FC2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
チヌのカラアゲ
CIMG6857_convert_20180922091455.jpg

さてさて、今が旬と言われるチヌをですね、

今度はカラアゲにしてみました。

ホントに美味しいのか確かめてみたいと思います。

ただ、せっかく食べるからには、最高の状態で食べてみたい。

調味料なんかも色々と試してみて、

もっとも美味しい食べ方なんかも探ってみようと思うんですよね。

というわけで、まずはシンプルに「塩」

素材本来の味がもっとも分かるような気がしますよね。

それではパクッ。

むむむむ、美味い。

メチャクチャ美味しい。

CIMG6858_convert_20180922091518.jpg

チヌも身もふわふわしてて、すっごくイイ感じ。

もうちょっとパサつくかと思っていたので、これは意外。

でまた、塩がイイ。

調味料とかもういい、塩だけあればそれでいい。

これが一番おいしい食べ方。

試しに今度はスイートチリソースでいただいてみると・・・。

旨い!!

負けず劣らずコチラも美味しい。

もう、「塩」と「スイートチリソース」だけあればそれでいい。

というより、やっぱり素材が美味しいんでしょうね。

だから、何で食べても美味しく感じる。

というわけで、今度こそ自信を持って断言します。

この時期のチヌ、オススメです。

CIMG6861_convert_20180922091538.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
刺身以外で
CIMG6840_convert_20180921173313.jpg

今が美味しい時期と言われるチヌ。

今度は刺身以外でその味を確かめてみたいと思います。

といいますのもホラ、

刺身って基本的に「味がない」じゃないですか。

もちろんまったく「ない」わけではないけれど、

白身とかのさっぱりした刺身なんかの場合だと、

「わさび」とか「醤油」とかの味で食べちゃう、

みたいな部分があると思うんですよね。

そこで今回はもう一品。

CIMG6850_convert_20180922091409.jpg

残しておいたチヌの身を大胆にカット。

カタクリ粉をまぶしてパフパフしまして、

そのまま油でカラッと揚げる。

「チヌのカラアゲ」

ハイ、完成。

さ、それでは「チヌ」の味をもう一度、

今度は分かりにくい刺身じゃなくって、

火を通したカラアゲで確かめてみることにいたしましょう。

CIMG6853_convert_20180922091437.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
チヌのお刺身
CIMG6843_convert_20180921173257.jpg

チヌのお刺身完成。

見た目はなかなかいい感じですよ。

それでは美味しいといわれるこの時期のチヌを、

いただいてみたいと思います。

お箸で一切れつまみまして、

刺身醤油とわさびをつけて、

せーの、パクッ。

うん。

何て言ったらいいのか、普通に美味しい。

いくら旬と言われても、

イメージ的にですね、

ちょっぴり磯臭かったりするのかな、

なんて思っていたのですが、

そんなことはなくって、

普通に美味しいんですよね。

変なクセがあるわけでもなく、

いくらでも食べられる感じ。

チヌのお刺身。

この時期オススメかもしれませんよ。

CIMG6846_convert_20180921173327.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
続 とりあえず
CIMG6832_convert_20180921173157.jpg

胸ビレの後ろあたりから斜めに包丁を入れて、

ズバン!!!

腹部を切り開いて内臓を取り出しまして、

頭といっしょに廃棄する。

腹腔内をよく水洗いしたあと、

包丁を使って3枚におろす。

背ビレのフチにそってスススススッ。

今度はお腹側からもスススススッ。

最後に繋がった背骨部分をバリバリと切り離しますと、

ハイ、とりあえず2枚おろしの完成でございます。

CIMG6834_convert_20180921173212.jpg

もう片方も同じようにして、3枚おろし完成。

あばら骨部分をそぎ取って、

片身を、背側と腹側の身に切り分け、

そのあいだの骨のある部分を切り取れば終了。

あとは、どうやって食べるかによって、

切り方が変わってくるわけですが、

せっかくの旬のチヌ。

ホントに美味しいかどうかを判断するためにも、

とりあえずは「刺身」で食べてみましょうか。

CIMG6837_convert_20180921173233.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
とりあえず
CIMG6826_convert_20180921173112.jpg

今が旬と言われるチヌを購入。

これよりさばいてまいりたいと思います。

発泡スチロール箱から取り出して、

市場の調理台の上へと持っていく。

こうしてみると、意外とずっしりしてて、

立派なサイズのチヌなんですよね。

台の上にドンと置いて、

さっそくウロコをとる作業。

包丁を使って、ゾリゾリゾリ。

CIMG6828_convert_20180921173129.jpg

ゾリゾリゾリゾリゾリゾリゾリ。

3枚におろすさいに包丁を入れる部分、

背ビレのフチのところと、

尻ビレのフチはより丁寧に。

ゾリゾリゾリゾリゾリゾリゾリ。

はい、出来た。

チヌってウロコとりやすい。

さて、次は頭を落として、

3枚おろしにとりかかることにいたしましょうか。

CIMG6830_convert_20180921173142.jpg


農林水産業 ブログランキングへ