FC2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
ツバス
CIMG3158_convert_20190612171010.jpg

引田漁協魚市場より「ツバス」

正確には「ブリ」の小さいサイズ。

出世魚の「ブリ」はですね、

その成長とともに名前が変わってまいりまして、

こちらでは、

モジャコ → ツバス → ハマチ → ブリ

と、呼び名が変わってまいります。

で、今回のサイズは「ツバス」

モジャコと呼ぶには大きすぎ、

ツバスと呼ぶには小さすぎる気もするのですが、

とりあえずは「ツバス」と呼ぶのが正解みたい。

で、この小さなツバスですが、

どうやって食べたら美味しいんですかね?

「知らんのや」(販売部Kさん談)

「みんなそれ言よんや」(アニキ談)

・・・・・・・・・。

ま、いくら小さくても「ブリ」ですから、

刺身、塩焼き、煮付けとか、

いろいろ食べ方はありそうですよね。

CIMG3196_convert_20190613173809.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ごちゃ混ぜの中から

CIMG3184_convert_20190612170825.jpg

さてさて、今回ご紹介させていただくのはコチラ。

いろんな種類の魚がごちゃ混ぜになってますよね。

「スミヤキ」ことシマイサキも見えますね。

スズキも入ってる。

クロダイもコノシロもいる。

で、注目していただきたいのが左上の魚。

コレ何と「トビウオ」なんです。

胸ビレを広げてみますと、ホラホラ。

こーんなにも大きい。

CIMG3187_convert_20190612170908.jpg

その名の通り「飛ぶ」お魚でして、

この大きくて丈夫な胸ビレを羽のように広げて、

海面を滑空するように飛んだりするんですって。

ワタクシ実際に見たことはないのですが、

その飛距離もなかなかのものらしく、

「メチャクチャ飛ぶよ」(奥村さん談)

思っているより飛ぶそうですよ。

そうそう、味の方ですが、

塩焼きにするとパサパサしてそれほど美味しくはないのですが、

それでも、一度は食べていただきたいお魚でございます。

CIMG3190_convert_20190612170852.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
シマイサキより気になるものが
CIMG3023_convert_20190530161321.jpg

さて、さて。

こちらの写真はですね、

昨日ご紹介させていただいた「シマイサキ」

そう、まったく同じ写真でございます。

なんてことはないただの「シマイサキ」の写真に見えますが、

見る人が見れば、

別の種類の魚も写っているのに気付くはず。

そしてその人のレベルによっては、

写っている模様だけで魚の種類まで当てられると思うんですよね。

分かります?

よーく見てると見えてくる。

ちなみに、ワタクシはですね、

中央のシマイサキの上下に、

コノシロがいるのにまず気付いて、

それから少しして、シマイサキの尻ビレ付近に、

スズキの尻尾部分が写っているのにも気付きました。

しかし、残念ながら、

シマイサキの尾ビレのところに、

同じようなツブツブ模様の、

「コショウダイ」が隠れているのには気付けず。

この「コショウダイ」は難易度高めですよねぇ。

ちなみに、こちらが全体写真。

これだと、スズキも、コショウダイも、

コノシロもよく見えますよね。

CIMG3022_convert_20190530161309.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
シマイサキ
CIMG3023_convert_20190530161321.jpg

写真が上下逆になっているような感じですが、

細かいことは気にせずにまいりましょう。

引田漁協魚市場より「シマイサキ」

この「焦げあと」がついたような見た目からですね、

こちらでは「スミヤキ」なんて呼ばれたりもいたします。

特徴をとらえた、いい名前ですよね。

セリの様子を見ておりましても、

特に人気がある魚ではないようですが、

個人的には好きなんですよね「スミヤキ」

オススメの食べ方は塩焼き。

パサパサ感がなくしっとりしてて美味しいんですよね。

塩焼き以外では食べたことないんですけど、

もちろん、煮付け、カラアゲ、などにしても美味なハズ。

機会がありましたら、

皆様もぜひ「塩焼き」で食べてみてくださいね。


農林水産業 ブログランキングへ
トゲツノ
CIMG3108_convert_20190606180356.jpg

さてさて、市場で見つけた「アンコウ」ですが、

タイミング的には朝のセリの真っ最中。

正確に言いますと、

セリが進んでまもなく「アンコウ」の順番が迫ってくるところ。

それまでにすみやかに撮影をすませなければ、

と思っていたところ、アレ???

体のところに「ツノ」発見。

皮が破けて白いツノ?トゲ?

そんなトンガリが飛び出てきてる。

CIMG3109_convert_20190606180413.jpg

んんん?

よーく見ますと、ある、ある、ある、ある。

全部で4本。

頭の中央といいますか、体の中央といいますか、

小さなトゲツノが横に並んでる。

アンコウってこんなツノがあったんですねぇ。

と、そろそろセリの順番が回ってきたようですので、

今回の撮影はここまで。

ちなみに引田でアンコウが獲れるのは珍しくて、

年に1尾もあがらないくらいなんですよねぇ。

CIMG3110_convert_20190606180429.jpg


農林水産業 ブログランキングへ