引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
イシダイを料理する
CIMG5789_convert_20180606160924.jpg

さて、歯の観察はこのあたりにしておいて、

いよいよイシダイをさばいてまいりたいと思います。

まずはエラのところに包丁を差し込んでフンッ!!

ザックザックザクと刃を入れて、

今度は腹部を開いてまいります。

喉のあたりから、

お腹の中心をまっすぐにグッグッグッと切り開いてまいりますと、

おおおおおおッ。

内部から大量の脂が・・・。

これほどまでに脂をため込んでいるとなると、

身の方もかなり美味しくなっているハズ。

CIMG5791_convert_20180601163933.jpg

もともとは脂の乗った「養殖もの」を狙っていたわけですが、

こうなってくると「天然もの」でも全然かまわない。

期待を大きく膨らませ、

エラと内臓をすべて除去し、腹腔をきれいに水洗い。

それから頭部を包丁でググッ。

さすがは「イシダイ」

その硬さは石クラス。

簡単には切り落とせず、

最終的にはひねりを加えたりして、

なんとか頭部の切断に成功ス。

さて、それでは、

いよいよ三枚おろしにしてまいりたいと思います。

CIMG5793_convert_20180601163949.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック