FC2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
コマタをサシミ
CIMG6180_convert_20180719164645_201808011725001c3.jpg

というわけで、今回はそのコマタ(マルアジ)をお刺身に。

バッ、バッ、バッと、手早くですね、

ウロコを落として、頭を落として、

内蔵を除去して、3枚におろして。

肋骨をそぎ落として、最後に皮を指で剥ぎ取る。

身だけになったら、

適当なサイズにポンポンポンと切り分ければ完成。

血合の色が少々目立ちますが、

けっこう美味しそうでしょ。

CIMG6158_convert_20180719164703_20180801172457152.jpg

刺身醤油とわさびでいただいてみますと、うん。

美味しい。

もっちり感があって、むごむごむご。

食感のほうもイイ感じ。

マアジと違ってマルアジは、

寒くなってからの時期が美味しくなると聞いたコトがあるのですが、

今の時期でもけっこういけますよコレ。

とくにクセもなくって食べやすいので、

新鮮なマルアジが手に入ったときには、

ぜひご家庭でも食べてみてくださいね。

CIMG6163_convert_20180719164722_20180801172459bca.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
コマタ
CIMG3301_convert_20180727074657.jpg

引田漁協魚市場より「コマタ」

標準和名は「マルアジ」だったかな。

「マアジ」と比べると体形が丸いといいますか、

細長いといいますか、

アバラのあたりの模様に特徴があるといいますか、

あとは、側線部のカーブがゆるやかであったりとか、

とにかく体形的にちょっと見た目が違うんですよね。

小さいものは干物に向いているのですが、

大きいものは塩焼きにすると美味。

アジフライにもオススメです。

また、刺身でもけっこういけちゃうんですよね。


農林水産業 ブログランキングへ
アジの南蛮漬け
CIMG3258_convert_20180801172158.jpg

さっそく実践。

マアジをカラアゲにしてみました。

あげたてのアツアツを食べてみますと、うんうんうん。

無理をすれば、

頭から丸ごと食べられないこともないけれど、

どうしても骨が、特に背骨部分が気になりますね。

やっぱり、このサイズのアジは「南蛮漬け」

というわけで、唐揚げにしたものを、

三杯酢の中へ漬け込んでまいりまして、

そのまま冷蔵庫で一晩寝かせますと・・・。

CIMG3263_convert_20180801172223.jpg

ハイッ!アジの南蛮漬けの出来上がり。

衣にも味がしみ込んで、美味しそう。

頭からガブリといってみますと、

あぁ~ッ!!旨い!!!

甘酸っぱい味がたまらない。

頭の先から尾ビレまで、まるごと全部食べられる。

骨もまったく気にならない。

このサイズのアジはやっぱりコレだな。

南蛮漬け、オススメですよ。

CIMG3270_convert_20180801172251.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
マアジ
CIMG3193_convert_20180801172111.jpg

引田漁協魚市場より「マアジ」

それなりに大きくはなってきたものの、

まだまだ刺身にするほどのサイズではない。

とは言え、まるごと食べるにはちょっと大きくなりすぎている。

カラアゲにしてもやっぱり骨が気になっちゃいますもんね。

でも大丈夫。

そんなときには「南蛮漬け」がオススメ。

少々大きめに育ったアジでも、

三杯酢の力を借りることで、

頭から骨までまるごと食べることができるようになるんですよね。

これだと頭を落としたり、内臓を除去したりしなくてすむから、

料理がお手軽。

一晩冷蔵庫で漬け込んだほうが、

味もしみ込んで、骨も柔らかくなって、

美味しく食べられるんですよね。

ぜひ試してみてくださいね。


農林水産業 ブログランキングへ
ひけた鰤オーナー制について
CIMG3177_convert_20180727174739.jpg

さてさて、今回はですね、

「平成30年度 ひけた鰤オーナー」の募集について。

前回オーナーの皆様から、

また今回オーナーにお申込み予定の方々から、

連日、多くのお問合せをいただくようになりました。

お電話で、お手紙で、FAXで、そしてメールで、

「今年はまだなの?」

「去年はもう募集してたけど」

「案内がこないんですけど」

といった内容で、

日に何件も寄せられるようになりましたので、

このあたりで、

今後の予定を発表させていただきたいと思います。

まずは、「平成30年度のひけた鰤オーナー制」についてですが、

実施する予定でございます。

募集開始時期については、

今月(8月)の中旬から下旬を予定しております。

例年に比べると、たしかに募集開始時期が遅れ気味なんですよね。

これには理由がございまして、

今年の場合は赤潮なんかが発生したりしまして、

それに対する対策等はいろいろと実施してはいるのですが、

なにせ相手は自然ですから、

可能な限り慎重にということで、

募集開始を先延ばしにし、

海の状況を日々確認しておりましたところ、

この時期にまでずれ込んじゃったんですよねぇ。

というわけで、

ひけた鰤オーナーへのお申し込みをお考えの皆様には、

もうしばらくお待ちいただくことになる予定でございます。

募集開始が決まりましたら、

当ブログ、引田漁協ホームページ、

そして前回オーナーの皆様には、

お手紙でご案内させていただく予定ですので、

よろしくお願いいたします。


農林水産業 ブログランキングへ
別れの朝
CIMG3266_convert_20180726074758.jpg

そして翌朝。

ドアを開けて、事務所の中へ一歩足を踏み入れると・・・・。

止まり木のところにオトシゴの姿はなく、

ムムムムッと目を凝らしてみてみますと、

水槽の底に敷き詰めた小石の上に、

静かに横たわる小さな影が。

・・・・・・・。

タツノオトシゴ、死んじゃった。

何が原因か、ハッキリとしたことはわかりませんが、

おそらくは水温がよくなかった気がする。

事務所に入ったとたん、

もわっとした熱気がありましたからね、

空気が熱を帯びていた。

ここのところの暑さが、

事務所のクーラーを切ってからの、

夜から朝にかけての気温が、

水槽の温度を急上昇させたに違いない。

ごめん。

ごめんよタツノオトシゴ。

こんなことならすぐに逃がしてやればよかった、

と後悔してみたところですでに後の祭り。

もはやどうすることもできず、

小さななきがらを海へと帰してやったところで、

今回のタツノオトシゴ飼育作戦これにて終了。

やっぱり海水魚の飼育って難しいなぁ。


農林水産業 ブログランキングへ
水槽の中で
CIMG3234_convert_20180727075031.jpg

水槽の中に「止まり木」となる木の枝を配置したところで、

水温の調整もそろそろ頃合いとみて、

ペットボトルの中からタツノオトシゴを解き放つ。

コポコポコポコポ。

ハイッ。

ついに窮屈なペットボトルの中から、

広々とした水槽の中へ引っ越し完了。

その広さを確認するかのように、

ぐるっと周囲を見回ったあと、

「止まり木」のところでシッポをくるくる。

CIMG3241_convert_20180726074710.jpg

そのあとは、ゆっくりとした動作であたりを確認したり、

止まり木の別の箇所に泳いで移動してみたり、

底に敷き詰めた小石をじっと眺めてみたり。

なかなかにカワイイ生物でございますので、

とりあえずは少しでも長く飼育することを目標に、

飼い続けてみたいと思います。

さしあたっての問題はエサと水温。

エサはエビとかを確保する予定だけど、

ここのところ猛暑日が続いているだけに、

水温のほうはちょっと心配なんですよね。

CIMG3253_convert_20180726074742.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
止まり木
CIMG3229_convert_20180726074612.jpg

低水温に設定された市場の水槽の海水を、

持ち込んだ水槽の中へと移し入れたところで、

はやくも飼育準備は整いました。

ペットボトルの中で窮屈な思いをしているタツノオトシゴを、

すぐさま広々としたこの水槽の中へと解き放ちたいところですが、

細心の注意を払って、水温の調整をすることにいたします。

といいますのも、魚類は水温にかなり敏感なところがありますからね。

いきなりの水温差で弱ったりしないよう、

まずはペットボトルのまま水槽の中へと入れまして、

タツノオトシゴが水温に慣れるまで、

しばしのあいだ待つことにいたします。

そうだ、この時間を使って!

事務所を飛び出し、市場のほうへ。

目的は海藻。

そう、海で海藻をみつけて入れてやる作戦なんです。

で、あわよくばその海藻に小さいエビか何かがついてて、

そのままエサとなればいいなって考えだったのですが、

そう簡単に海藻がみつかるわけもなく、あえなく作戦断念。

しかしながら、もうひとつ。

細い木の枝を見つけて拾ってまいりました。

そうなんです。

コレを止まり木として入れてあげようと思うんですよね。

ホラ、ペットボトルの中でも尻尾を枝に巻き付けて、

体を固定していることからも分かるように、

「止まり木」って、

タツノオトシゴの飼育に欠かせないアイテムだと思うんですよね。

CIMG3232_convert_20180726074628.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
飼育準備
CIMG3224_convert_20180726074459.jpg

漁師さんが持ってきてくれた「タツノオトシゴ」

せっかくだから飼ってみようということになったのですが、

過去の経験を踏まえ、

自宅での魚の飼育はこれまで成功したためしがないため却下。

そのかわりといってはなんですが、

水槽を事務所に持ち込みまして、

海に近いこの環境で飼育してみることになりました。

ワー!ワー!ワー!ワー!

CIMG3225_convert_20180726074517.jpg

自宅での飼育が困難な理由のひとつが「海水の確保」

ここだと目の前がすぐ海だから「海水」には事欠かない。

エサだって何を食べるかわからないけど、

市場があるから、何かしら床に落ちている気がする。

いける。

この場所なら飼える。

ということで、水槽に小石を敷き詰め、

市場の水槽から温度低めの海水を移し込む。

環境がいいから準備も簡単。

これにて、はやくも飼育環境が整ったわけでございます。

CIMG3227_convert_20180726074546.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
オトシゴ動画
CIMG6215_convert_20180724173327.jpg

というわけで、こちらが「タツノオトシゴ」

漁師さんが持ってきてくださったモノ。

ペットボトルに入っているので少々見えにくくなっておりますが、

いろいろと角度を変えてみますと、

ときおりそれなりに全身がくっきりと見える瞬間がございます。

くるくるくるくる回してみますと、

ハイ、この角度。

ただ、海と比べるとかなり低めに水温設定されている、

市場の水槽で数日間を過ごしていたものですから、

ペットボトル越しとはいえ、

その影響は大きいようで動きの方は少々鈍め。

CIMG3200_convert_20180726074419.jpg

うーん、この感じ。

静止画だけでは伝わらないかなぁ。

ということで、

動画での撮影を試みたものの、

やっぱり水温が影響してかほとんど動かない。

かといって、

見どころはなくともせっかく撮った動画ですから、

とりあえずはこちらでご紹介させていただくことにいたしますので、

お時間がございましたら、

もしくは気が向きましたらでけっこうですので、

ご覧いただけたらと思います。




農林水産業 ブログランキングへ