引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
味付けはシンプルに
CIMG2606_convert_20180410171901.jpg

そうそう、イイダコ料理の途中ではありますが、

まだ、どんな料理を作るかは発表していなかったように思います。

ワタクシが今回作ろうとしているのは、

漁師さんに教わった「タコめし」

正確に言うと「イイダコめし」

と言っても、炊き込んでいくタイプじゃなくって、

まずは煮付けをつくって、

それを白ごはんにかけるタイプの「タコめし」なんですよね。

味付けに使用するのはシンプルに砂糖と醤油だけ。

漁師さんによると、

生姜を入れたりなんかすると、

繊細なイイダコの香りが消えてしまうんですって。

CIMG2608_convert_20180410171915.jpg

砂糖と醤油を水で薄めて、煮付け用のタレづくり。

少々濃い目で勝負するのがよいとのことですので、

スプーンで味見をしながら、

程よい感じに調整してまいります。

どれくらいが程よいのかを、

具体的に説明させていただきますと、

味見をして、

濃くて美味いと思えるくらいの味にすること。

甘すぎず、辛すぎず、薄すぎず、それでいて濃い目に。

コクッ。

よし、これくらいかな。

それでは、いよいよイイダコ投入とまいりましょうか。

CIMG2610_convert_20180410171929.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック