引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
もやしは無視で
CIMG2574_convert_20180404174625.jpg

殻から取り出した「トリガイ」の中身。

なんとなく「鳥」の頭部のようにも見えますよね。

それではこれより、

トリガイの内臓的な部分を取り出してまいります。

まずは包丁を使って、

いわゆる鳥の首のあたりかな。

首の付け根部分から刃先を刺し入れまして、

そのままススーッと後頭部の方まで切り開いてまいります。

そうしておいて、

この開いた部分から中身を絞り出していくわけですが、

CIMG2576_convert_20180404174644.jpg

このとき、透明の「もやし」みたいなのがですね、

中からビヨヨ~ンと飛び出してきたりいたします。

これがちょっと気になるわけですが、

でも気にしない。

「もやし」じゃないので気にしない。

そう、もやしは無視で作業に没頭。

ひとつのトリガイから必ず1本。

偽もやしがこうして飛び出してくるわけですが、

そのたびに作業を中断して、

いちいち指でつついたりしてたらキリがないので、

気にせず中の粘土色をした内臓的な部分を、

除去することだけに集中して作業をすすめてまいります。

もやしは無視で、気にせずに。

CIMG2579_convert_20180404174713.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック