FC2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
イシガキダイの刺身
CIMG0284_convert_20181026174130_20181222163245c85.jpg

というわけで、イシガキダイを3枚におろし、

その労賃として約束通り、

4分の1ほどをいただくことができました。

すぐさまそれを刺身にしまして、

お皿に盛り付けてまいります。

うん、鮮度はバッチリだし、

透明感もあるし、脂もギラギラ輝いてるし、

これは期待できそうですね。

事務所に戻ってさっそく試食。

うん。

旨い

涙が出るほど美味しいじゃないですかコレ。

このコリコリ食感と歯応え。

そして口に広がる脂の旨味。

濃厚でありながら上品さも兼ね備えてる。

イシガキダイの刺身ってやっぱり美味しい。

ただ、イシダイのときがそうでしたが、

翌日になるとコリコリ食感も消えて、

磯臭さが鼻についたりする可能性もございますので、

機会がございましたら鮮度のいいうちに、

すぐさま食べることをオススメしたいと思います。

CIMG0285_convert_20181026174116_201812221632467f9.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
イシガキダイ
CIMG0280_convert_20181026174036_201812221632427c2.jpg

こちらの魚は「イシガキダイ」

全身にちりばめられたツブツブ模様が特徴のお魚でございます。

さらに大きく成長すると、

また体の色や模様が変わってきたりするのですが、

そのあたりには深く触れずにまいりたいと思います。

ちなみに「イシガキダイ」って、高級魚なんですよね。

しかも今回のは「養殖モノ」だから、

安全性もバッチリだし、脂のノリも保証されてる。

ただ、そんな上物が簡単に手に入るわけはなくってですね、

「3枚におろしといてくれよ」

ハイ、喜んで!!

というわけで、3枚おろしにするという条件で、

4分の1ほど試食させてもらえるという、

そんな取引が成立したわけなんですね。

それでは「イシガキダイ」の試食のために、

ササッとさばいてまいりましょうか。

CIMG0281_convert_20181026174047_20181222163243537.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
シャコを塩ゆで
CIMG1393_convert_20190115172742.jpg

というわけで貴重なシャコを塩ゆでに。

もわっと。

湯気が立ちのぼるアツアツ状態。

このタイミングで食べるのがいいんですよね。

胴体の付け根のところでブチッ。

そのまま胸部のエキスなんかをちゅうちゅう吸ってみたりして。

うん、いい塩加減。

で、ここからは胴体の皮?甲羅?の部分をむいていくわけですが、

かなり頑丈で、トゲなんかもございますので、

ケガをせぬよう注意しながら慎重にまいります。

CIMG1397_convert_20190115172758.jpg

よっし、よっし、よっしと。

尻尾の先は残しておいて、

胴体を覆う頑丈な殻をむき終えたら、

いよいよムシャブリついてまいりましょう。

ちなみに腹側の部分の殻はむきにくいのでそのまんま。

背中側だけをムシャブる感じで食べてまいります。

くぅーッ。

エビよりもカニに近い感じかな。

とにかく美味い、そして旨味が濃い深い。

シャコは旨味が超濃厚。

これは最高。

現在では貴重なシャコ。

機会がございましたらぜひ味わってみてくださいね。

CIMG1399_convert_20190115172815.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
もっと美味しく食べたいならば
CIMG1471_convert_20190117153654.jpg

軽く炙ってそのまま食べる。

素材の味をそのままいただくシンプルな食べ方で、

海苔の繊細な風味も、奥深い味わいも存分に楽しんだ。

という方にオススメの食べ方がコレ。

もう一歩踏み込んで、

「醤油マヨ」もしくは「マヨネーズ醤油」

これ最強。

軽く炙った「海苔」を適当なサイズに破りそろえます。

そう、手でビリバリ破いて、サイズを揃える。

CIMG1475_convert_20190117153708.jpg

これを「マヨネーズ醤油」にチョイチョイと付けながら、

バリバリと食べるだけ。

これがもうたまらない。

そして当然のように止まらない。

食べ終えるチャンスは目の前から海苔が消えたとき、

もしくは「醤油マヨ」が尽きたときだけ。

なくなった「醤油マヨ」を新たに追加したり、

新たな海苔を炙ってみたりしてタイミングを逃すと、

いつまでたってもバリバリパリパリ。

永遠に食べ続けることになるのでご注意を。

ホント海苔って美味しいなぁと思える食べ方ですね。

CIMG1479_convert_20190117153744.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
海苔を食べよう
CIMG1462_convert_20190117153558.jpg

今回は数ある海苔料理の中でも、

ぜひ試してほしい「食べ方」をご紹介させていただきますね。

それはどんな食べ方かといいますと、

いたってシンプル。

「普通にあぶってすぐ食べる」

これ最強。

シンプルな食べ方のほうが、

より素材の味を楽しめるんですよね。

というわけで「乾海苔」を火であぶります。

CIMG1463_convert_20190117153612.jpg

あぶり過ぎは厳禁ですよ。

サッ、サッ、サッと。

軽く軽ぅーくあぶるだけ。

そうしますと、黒っぽく見えていた色が、

鮮やかな「緑」へと変化してまいります。

この時点ですでにイイ香り。

あとはそのまま食べるだけ。

口の中に入れてみますと、

じんわり広がる奥深い味わいと、

その風味、この香り。

素材の味をそのまま楽しめるオススメの食べ方でございます。

CIMG1466_convert_20190117153629.jpg


農林水産業 ブログランキングへ