FC2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
情報収集
CIMG5695_convert_20180530175537.jpg

食べてはみたいけれど、

価格によっては手が出せない可能性もあるわけで、

とりあえず販売部Kさんに「イシダイ」の価格について聞いてみる。

そうしますと、

基本的に高い魚ではあるけれど、

運よく安い日に巡り合えば、

それなりの価格で買える可能性もあるとのこと。

もちろん高級魚であることは理解しておりますし、

これまでにワタクシが市場で購入したお魚と比べても、

まちがいなくトップクラスの価格になるであろうことは覚悟の上。

それでも、安い日があるのであれば、

ぜひ買って、その味を確かめてみたい。

はたして「イシダイ」が、

いつか食べた「イシガキダイ」の刺身に負けず劣らず美味なのか、

それともまったく違った味なのかを検証してみたい。

というわけで、近いうちに、

機会があれば「イシダイ」を購入する意思があることを、

販売部Kさんに告げ、

イシダイに対する情熱を熱く語っておりましたところ、

事務所にいた漁師さんからも、

いろいろアドバイスをいただくことができました。

なんでもですね、

鮮度が良すぎる刺身は硬いばかりで旨味にとぼしいため、

歯応えを楽しむのならばアリだけれど、

旨味を楽しみたいのであればあえて時間をおいて、

熟成させた二日目のモノを食べてみるのもアリだとか。

たしかにブリなんかだとそうですよね。

うーん、どうしようかなぁ。

プリプリの歯応えを楽しむのもよさそうだし、

しっとり熟成旨味タイプの翌日ものを試してみるのもありだなぁ。

せっかくのイシダイだし、

もし買ったら、そのあたりも確かめてみたいなぁ。

続く。


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック