FC2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
ササッとトリガイ
CIMG2512_convert_20180401111116.jpg

こちらは殻から取り出して、

ドロドロの内臓物を除去したトリガイ。

最後にザッと水洗いして、

全体の汚れをきれいに落とす。

さて、ここからは塩ゆでの時間。

漁師さんから、ゆで時間は極力短めで、

そう教えられておりますので、

塩加減はかなり強めでも大丈夫。

海水くらいの濃度でもいけるんじゃないかな。

とにかく長時間の「ゆで」は厳禁。

沸騰するお湯にサッとくぐらせる。

サッと、ササッと。

CIMG2534_convert_20180401111206.jpg

とは申しましても、

生みたいなのはさすがにアレですから、

お箸でしばらくしゃぶしゃぶしゃぶ。

どのタイミングが正解かは分りませんが、

内臓を取り出す際につけた切り口が、

クリンと丸まってきたのを頃合いとみて、

お皿にとります。

ゆでたお湯の方は紫色に汚れてしまって、

なんだか怪しげな感じですが、

ゆであがった「トリガイ」のほうは美味しそう。

それでは、さっそく食べてみることにしましょうか。

CIMG2527_convert_20180401111235.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック