FC2ブログ
引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
ホタテウミヘビ
CIMG9492_convert_20181009182538.jpg

というわけで、コチラがハモに紛れ込んでいた、

「ホタテウミヘビ」

ま、体形が似ているとはいっても、

やはり見た目が違いますので、

選別のさいに見つかってしまって、

こうして市場の床に放り出されたわけでございます。

で、ここから海へと逃がしてやるのは、

成り行き上、ワタクシの役目となりまして、

とりあえず、噛まれたりしないように気を付けながら、

ロングテカギなどを使って慎重に作業を進めてまいります。

CIMG9493_convert_20181009182620.jpg

首のあたりをひっかけて、

バランスをとりながら発泡スチロール箱にひょいっと移し入れる。

途中、這いあがってくるところを、

うまく角度をつけていなしながら、

すばやく海のところまで運んで行って、そのまま放流。

噛まれることもなく、無事に任務を終えまして、ホッとひと息。

ちなみにですね、

ワタクシこの「ホタテウミヘビ」をまだ食べたことはないのですが、

漁師さんの話によりますと、美味しいとか不味いとかじゃなく、

とにかく小骨がすごいんですって。

CIMG9496_convert_20181009182602.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ハモの中から
CIMG6641_convert_20180908092534.jpg

そして稀にではありますが、

ごく稀にではありますが、

こういうこともあるんですよね。

「これ違う!!!」

ハモを選別中の奥村さんが、

1匹だけをテカギでひっかけ、

ポーンと放り投げてくる。

ハモと同じヘビのような細長い体形をしたそれは、

放り投げられてうねうねと暴れているわけですが・・・。

「それハモと違う」(奥村さん談)

というわけで、

ハモの中に紛れ込んでいたのはコチラのお魚。

「ウミヘビや!!」(奥村さん談)

過去にも何度か紹介させていただいた記憶がございます。

その名も、「ホタテウミヘビ」

興奮するとだったか、威嚇するときだったかは、

ちょっと忘れてしまいましたが、

とにかく背ビレを「帆」のように立てるのが、

その名の由来だったような記憶がございます。

とりあえず「ウミヘビ」はこちらの市場では価値ナシですので、

セリにかけられることもございません。

では、このあとどうなるかと申しますと・・・。

えーと、コイツどうしましょ?

「海に捨ててこい」(奥村さん談)

ワ、ワタクシがですか?

「逃がしてやれ」(奥村さん談)

ワ、ワタクシが?

というわけで、

危険な業務がまたひとつ増えることになるわけでございます。

CIMG9489_convert_20181009182515.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ハモ
CIMG6643_convert_20180908092547.jpg

もう一目で分かりますよね。

凶暴なヤツってのが。

もう目で分かる、目で。

というわけで、引田漁協魚市場より「ハモ」

ご覧のようにですね、

ギザギザの鋭いキバを持っておりまして、

さらにはヘビのように細長い体をもつお魚でございます。

攻撃的な性格をしておりまして、

もう見境なしに噛みついたりしますので、

取り扱いには細心の注意が必要。

引田漁協でもその被害者は数知れず。

販売部Kさんなんかは時期になると、

週に何回も噛まれたりしているし、

その昔、A料理長が腹部に噛みつかれたのも有名な話。

そーっと背後から腕を伸ばして首根っこをつかまえようとしても、

瞬時に反応し、空中で迎え撃ってくるからもう手に負えない。

素人は手出し無用の危険なハモ。

ただですね、こう見えて、

骨切りなど多少の手間はかかりますが、

食べれば非常に美味しいお魚なんですよね。

機会がございましたら、ぜひ気を付けて食べてみてくださいね。

CIMG6641_convert_20180908092534.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
今後の予定
PO20100809_0063_convert_20140711132317.jpg

さて、平成30年度ひけた鰤オーナーの募集も終了いたしまして、

現在はその後の手続きを進めているところでございます。

オーナーにお申込みいただいた皆様には、

「希望調査票」「お支払いのご案内」等を郵送させていただきまして、

ワタクシの手許にはですね、

すでに「商品のお届けについて」のご返答FAX、メール等が、

数多く届けられております。

ありがとうございます。

そして、まだお届けの日がお決まりでない方は、

ごゆっくりお考えいただいて大丈夫ですよ。

発送までにまだまだ日にちがありますからね。

お支払いの期限のほうはですね、

あと数日で締め切りとなる予定でございます。

それが終われば、オーナー証の発行。

それにともない、特典の「お楽しみ抽選会」の開始。

そして11月中旬~12月31日の間に、

商品の発送といった流れになってまいります。

どうぞ、よろしくお願いいたしまーす。


農林水産業 ブログランキングへ
スズキをいろいろ
CIMG6899_convert_20180926175929.jpg

前回ご紹介させていただいた通り、

この時期のスズキの刺身も美味しいのですが、

火を通しても美味しくいただけるハズなんですよね。

塩焼きにしたっていけるし、

煮付けなんかも美味しそう。

フライにしてもよさそうだし、

ムニエルにしたって大丈夫だろうし、

チヌのときみたいにカラアゲにしてもいい。

もちろん塩でいってもいいし、

スイートチリソースも絶対あいますもんね。

ぜひ、いろんな食べ方でスズキを楽しんでみてくださいね。

CIMG1417_convert_20151208161423.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スズキの刺身
CIMG6882_convert_20180926175848.jpg

というわけでスズキの刺身完成。

すでに秋の気配漂う季節となってまいりましたが、

夏のお魚と言われるスズキをですね、

遅ればせながら食べてみたいと思います。

それでは、一切れ。

刺身醤油とわさびでピトピト。

パクッ。

もごもごもご。

旨い!!

あっさりしてて、まったくクセがない。

ホントいくらでも食べられる。

小型のスズキでこの味ならば、

大型のものならもっと美味しいコト間違いなし。

もごもご、うんうん。

やっぱり美味しい。

というわけで、

スズキのお刺身オススメでございます。

CIMG6895_convert_20180926175912.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スズキをテヌキ
CIMG6876_convert_20180926175755.jpg

というわけで試食用にスズキの解体開始。

本来なら正式な手順にのっとり、

頭をおとして腹を開いて内臓を出してと、

順番に作業を進めていくところなのですが、

今回、ちょっと面倒なので、

テヌキでパパッとまいりたいと思います。

まずはウロコをササッと落とし、

それから強引に身だけを切り取る。

CIMG6877_convert_20180926175817.jpg

ハイ、出来た。

反対側も同じように。

ハイ、また出来た。

これにて手順も時間も大幅に短縮できましたので、

さっさと食べてまいりたいと思います。

そうそう、ちなみにですね、

スズキの身ってのはこの背中の筋肉のところに、

切り目があるというか、割れ目があるんですよね。

パッと見た感じ身割れがしてて、鮮度に難あり?

みたいに感じるかもしれませんが、

これはもう体の構造的にそうなっているみたいですので、

気にせず調理してまいりましょう。

そうしましょう。

CIMG6879_convert_20180926175831.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
危険個所
CIMG6871_convert_20180926175711.jpg

スズキの試食のその前に、

危険個所についてご紹介させていただいているところでございます。

このエラブタの先端のトンガリはけっこう危険。

うっかり手を切らぬよう注意してくださいね。

そしてもうひとつ。

横アゴといいますか、

そのエラブタのちょっと前のトコロ。

ここもカーブの角のところが鋭利な刃物状態になっておりますので、

かなり危険なんですよね。

CIMG6873_convert_20180926175737.jpg

ですから生きているときなんかは、

頭付近を出来るだけ素手で触ったりしないコト。

ホントに危険ですからね。

あとは、スズキに限らずなんですが、

ウロコをおとすさいなんかに、

背ビレとかその他のヒレのトゲで、

手を刺してしまうことがございますので注意が必要。

さて、そのあたりのコトに気を付けながら、

そろそろスズキをさばいていくことにいたしましょう。

CIMG6876_convert_20180926175755.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
スズキもついでに
CIMG6869_convert_20180926175639.jpg

さて、こちらはスズキ。

そう、夏の魚と言われるスズキでございます。

朝晩の冷え込みなんかも始まりまして、

すでに秋の気配も漂ってきている今日この頃ではございますが、

まだまだスズキもいけるハズ。

というわけで、チヌに続いてスズキも試食。

と、その前に。

スズキを扱う際に気を付けておかねばならぬことがございますので、

ちょっとばかり説明をさせていただきますね。

CIMG6870_convert_20180926175656.jpg

ここ。

エラのところ。

正確にはエラブタの先端。

ここに鋭くとがったトンガリがあるんですよね。

切れ味が鋭いナイフのような。

写真では見えにくいので、

包丁をあてがって見やすくしてみますとホラね。

こんな感じ。

油断してると手なんかをスパッと切っちゃう恐れあり。

生きているときはもちろん、〆た後だって危険なんですよね。

CIMG6871_convert_20180926175711.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
オリーブマダイ
CIMG9498_convert_20181001134214.jpg

「オリーブハマチ」ってのは有名じゃないですか。

そう、オリーブの葉の粉末を添加した餌を、

20日間以上与えた養殖ハマチのことですね。

オリーブの葉の粉末を添加した餌でハマチを飼育すると、

酸化・変色しにくい肉質に改善され、

さっぱりとした味わいのヘルシーなハマチに仕上がるんですよね。

で、今回ご紹介させていただくのはその「マダイ」版。

その名もオリーブマダイ

ってのがあるみたいなんですよね。

手元の折り込みチラシによりますと、

「風光明媚な香川県沿岸瀬戸内の海を揺りかごに、

オリーブの葉粉末を与え育まれた特別な鯛」


との紹介文と生産者の顔写真が掲載されておりまして、

よく見ると「オリーブマダイ生産者:服部さん」

とあるではないですか。

「また、ブログでも紹介しといて」(服部さん談)

というわけで、今回はその生産者:服部さんからのご依頼で、

「オリーブマダイ」売り出しのご案内をさせていただきたいと思います。

チラシのお店は「マルナカ」さん。

平成30年10月5日(金) ~ 平成30年10月7日(日)

午前11時より販売開始となります。

ぜひ、この機会にオリーブマダイを味わってみてくださいね。

また、取り扱い店舗が限られているみたいですので、

ご注意くださいね。

CIMG9500_convert_20181001134140.jpg


農林水産業 ブログランキングへ