引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
イシモチも
CIMG5657_convert_20180518173121.jpg

さて、せっかくだから今回ご紹介させていただくのも、

スーパージンタンに続いてのミニサイズ。

引田漁業協同組合より「テンジクダイ」

地域によってかなり人気に違いがあるようですが、

小型で骨っぽいお魚であるため、

あまりお店に並ぶような魚ではないみたい。

こちらでは「イシモチ」と呼ばれておりまして、

その名の通り頭部に石をもっている。

そう、「耳石」ですね。

その耳石が体の割に大きいため、

まるごと食べるとガリッとなっちゃう。

ですから、まるごと食べられる「スーパージンタン」と違って、

頭を落として内臓を取り除いてと、

調理に手間がかかっちゃうんですよね。

また小さい魚ですので、料理する際にはそれなりの量が必要となります。

そうなると数をこなしていかなきゃならないので、

手間も時間もかかりますし、

料理の準備段階で少々嫌になってきたりもいたしますが、

魚自体は美味しいんですよね。

から揚げなんかにすると美味。

あと、南蛮漬けもオススメです。

お酒のあてなんかにもピッタリですよ。

CIMG5660_convert_20180518173050.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック