引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
イイダコ準備
CIMG2594_convert_20180410171735.jpg

それではイイダコの下ごしらえから。

まずは頭のところをクリっとひっくり返して、

中の内臓を除去します。

このときスミがでたりもしますが気にしない。

で、内臓の他に卵が入っていたら、

それは捨てずにとっておくこと。

おっと、出ました。

コレですね。

このプルプルの丸いのがイイダコの卵。

CIMG2591_convert_20180410171720.jpg

内臓を除去し、卵をとったら、次は塩もみ。

塩でヌメリと全身の汚れを落としていくわけですが、

マダコと違ってイイダコの場合は軽めの塩もみでOK.。

聞くところによると、イイダコの場合は、

あまりやりすぎると風味が落ちるらしいんですよね。

ですから、簡単にササッと。

ここまでの準備が整いましたら、

いよいよ味付けの用意に取り掛かることにいたしましょう。

CIMG2603_convert_20180410171842.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック