引田漁業協同組合が全力でお届けしています。
式典からの試食の流れ
CIMG0985_convert_20171106170831.jpg

朝早くから始めた会場設営も終了し、

水産課の方たちは音響機器の最終チェック。

遠くの方では報道に囲まれて、

インタビューを受ける専務、そして組合長の姿も。

そんなこんなで午前11時。

「ひけた鰤」のトラックへの積み込みも完了いたしまして、

ついに初出荷式が始まりました。

引田漁協組合長の挨拶のあと、

東かがわ市長からの祝辞をいただきまして、

おさかな大使の合図でテープカット。

最後に初荷を積んだトラックが元気よく出発いたします。

小学生たちといっしょに手を振り、

ワー!ワー!ワー!ワー!

トラックが見えなくなるまで、

ワー!ワー!ワー!ワー!

これにて式典無事終了。

そして、このあとはムフフフフ。

「ひけた鰤」の試食会が控えているんですよね。

毎年楽しみにしてる試食会。

ワクワク気分で会場へと向かいます。

CIMG0993_convert_20171106170916.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
式典直前出荷見学
CIMG0869_convert_20171106170501.jpg

というわけで、昨日はですね、

平成29年度のひけた鰤初出荷式が行われました。

香川県水産課から、

そして東かがわ市役所からも応援に来ていただき、

朝早くからみんなで会場の設営作業。

式典開始1時間前になると、

引田小学校の生徒さんが到着。

沖から船で持ち帰ってきた「ひけた鰤」の、

箱詰め、計量、氷詰めからの、

トラック搬入までの出荷の様子を見学していただきました。

CIMG0937_convert_20171106171701.jpg

船から網ですくいあげた「ひけた鰤」が、

クレーンで陸上へと運ばれ、

出荷台の上にザバーッと移される様子を、

真剣にみつめる子どもたち。

1尾ずつ発泡スチロール箱に入れられて、

目の前を進んでいく「ひけた鰤」の大きさに、

大歓声があがったりあがらなかったり。

取材の方々も多く見えておりまして、

今年もかなりにぎやかな感じでございます。

CIMG0955_convert_20171106171804.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ひけた鰤初出荷式
CIMG0847_convert_20171102172816.jpg

さあ、今年もこの日がやってまいりました。

「ひけた鰤初出荷式」

ワー!ワー!ワー!ワー!

春先から養殖を始め、

順調に大きく成長したブリたちが、

「ひけた鰤」となる条件をすべて満たし、

初めて出荷されていく記念すべき日。

いやぁ、めでたい。

とりあえず、今朝は会場の準備等、

いろいろと作業がございますので、

ワタクシもそちらの方へまいりたいと思います。

ちなみに、式典後にはですね、

毎年恒例の「ひけた鰤」の試食なども予定されておりますので、

今年の「出来」を味わってみたいと思います。


農林水産業 ブログランキングへ
今度こそ 第8回 お楽しみ抽選会
CIMG0830_convert_20171101170001.jpg

さあ、気を取り直して今度こそ。

ちなみにですね、やり直しの場合はすべて最初っから。

2枚目からのやり直しとはなりません。

すべて無かったこととして、

1枚目の抽選からやり直すことにしております。

それでは、もう一度。

「第8回 市場のお魚が当たるお楽しみ抽選会」

実施してまいりたいと思います。

当選番号の上フタケタとなる1枚目の抽選をお願いします。

「はいっ」

CIMG0831_convert_20171101170019.jpg

でました!!

13

当選番号の上フタケタは13に決定!

オーナー№130」139」の方チャンスですよ。

えーと、こちらは、

香川県高松市仏生山町、千葉県松戸市、岡山県岡山市、

京都府京都市、青森県八戸市の方々ですね。

それでは続けて、

当選番号の下ヒトケタを決めてまいりましょう。

2枚目の抽選、お願いします!!

「はいっ!」

CIMG0833_convert_20171101170053.jpg

出たッ!!



当選番号下ヒトケタはに決定。

というわけで、1枚目の13と2枚目の

これを並べて13

第8回 市場の魚が当たるお楽しみ抽選会

その当選者はオーナー№13のあなたに決定!!

えー、こちらは「千葉県松戸市」の方ですね。

おめでとうございます。

市場のお魚をお送りいたしますね。

CIMG0834_convert_20171101170108.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
第8回 お楽しみ抽選会 
CIMG0824_convert_20171101165905.jpg

でました。

17

というわけで、すでに始まっております。

第8回目の市場のお魚が当たるお楽しみ抽選会。

当選番号の上フタケタを決める、

1枚目の抽選結果は17

オーナー№170」179」の方々にチャンス到来。

えーこちらは大阪府大阪市、香川県高松市、埼玉県川口市、

香川県東かがわ市、香川県丸亀市、岡山県浅口市、

兵庫県神戸市の方々ですね。

チャンスですよ。

それでは、続けて下ヒトケタを決める、

2枚目の抽選とまいりましょう。

お願いしますッ!!

「はいっ」

CIMG0828_convert_20171101165939.jpg

出たっ!!



当選番号の下ヒトケタはに決定!

というわけで、1枚目の17と2枚目の

これを並べて17

第8回 市場のお魚が当たるお楽しみ抽選会、

その当選者はオーナー№17のあなたに・・・・アレ?

ムムム。

何といいますか、177番の方はアレなんですよね。

お申し込み後に事情があってキャンセルされた方でした。

というわけで、今回はなし。

やり直し。

再度、第8回目の抽選を開始することにいたしますね。

CIMG0830_convert_20171101170001.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
第7回 お楽しみ抽選会 後編
CIMG0820_convert_20171101165746.jpg

ただいま第7回目の抽選会を実施中。

当選番号の上フタケタを決める1枚目の番号フダは、

19

オーナー№190」199」の皆様にチャンス到来。

香川県高松市国分寺町、香川県高松市鶴市町、

香川県高松市桜町、大阪府吹田市、

香川県仲多度郡多度津町、香川県東かがわ市、

香川県高松市小村町の方々、チャンスですよ。

それでは続いて、当選番号の下ヒトケタとなる、

2枚目の抽選とまいりましょう。

お願いしますッ!!

「はいっ!」

CIMG0821_convert_20171101165818.jpg

でたぁーーーーッ!!!



下ヒトケタはに決定!

1枚目の19と2枚目の

これを並べて19

というわけで。

平成29年度ひけた鰤オーナー特典、

「第7回 市場のお魚が当たるお楽しみ抽選会」

その当選者はオーナー№19のあなたに決定!!

ワー!ワー!ワー!ワー!

えー、こちらは「大阪府吹田市」の方ですね。

おめでとうございます。

市場のお魚をお送りいたしますね。

CIMG0822_convert_20171101165834.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
第7回 お楽しみ抽選会
CIMG0818_convert_20171101165712.jpg

さあ、今回も始まりましたよ。

平成29年度ひけた鰤オーナー特典、

「市場のお魚が当たるお楽しみ抽選会」

第7回目の開催でございまーす!!

ワー!ワー!ワー!ワー!

今回の抽選人は奥村さん。

それでは、当選番号の上フタケタを決める、

1枚目の抽選とまいりましょう!!

お願いしますッ!!

「ほいっ」

CIMG0819_convert_20171101165731.jpg

でたッ!!

19

というわけで、当選番号の上フタケタは19に決定。

オーナー№190」199」の皆様チャンスですよ。

えーと、こちらは、

香川県高松市国分寺町、香川県高松市鶴市町、

香川県高松市桜町、大阪府吹田市、

香川県仲多度郡多度津町、香川県東かがわ市、

香川県高松市小村町の方々ですね。

チャンスが巡ってきております。

さあ、それでは当選番号の下ヒトケタを決める、

2枚目の抽選とまいりましょうか。

続く。

CIMG0820_convert_20171101165746.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ヨロイ
CIMG0743_convert_20171030121416.jpg

ひさしぶりに見かけるお魚。

引田漁協魚市場より「マツダイ」

「ヨロイ」なんて呼ばれたりもするお魚で、

体中をびっしりと覆う頑丈なウロコが、

まるで「鎧」のように見えるんですよね。

実際にその硬さはとんでもなく、

市場のテカギもはね返してしまうほど。

ちなみに「テカギ」とはですね「ウチカギ」とも呼ばれる、

魚を〆たりするための、

カギ状で頑丈な市場の必殺道具なんですよね。

そんなテカギをも弾き返す、

「ヨロイ」の防御力はかなりなモノ。

そうだなぁ。

海の中だと、ほぼ無敵なんじゃないかなぁ。

ハモのキバとかも通じないだろうし、

タチウオのキバだって無理っぽい。

サメあたりだと、どうなんだろうという気はするものの、

それでもやっぱり持ちこたえるんじゃないかなぁ。

だって全力のテカギを弾き返すほどの硬さだからなぁ。

そうそう、ちなみにですね、

それだけ頑丈なウロコが全身ビッシリですので、

料理をするときは本当に大変。

一般的な魚にするように、

包丁でゾリゾリしたってまったくウロコが取れないんですよね。

そこそこ珍しいお魚ですので、

なかなか「マツダイ」を料理する機会はないかもしれませんが、

チャンスがあれば皆様、

ぜひ「ウロコ取り」の難易度を体験してみてくださいね。

CIMG0745_convert_20171030121435.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ときおりウミガメ調査隊
CIMG0751_convert_20171030121450.jpg

「おーい!ウミガメや!」

販売部Kさんの呼ぶ声に、

ワタクシとっさにカメラをつかみ事務所の外へ。

どこ?どこ?

市場の前の船着き場に、販売部Kさんの姿発見。

「ウミガメ見たことあるか?」

まだないです。

死んだヤツしか。 →【そのときの話】

「あそこ、アレアレ」

販売部Kさんの指さす先に、なにやら海面に浮く物体を発見。

「ウミガメやと思うけど」

たしかに、甲羅にも見えますね。

「船に乗ったらもっと近くで見えるんちゃうか」

CIMG0754_convert_20171030121503.jpg

アドバイス通り、係留中の「引田丸」へと飛び移り、

そのまま後方へと歩いてまいります。

うむ。

ここなら近い。

販売部Kさんと並んで、その物体をしばし観察。

この距離だと「甲羅」がハッキリ見えますね。

ただ・・・・。

「動かんな、波で揺れよるだけやな」

たしかに、浮かんでるだけみたいな感じですね。

結論。

ウミガメには違いなさそうだけど、

これ以上近寄って確かめるまでもなく、

今回のウミガメも「死骸」である可能性大。

というわけで、甲羅の写真だけ撮影して、

すぐさま撤収という流れになるわけでございます。

CIMG0758_convert_20171030121525.jpg


農林水産業 ブログランキングへ
ヒゲソリダイをお刺身で
CIMG0544_convert_20171016175625.jpg

とにかく完成。

「ヒゲソリダイの刺身」

鮮度がよくて、

まだ身の硬直が始まっていない状態だったので、

刺身に切り分けていくときの刃応えも凄かったんですよね。

食感も期待できそう。

それでは、いただきます!

はむっ。

んごんごんご。

ああ、美味しい。

クセがなくって普通に美味しい。

プリプリの食感で、いけるいける。

ただ、刺身にするとサイズの割に量がとれないのと、

ウロコが取りにくいのが残念なところではありますが、

味の方はホントに美味しい。

あとで漁師さんに聞いたところ、

ヒゲソリダイは「煮付け」がオススメとのことでしたが、

刺身もいける。

機会があれば、皆様もぜひ試してみてくださいね。

CIMG0548_convert_20171016175639.jpg


農林水産業 ブログランキングへ