引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
刺身の切り方
CIMG2821_convert_20180419180807.jpg

コノシロの刺身を作っているところなのですが、そう。

コノシロと言えば、小骨が多いことで知られている魚でして、

あまり刺身で食べることはないように思います。

もちろんですね、小骨のことを考慮せず、

他の魚にように普通に刺身にしていくと、

小骨がすごくて食べられません。

そこで、今回は漁師さんに教えてもらった切り方を。

刺身の切り方としまして、

「縦切り」と「斜め切り」がありますよね。

縦切りは身に対して包丁を垂直に、

上から下へと真っ正直に切っていく簡単なやり方。

そして「斜め切り」は身に対して斜めに切っていくことで、

切り口を大きくし一切れを大きく見せるテクニカルなやり方。

CIMG2822_convert_20180419180743.jpg

そして今回のコノシロ。

身の中の小骨の配置を考えると、

それを細かく切断するためにもっとも有効な切り方は、

なんと「縦切り」なんですって。

「まっすぐに切れよ」(漁師さん談)

教わった通り、身に対して垂直に。

できるだけ薄く。

ジョリジョリジョリジョリ。

小骨が切断される音を耳にしながら、

片身分をすべて切り終えたところで、

「コノシロの刺身」

ついに完成でございまーす。

CIMG2825_convert_20180419180827.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック