこの小さい脚で背負うことで防御力を高めるんですよね。

もしくはそれで体を隠すことで身を守ったりするというわけ。

例えばそれが「貝殻」であったり、

何かもっと「いい感じ」のものであったり。

CIMG184044_convert_20180201180944.jpg

一般的な海の生物だと、

硬い甲羅だったり、毒のトゲを持っていたりと、

体の一部をそのまま防御用に使うことが多いなか、

自然界に「盾」とするにふさわしい「何か」があるという前提で、

こういう体に進化したってコトですよね。

よく考えてみると、

よりよい「盾」を発見するたびに、

ひょいと持ち替えるだけですぐにバージョンアップできるし、

背負うものによっては、

防御力を無限に高めることが可能となるこのシステム。

画期的だと思いませんか。

ちなみに下の写真は「抽選フダ」を背負った状態。

ganiki6.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック